収入補償がうらやましい? 万国共通ワーママはつらいよ、在宅勤務~イギリスの場合~ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ

2020.06.15

収入補償がうらやましい? 万国共通ワーママはつらいよ、在宅勤務~イギリスの場合~

イギリスでも徐々にロックダウンの解除が始まっています。といってもほとんどの店はまだ休業中、オフィスの再開も始まっていません。勤務先が休業したため自宅で待機している待機ワーママと、在宅勤務となった在勤ワーママ、どちらの立場もそれなりに大変です。コロナの影響がワーママにも! ロンドン在住のジャーナリスト冨久岡ナヲさんがお伝えします。

Tags:

国からの補償が10月末まで!待機中のワーママは毎日が有給休暇?

イギリスの制度では、自宅待機となった場合は、雇用主が政府の解雇防止収入補償制度を申請し給料の8割、上限額約30万円までを会社を通して得ることができます。たとえば月給が20万円の人は毎月16万円をもらい、仕事をせずに自宅で勤務再開を待っています。支給は4月から始まりました。現状では8月まで100%政府による補償、そのあとは雇用主も1〜2割分を負担することで10月末まで続きます。


▲コロナ前の新金融街。ワーママ達が颯爽と闊歩する日は戻ってくるのだろうか。

働かずに月16万円の収入?と聞くとなんだかうらやましい感じもありますが、実際には2割減の収入で生活費から家賃や住宅ローンなどまで賄わなくてはならず、そんなに楽ではありません。

待機ワーママたちは、ネット上に紹介されているいろいろな節約方法を試しています。たとえば食費を抑えるために、チキンを一羽まるごと調理し3回分の食事を作り出す、野菜ではブロッコリーの茎など今まで捨てていた部分も活用していたり…。また、有給の自宅待機が始まった当初はなんとなくホリデー気分になり、ちょっとお高いフェースパックなどを通販で購入し使っていたけれど、今ではきゅうりやレモンを使った手作りパックで美顔トリートメントをしているなんて人も。

待機ワーママのいちばんの不安は、自宅待機からそのまま解雇になってしまわないかという心配です。休業が続いた結果、経営縮小したり倒産したりする会社や、立て直す目処が立たないと廃業を決めた店も出ています。自宅待機から解雇になった場合、補償支払いは止まり失業保険に変わりますが、こちらはより低い金額。新たな職探しといっても簡単に次の仕事は見つからないでしょう。配偶者も同じように自宅待機している家庭では、先行きへの不安を隠して、なんとか笑顔で子供たちと遊ぶワーママの姿もあります。


▲子供がいると在宅勤務は大変。ネットにアドバイスを求めている。

在宅勤務ワーママの場合、マルチワークは大変

在勤では、今までと同じ給料をもらえている例が過半数です。ロックダウンから数週間は毎日の通勤通学がなくなりストレス激減!と喜んでいましたが、実際に在宅勤務が始まるとワーママたちは頭を抱えはじめました。学校も託児施設も閉鎖され、ベビーシッターやナニーを家に入れるのは禁じられている中で、家事と育児をこなしながら仕事時間を捻出するのは容易ではないのは、どこの国でも同じこと。

たとえばオンライン会議の間パパが小さい子供の面倒を見ていてくれても、ママのほうがいいと大泣き。外食できないので毎日の食事作りにも時間を取られます。シングル親の家庭ではなおさら大変な現実が。こうして仕事が進まない日々が続くと、独身の同僚や自宅待機中の夫がサポートしてくれる家庭と比べ仕事力の差が開いてきたのは上司から見ても明らか。コロナ不況の影響でリストラ実施を検討している会社が増える中、ワーママ(特に家人のサポートを期待できない状況のママ)たちは子供の就寝時間を早めて夜に仕事をするなど工夫し、仕事の質を落とさないよう必死で奮闘しています。

▲「ママは13時45分から会議中、入室禁止」と部屋のドアに張り紙をするワーママ。

本当の働き方改革が始まる?

とはいえ、ロックダウンから3ヶ月近くが経ち、多くのワーママがただ不安に怯えているだけではだめとポジティブな気持ちを奮い起こしています。今こそ、「自分にとって仕事とは、家庭とはなんなのだろう」と改めて働き方を見直す機会と捉えているのです。

ロックダウンでワークライフが激変した中、子供と向き合う時間と質が向上したことは、すべてのワーママが最も評価し歓迎しているポイントです。今までは仕事に追われなかなか一緒にできなかった工作やお散歩などを通してのコミニュケーションが増え、見過ごしていた子供の成長がしっかり感じられるようになったという声が聞かれます。会社のほうも、オフィスに毎日集まることを前提としない働き方の模索を始めています。コロナ禍が収まった頃には、もしかしたらワーママたちがもっとフレキシブルに働ける社会に向かっているかもしれません。

あわせて読みたい
▶︎6月から再開をめざすイギリスの小学校、心配の尽きないママたち

構成/Hiromi Hosaka

画像ALT
冨久岡ナヲ(フクオカナヲ)

ロンドン在住。ジャーナリスト、コーディネーター、イベント制作など、いくつもの業種をこなす。ふたつの国のいいところを伝えていきたい。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事