色とシルエットの黄金バランスがカギだった!きれいめブルーデニム4選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONおすすめワードローブ

2020.07.31

色とシルエットの黄金バランスがカギだった!きれいめブルーデニム4選

「究極の話、これさえあれば生きていける!」そんな7つのアイテムを徹底研究。今回はワーママに欠かせないブルーデニム!

Tags:

デニムシーンの多いワーママこそかっこいい一本を!きれいめブルーデニム

今回厳選したアイテムについて、本企画を担当したスタイリスト・三好 彩さん(以下敬称略)とエディター・湯口かおりが情熱トーク♡なぜこのアイテムなのか、どこが魅力なのか。トレンドとは別の、Domaniならではの視点をもって語ってみました。

湯口:デニムも、白Tシャツと同じような存在ですよね。王道中の王道アイテム。 

三好:だれもが1本はもってますもんね。

湯口:でもひと口にデニムといっても、色といいシルエットといい無限にあるじゃないですか。今回この企画にあたって、いったいじゃあどんなデニムを選んだらいいか悩んじゃいました。

三好:(笑) 

湯口:夏に発売される号だから色は明るいブルー、というのを最初に決めて、シルエットも、スキニーは暑いから、もっとゆとりがあったほうがいいな、とか。「人生に本当に必要な7つのもの」として選びましたけど、デニムにおいては、さらに季節感が反映された形です。

三好:でも、デニムブランドには必ず展開されているシンプルなテーパードですから、普遍性という意味では合っていますよ。 

湯口:そうですか? よかった。 

三好:ウォッシュやダメージ加工が効きすぎると、また時代感が出てしまうので、このくらいクリーンな雰囲気のほうがワーママにはいいのではないでしょうか。職業によっては通勤カジュアルに使えそうですし。あとこのデニム、色とシルエットの相性がいいですよね

湯口:確かにスキニーデニムならブラックを選びたくなるかも。ストレートならもっと濃いインディゴとか。

三好:これは実際にリースに回ってみて気づいたことですが、ゆとりのあるテーパードシルエット、という基準でデニムを探すと、大体この色は展開されているんですよ。  

湯口:「デニムにおける色とシルエットのベストバランス」か…新しい気づきですね。普段、ものすごい数のデニムをはきこなしている人なら別ですけど、たぶんそうではないDomani読者なら、この黄金比でデニムを選ぶのが、ムダがなくて賢い方法かもしれません。

三好:どれも着こなしやすいから、自然と汎用性も高まりますしね。着回し度がよりアップするのではないでしょうか。

デニムの「味」と「くたびれ」はまったくの別もの

湯口:ちなみに…デニムも、ある程度投資したほうがいいと思われますか?

三好:そうですね、長く着たいのであれば。デニムははいていくうちに味が出るアイテムですが、それがちゃんと味になっているのか、それとも単にくたびれているのか…という問題が。

湯口:あー!そうでした!前項の白 Tシャツの「考えて着ているように見えるか」「手抜きに見えるか」と同じ!

三好:洋服がベーシックになればなるほど、数が少なくなればなるほど、「ちゃんと見極めました」感って大事じゃないですか。ワーママだと、たとえば子どもと公園で遊ぶときとか、自分も周りもデニムスタイルっていう状況って多々あると思うのですが、どの人が素敵でどの人が…(モゴモゴ)って明らかなんじゃないかと。

やっぱり、自分にきちんと似合うものをちゃんと選んでいる人って、着こなしの完成度が違いますよ。これはたくさんの服をもっていることとはまったく違う価値観。だから、プチプラのデニムが、本当に自分に似合っていて、なおかつ気に入ってるのならいいのですが、妥協して適当に選ぶのは、やめたほうがいいかもしれません。

湯口:大人は、毎日違う着こなしをしているより、本当に大事なものを長く着ているほうが、素敵に見えますもんね。

サージ

色あせやムラがないけど味はある、こなれた雰囲気ははくだけで決まる。全体的にややゆとりのある、オーソドックスなテーパード。

デニム¥20,800(ショールーム セッション〈サージ〉)

ゴールデン グース

古着のような風合いが着こなしをモードに見せてくれる。

デニム¥ 49,000/参考価格(ゴールデン グース 東京店〈ゴールデン グース〉) 

カレンソロジー

ハイウエストな今どきデザイン。ウォッシュ加工やヒゲがほどよく効いて。

デニム¥23,000(カレンソロジー青山〈カレンソロジー〉) 

レッドカード

ほかに比べてややスリムだけど、ストレッチがかなり効いていて安心。

デニム¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) 

ワーママVOICEより
・「体型のカバー力が、母になって切実になりました。もちろん、着心地もきゅうくつでないものを(33歳・保育士)」
・「周りもみんなはいてるから、ついどこのブランドのデニムか気になっちゃう…(36歳・飲食店勤務)」
・「ワーママこそ、デニムはきれいめでないとダメ (40歳・通訳)」
・「価格よりもかっこよさ 優先! (37歳・歯科衛生士)」

あわせて読みたい
▶︎クリーンさが最も大事!一枚で着てもサマになるきちんと白Tシャツ4選

スタイリスト

三好 彩さん

雑誌・広告などで活躍。ベーシックな中に、ほんのり個性を効かせたスタイリングに人気が集まる。優しい人柄にスタッフの信頼も厚い。

エディター

湯口かおり

本誌エディトリアル・ディレクター。現場とデスク、両方を担う唯一の編集者。WEB Domaniではファッションのほか、カルチャー系も担当。

撮影/坂根綾子 スタイリスト/三好 彩 構成/湯口かおり 再構成/WebDomani編集部

※この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
●この特集で使用した商品についての問い合わせ先にはこちらのページよりご確認ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事