〝Theory〟の定番ロングコート、どう着る?【身長153cmエディターのコート試着室】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションの悩み

2020.10.18

〝Theory〟の定番ロングコート、どう着る?【身長153cmエディターのコート試着室】

「“バランスが良く見える”着こなしが絶対条件!」という身長153cmのフリーPR兼エディターの小川ゆりさん。今回は人気ブランドのマストバイアウターをPRの皆さんにご紹介いただきおすすめのコーディネートをご提案していただきました!

毎年人気の定番のダブルフェイス素材のロングコート!

Theory〟は1997年にニューヨークで誕生した、コンテンポラリーなファッションブランド。完璧なフィット感と最高級の素材を使用した着心地に定評があり、常に洗練されたスタイルを提案し続けているのが魅力です。

毎シーズン完売必死のアウターコレクションの中から、PRの比護さんおすすめのアウターとアウターに合わせたコーディネートをご紹介いただきました。

Theory,コートNew Divide Luxe Belt Coat J ¥79,000+tax

毎年人気の定番のダブルフェイス素材のラップコート。カシミヤをブレンドしたウール素材は、とてもソフトな肌触りと軽い着心地ながら、抜群の保温性のある上質な素材です。

Theory,コート

シンプルなラップデザインの中にもリラックスしたドロップショルダーのシルエットが、今年らしい印象にアップグレードしてくれます。ウエストを程よく絞ることで女性らしく、オーバーショルダーでありながらすっきりとしたシルエットに。

後ろ姿まで抜かりなく美しいシルエットに。今回着用したペールサンド以外にブラック、ハスキー、ブラック、ウォルナット、ブルーストーンの5色展開でビジネスシーンから、カジュアルなテイストまで選べるのがうれしい♡

身長161cmのPRの比護さんがコーディネートしてみると、こんな感じに!

Theory,コート

「ペールサンドカラーのコートに合わせて、インナーもペールトーンでまとめました。ラベンダーカラーを中心にメランジになった淡いトーンのラベンダーカラーが今年らしいカシミヤニットはゆったりとしたシルエットで細身のパンツと好相性です。オフホワイトのパンツは、Theoryの定番人気のサキソニー素材のクロップドパンツ。細身のシルエットですが、ひざ下は絞りすぎず、脚のラインをきれいに見せてくれる美脚シルエット。少し起毛感のある柔らかいウールの素材が、真冬にも暖かく着られます。コートもニットもオーバーシルエットなので、すっきりとしたテーパードパンツでバランス良く、オフィスにもおすすめのコーディネートです。」(比嘉さん)

Theory,コート足元まで潔いワントーンのコーディネートで統一すると、さらにTheoryならではの上品なコーディネートが完成。

続いて、身長153cmエディターの私が着てみると…

この秋注目のTheoryのジャージーシリーズのセットアップを合わせてみました!カジュアルな素材と上品なシルエットの組み合わせは、ワントーンでも印象が薄くならずに、きれいめにまとめてくれます。コートは本当に軽く、無駄のないシルエットで低身長の私でもスッキリと着ることができました。あえて長めの丈感でシックな印象に。ダブルフェイスなので、あえて袖をまくっても抜け感が演出できてオススメです!

毎シーズン人気の完売必至コート。ぜひお早めのチェックしてを!

▶︎Theory オフィシャル Instagram

小川ゆり

フリーPR・エディター

小川ゆり

セレクトショップのビジュアルコーディネーター、イタリアシューズブランド〝ペリーコ〟、人気バッグブランド〝A VACATION〟のPRを経て2020年6月よりフリーランスのとして独立。アパレルブランドを始め、ライフスタイル雑貨のPRを担当するかたわらWEB Domaniではエディターとしても活躍。プライベートでは小学4年生の男児と小学2年生の女児の2児の母。153cmの低身長ならではのスタイリングや、ワーママライフを楽しむ暮らしをインスタグラムで更新中

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事