石川県の伝統縁起菓子「氷室饅頭」を食べ比べ!おすすめ和菓子店を紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEグルメ

2020.07.18

石川県の伝統縁起菓子「氷室饅頭」を食べ比べ!おすすめ和菓子店を紹介

石川県の夏の伝統行事「氷室開き」をご存知ですか?「氷室開き」無病息災を祈りながら食べる縁起菓子「氷室饅頭」をご紹介したいと思います。

Tags:

7/1は氷室の日。おすすめの氷室饅頭をピックアップ!

そもそも、氷室の日とは何かというと、氷が非常に貴重だった江戸時代、冬になると「氷室」(ひむろ)と呼ばれる貯蔵庫に雪を詰めて保管して、夏になる(旧暦6月1日)時に(「氷室の朔日」)、保管していた雪氷を取り出して加賀藩が徳川家に氷を献上していたそうです。これを再現した催しを「氷室開き」として、今でも雪氷を石川県金沢市にある薬師寺に奉納しています。

そして、氷室の日に大切なものの無事を祈り、無病息災を祈って麦まんじゅうをたべる習慣が広がり、今では夏の縁起菓子「氷室饅頭」として石川県民に親しまれています。

あらゆる和菓子店で販売される氷室饅頭は6月の終わりから7月1日までの限定販売で、手土産に買う人、家族や会社で食べるために大量注文する人、とにかく和菓子店が大混雑なんです。

今年は食べ比べも兼ねて三店舗から選んでみました。

おすすめ和菓子店1:越山甘清堂

氷室饅頭
明治21年に創業から金沢で愛され続けている「越山甘清堂」の氷室饅頭はこし餡(白)、つぶあん(緑)、みそ餡(ピンク)の酒まんじゅう。

氷室饅頭
しっとりとしていて、ほんのりお酒の香りがする生地と餡がよく合います。

おすすめ和菓子店2:森八

氷室饅頭
我が家で常備しているしっとりどら焼きはこちらの「森八」さんのもの。どの和菓子も餡がずっしりと入っているのに甘すぎず自然な味わいなのが特徴です。森八の氷室饅頭はこし餡。

氷室饅頭
 コロンと食べやすいサイズなので、何個でも食べられそう。

おすすめ和菓子店3:茶菓工房たろう

氷室饅頭
定番のものから和菓子の概念を覆してくれるような斬新な組み合わせの商品も多い「茶菓工房たろう」さんは、こし餡の酒まんじゅう。

氷室饅頭
個人的には酒まんじゅうが好きなので、「越山甘清堂」さん同様、口に入れるときにほんのり香るお酒の香りがたまらず三個ペロッと完食!

これだけ食べたので、かなり元気に夏を乗り越えられそうです!

金沢に住み始めてから和菓子がより一層身近になり、季節ごとのお菓子をお抹茶と楽しんだり、帰省や友人に会うときに手土産にしたりしています。まだまだ金沢には独自の風習や食べ物などがたくさんあるので、またレポートしたいと思います。来年の夏、ぜひ氷室饅頭を食してみてはいかがでしょうか。

画像ALT

Domanist

小川明日美

二児の母。結婚を機に石川県へ移住。地元を中心に、CMやテレビ番組などで衣装スタイリストとして活躍している。おいしいものを食べることが好きでありながら、ただいまボディメークに挑戦中!
Instagram:https://www.instagram.com/asumi_ogawa/

あわせて読みたい
▶︎ダイエット中の罪悪感少なめ低カロリーおやつ!コンビニで買えるおやつや太らない食べ方まとめ
▶︎【セブンイレブン】ふわふわ&モチモチがたまらない♡ “洋風”和菓子2品を食べてみた

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事