【軋む】ヒントは建物・歩く・音!この漢字なんと読む? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.11.10

【軋む】ヒントは建物・歩く・音!この漢字なんと読む?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【軋む】。

Tags:

【軋む】読めそうなのに意外と読めない!

タイトルにもあったようにヒントは「建物」・「歩く」・「音」です。

すべての建物というわけではなく、木造の建物やお家の中を歩いたときに、木材がたわんでこすれあったりするときに音が聞こえる現象というとわかりやすいでしょうか。

最初の文字は「き」。

わかりましたでしょうか??

 

正解は…

漢字クイズ 読めそうで読めない 軋む きしむ 正しい読み方

 

【きしむ】

でした!

【軋む:きし・む】
物と物とがすれ合って、きしきし、みしみしなどと音を立てる。
「床が―・む」「雨戸が―・んであけにくい」

漢字クイズ 読めそうで読めない 軋む きしむ 正しい読み方

そもそも【軋】ってどんな漢字?

【軋】という漢字は常用漢字ではないので、もしかしたら見たり使ったりしたことがあるという人は少ないかもしれません。知っている人も知らない人も【軋】についてチェックしてみましょう!

【軋】
〈音読み〉
アツ
〈訓読み〉
きしる きしむ
車輪などがこすれあって音をたてる。
「軋轢(あつれき)」

ちなみに「軋轢」とは…

【軋轢:あつ‐れき】
《車輪がきしる意から》仲が悪くなること。
「―を生じる」

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

あわせて読みたい
【然も】この漢字なんと読む? 実は読み方は2つあるんです
【面皰】この漢字なんと読む?肌に関係する痛いアレ!

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事