プチプラ服の〝アレ〟を変えるだけで劇的に高見え!【川口ゆかりの丁寧な暮らし】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONプチプラファッション

2020.11.11

プチプラ服の〝アレ〟を変えるだけで劇的に高見え!【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

2児のママであり、女性誌エディター川口ゆかりさんの人気連載。プチプラアイテムをちょいテクで高見えさせる裏ワザを教えます!

Text:
川口ゆかり
Tags:

プチプラアイテムを格上げする裏ワザとは?

コートやブーツと単価が高くなる秋冬は、できる限り無駄使いは避けたいところ。そんな時、頼りになるのが旬のデザインを取り入れたプチプラアイテム。1枚でもじゅうぶん素敵に見える商品もありますが、「ここがもう少しこうだったら高見えするんだけどなぁ」というものも少なからず、あるはず。そこで私がよくやっている裏ワザがボタンの付け替えです。

たとえば、この〝ZARA〟のカーディガン。当初は白っぽい丸ボタンがついていたのですが、「安っぽいかも?」と気になり、あたたかみのあるくるみボタンに付け替えたところ、大成功! お値段以上の高見えカーディガンに早変わり。2年連続で一軍に君臨しています。

<BEFORE>袖コンシャスブラウスをリメイク!

さっそく、秋の始まりに〝H&M〟で購入したブラウスをリメイクすることに。1枚で着映える今っぽいデザインながら「ボタンが地味かも?」と思い、〝ユザワヤ〟へ。

材料は同じサイズのボタンと裁縫道具

▲ボタンのサイズを間違えると致命傷なので、必ず商品を持って手芸店へ。このパールボタンで1個最大でも100円ほどとお値段も比較的安く抑えられる点もポイント。

▲袖口についたボタン(ベーシックな黒いもの)を立体感のあるパールボタンに付け替えていきます。切ったり、ミシンで縫ったりするようなリメイクとは違い、ボタンを付け替えるだけなので所要時間は10分ほど。お手軽なのもポイント。

<AFTER>パールボタンが映える、素敵ブラウスに大変身!

▲ボタンを付け替える前よりも、女らしさがアップしたように感じます(自分調べ)

この日は〝H&M〟のブラウスに〝カオス〟のマキシ丈スカートを合わせて、打ち合わせへ。ブラウスとスカートのワンツーコーデながら、袖口につけたパールボタンがアイキャッチになり、アクセいらずの華やかさ。

ママ友や仕事関係のスタッフから「どこのブラウス?」と聞かれるたびに心の中でガッツポーズしているのはここだけの話。

あわせて読みたい
▶︎二子玉川でGo To Eatするならどこがオススメ?おしゃれママご指名は『アジアンビストロDai』
▶︎5,000円以上なのに予約殺到!常に入荷待ちの〝OPEN EDITIONS〟エコバッグ

写真・文/川口ゆかり

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事