ママになっても朝が苦手です【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.07.25

心療内科医に聞く!朝の寝起きをよくするルーティンって?【働く女性の質問箱】

今回は「朝が苦手」というご相談に心療内科医がアドバイス。コツは「行動をルーティン化する」にありました。

Tags:

Q:朝起きても、すぐにスイッチが入りません。サボっているわけではないのに

答える人/田中茉里栄(心療内科医)

A:手抜きも認めつつ、行動をルーティン化

朝はまだ血圧も上がってこないため、体がぼーっとしてしまいます。何かをしっかり考えて行動するには不向きな時間といわれており、朝の行動はルーチン化したほうが効率よく動けるでしょう。

朝起きたらすぐ水を飲む、その後朝日を浴びて顔を洗う、といったようにご自身の中で朝の身支度の順序をつけて繰り返し行うことで、スムーズな朝の時間がつくられ、スイッチが入るまでの時間が短縮できるかと思われます。

私は平日の朝は朝食にはバリエーションをつけず、「起床→顔を洗う→シリアルを食べる→化粧をする」といったルーティンワークにしています。これによって活動的に動けるまでの時間も短縮したように思います。

朝の時間は限られているため、できる限り手抜きをしましょう!  朝日など強い光に当たることによって、体内時計がリセットされ、眠気をもたらすメラトニンという物質の分泌が抑制されます。ルーティンのなかにぜひ取り入れてみてください。

写真/Shutterstock.com

心療内科医

田中茉里栄(たなか まりえ)

日本精神神経学会正会員、日本医師会認定産業医
2016年信州大学医学部卒。都内大学病院勤務を経て、現在ゆうメンタルクリニック非常勤医師として0歳児を育てつつ勤務している。

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事