Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION着こなしのお手本

2021.12.01

トップスとは?アウターとの違いは?おすすめのトップスコーデも一緒に紹介

毎日のコーデに欠かせない存在の「トップス」。普段何気なく使っている「トップス」という言葉ですが、その正確な意味やアウターとの違いってご存じですか?今回は、トップスの意味や特徴、アウターやボトムスとの差異について、代表的なコーデと合わせてくわしく説明していきます!

Tags:

【目次】
トップスの意味って?アウターやボトムスの違いとは
トップスの種類や特徴
おすすめの冬のトップスコーデ
おすすめの夏のトップスコーデ
おすすめの春・秋のトップスコーデ
最後に

トップスの意味って?アウターやボトムスとの違いとは

「トップス」とは、英語の「top(複数形:tops)」を語源としていて、漠然と「上半身に着る衣服全般」を指しています。羽織りものやインナーも、トップスに含まれることが多いです。それに対して、「アウター(outer)」は「1番外側に羽織る衣類」のことを指しています。なので、「トップス」の中でも1番外側に羽織るもののみが「アウター」に該当する、と考えておくと間違いなさそうです。

  1. トップスとは上半身に身に着ける衣服のこと。羽織りものやインナーもトップスに含まれる。
  2. トップスの中でも1番外側に着る衣類のみがアウターと呼ばれる。コートなどもアウターの一種。
  3. ボトムスとは下半身に身に着ける衣類のこと。インナーは含まれないことが多い。

トップスにも「カットソー」や「セーター」などいろんな種類がありますので、次にトップスの種類を季節ごとのおすすめコーデと合わせてみていきましょう!

トップスの種類や特徴

カットソー】生地をカットし、縫い合わせたもの

【1】カットソー

リラックスした笑顔を導く ピンクボーダーという新鮮な選択。非モテと言われがちなカジュア ルなボーダーも、ピンクベース ならかわいげ感が増す。レザー 調のふんわりスカートを合わせ てややモードに着るとなお大人 っぽく。そでの折り返しの赤も 小粋なアクセント。

▶︎カジュアルめ〝ボーダートップス〟を大人っぽく着こなすには…!?

Tシャツ】素材はコットンが主流、襟のついていないシャツ

【Tシャツ】素材はコットンが主流、襟のついていないシャツ

暖色ではなくターコイズブルーの差し色で、わかりやすい甘さを回避して。くしゃっとひと折りしたそで口でTシャツを自分らしく。

▶︎Tシャツ×マキシの定番コーデ、ワンランクアップさせるポイントは?

シャツ】ハリのある素材を使用して、1枚で着ることができる

【シャツ】ハリのある素材を使用して、1枚で着ることができる

オーバーサイズのシャツは裾を無造作にインするだけで、こなれた表情が手に入る。

▶︎オンライン会議用にマネしたい!シャツ×カーディガンの〝アシメ巻き〟で作る大人かっこいいスタイル

ブラウス】ふんわりした女性らしいシルエットが特徴

ブラウス

ぽわんと膨らんだ立体的な袖デザインが特徴的なコットンブラウス。袖の途中にギャザーデザインを施すことで、ボリュームはありながらもすっきりとした印象に。袖以外はディテールをそぎ落としたシンプルなつくり。ストレートシルエットのスカートをあわせることですとんと落ちるシルエットが生き、全身をすらりとスタイルよく見せてくれる。ネイビー×ブルーの同系色で上下をつなぎ、Iラインを強調して。

▶︎袖にボリュームがあるほど、今っぽくオシャレに見える!【今欲しいのは、洗えて着映えるブラウス&シャツ vol.9】

パーカ】首元にフードが付いているトップスの総称

【パーカ】首元にフードが付いているトップスの総称

デザインはもちろん、自分の着心地や子どもが触れたときに心地いい素材感が買いの決め手に。フーディはスエットライクな素材でノンストレス。上質なシープスキンのレザースカートにINして大人のこなれカジュアルに。

▶︎スエット×レザーの異素材コンビが「こなれ度」を急上昇させる!

ニット/セーター】毛糸で編んだトップスのこと

ニット/セーター

淡い色とも相性よしなロイヤルブルーニットの着映え力。ビッグニットのすとんと落ちるボリュームは、構築的なデザインのセットアップに重ねてもひびかないのも優秀。プルオーバーの長めのカフスやテールの部分見せレイヤードが、おしゃれ上級者なこなれたムードを連れてくる!

▶︎シンプルニットがこなれさせたいなら投入すべきはこのアイテム

カーディガン】毛糸で編まれたり、ニットやカットソー素材などで仕立てた前開きのもの

4人のワー/ママの〝たった5枚〟の秋はこうなる!Par t2 望月芹名的 きれいめハンサムの〝たった5枚〟

カーディガンを一枚着としてさらりと、Vネックニット感覚で。体が程よく泳ぐ、ユニセックスならではの絶妙なサイジングを生かしてVネックをデコルテで広げ、〝背抜きシャツ〟のような要領で背中側に落とし着くずしてみて。

▶︎カーディガンを1枚で着るときは”着くずし感”が大切です!

タンクトップ】袖なしで、襟ぐりが深かったり、かぶりタイプのもの

【タンクトップ】袖なしで、襟ぐりが深い、かぶりタイプのトップス

黒ベースで切れ味よく、アクセやアイウエアでエッジィに、がポイントに。

▶︎UNIQLOの1,000円タンクトップ、体のラインも綺麗に見えてこの夏の必需品と話題です

ジャケット】アウターの一種、ウエストラインの長さや、ヒップラインを隠す丈のもの

【ジャケット】アウター一種、ウエストラインの長さや、ヒップラインを隠す丈のもの

メンズライクなジャケットがセットアップを凜とした表情に。ガンクラブチェックのジャケットで甘さを抑えて。

▶︎仕事始めの日はセットアップに頼ってかっちり&きれいめに

おすすめの冬のトップスコーデ

【1】白ジャケット×黒ニット×黒パンツ

【1】白ジャケット×黒ニット×黒パンツ

もはやコーディネートの万能薬とも言える汎用性の高い黒スキニーは、オーバーシルエットのトップスやコートを合わせることで、安心感が。スタッズの 効いたバッグや大ぶりピアスをアクセントに、潔くモノトーンでコーディネ ート。

▶︎コーディネートの万能薬!〝黒スキニー〟で作る自転車スタイル

【2】ベージュコート×白Tシャツ×茶色ニット×黒デニムパンツ

【2】ベージュコート×白Tシャツ×茶色ニット×黒デニムパンツ

中綿にシート状のダウンを仕込んだ、軽やかで暖かな一枚。トレンチコート気分で着られるから、ラフなデニムに合わせてもフェミニンに仕上がります。ブラウンのニットで品の良いグラデを作ってロゴTをちら見せさせれば、余裕あふれる大人のカジュアルスタイルに。立体感のあるヨークで、後ろ姿までエレガント♡

▶︎【2021冬ダウン】あったかくて細見え♡ 着膨れ知らずな「薄軽ダウン」

【3】茶色ニット×茶色パンツ

【2】茶色ニット×茶色パンツ

程よいクラシカル感が今年らしさとオンライン映えを両立するカギ。モヘアの甘さが気恥ずかしいなら、シックな色味をチョイスしてバランスを取るのがオススメ。

▶︎急なリモート会議でも大活躍!大人っぽさ漂うブラウンの〝モヘアニット〟

【4】ベージュコート×ベージュパーカ×ベージュパンツ

【3】ベージュコート×ベージュパーカ×ベージュパンツ

温かみのある色合わせは寒い冬にぴったり。時計と眼鏡もブラウンでそろえてリュクスなムードを。

▶︎パーカコーデもここまできれいめに♡【ベージュ×ブラウンの品格ワントーン】着こなし実例

【5】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ベージュスカート

【4】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ベージュスカート

ルーズフィットなブーツをフレアスカートにあえて隠すのが今ドキバランスの正解!これまでならちらりと肌見せして〝抜け感〟を出していたところ、足元に ボリュームを出すことで重心を低めに見せることがおしゃれ、という流 れに。

▶︎女性らしさ叶う〝ルーズフィットブーツ〟の今どきバランスって?

【6】グレーコート×水色シャツ×青ニット×白パンツ

【5】グレーコート×水色シャツ×青ニット×白パンツ

見た目からもあたたかく、リッチな質感が気持ちをあげてくれるシャギーコート。それだけで華やぐ素材だから、カラーは上品に映えてクリーンにまとえるグレーを日常コーデに落とし込んで。目に留まるブルー×グレーの寒色カラーは、都会的なムードが高まるオフホワイトでマイルドに中和。

▶︎優しいカラーでトーンアップ!冬コーデを盛り上げる「ニュアンスカラーコート」3選【大人世代が欲しい本命コート】

【7】ベージュニット×白スカート×茶色ストール

【5】ベージュニット×白スカート×茶色ストール

ドラマティックなベージュスタイルをモードな足元で辛口に。女らしいクリーミーな配色でまとめたスタイル。やわらかな雰囲気が魅力だけど、ともすると老けて見えそうな着こなしなので、小物でバランスを。

▶︎ぼんやり見えがちな〝白いフレアスカート〟どう着こなすのが正解?

【8】黒ニット×チェック柄スカート

【6】黒ニット×チェック柄スカート

端正なチェックスカートこそモヘアニットの包容力で印象深く。肌触りのいいキッドモヘア、着心地のいいゆるりとしたドロップショルダー。

▶︎リモートで着たい!上半身映えを叶える〝もふもふニット〟4アイテム

【9】ピンクジャケット×黒ニット×ピンクスカート

【7】ピンクジャケット×黒ニット×ピンクスカート

淡いピンクのタイトスカートは、それだけだと甘さがあるけれど、こげ茶のサイドゴアブーツがマイルドダウン。同色のタートルニットで全体にまとまりをつけて。ストールとバッグにベリーカラーを差して、トレンド感を後押し。

▶︎大人かわいいピンクのセットアップ、今っぽく着こなすなら?

【10】ミントグリーンニット×ミントグリーンワンピース

【8】ミントグリーンニット×ミントグリーンワンピース

ミントグリーン×ブラックの大人な辛口配色。カットソー生地を贅沢に使ったドラマティックなワンピース。同色のモヘアニットをレイヤードした、高度なミントグリーンの着こなしは、ブラックで引き締めるのがコツ。ブーツのヒールはさりげなくエナメルのレオパード柄になっていて、黒でも重苦しく見せない。

▶︎高度なミントグリーンの着こなし、バランスよく見せるには?

【11】ベージュシャツ×ベージュパンツのセットアップ

【9】ベージュシャツ×ベージュパンツのセットアップ

肩ひじ張らなくても きちんとして見えるシャツセットアップのウエストはゴムと、子どもを連れていてもノンストレス間違いなしのセットアップ。詰まった襟ぐりやフィットしすぎないシルエットが今年らしいムードに。一枚ずつに十分デザインが効いているから着回し力もバツグン。

▶︎楽ちんなのにきちんと見えが叶う優秀セットアップはこれ!

【12】水色シャツ×グレーニット×グレーパンツ

【10】水色シャツ×グレーニット×グレーパンツ

ミントブルーのロングシャツはインナーも小物もグレーでつないでシックに。ブルー以外の色をそろえることで、流れるような色のトーンがきれいでやわらかな女らしさをつくってくれる。

▶︎全方位好感度抜群!グレー&ブルーの知的配色コーデ

【13】ピンクコート×黒ニット×黒パンツのセットアップ

【13】ピンクコート×黒ニット×黒パンツのセットアップ

パウダーピンクのガウンコートが冬の街にフレッシュに映える。ボタンレス&ノーカラーガウンコートのノーブルな佇まいが、淡いピンクの甘さを自然に軽減。軽やかな一枚仕立ての上品さが、ニットのセットアップを大人の表情に傾ける。

▶︎冬の街にパッと映える!〝淡いピンクコート〟が甘すぎないそのワケは?

おすすめの夏のトップスコーデ

【1】ベージュニット×デニムパンツ

【2】ベージュニット×デニムパンツ

個性的な小物をもりもり詰め込んでもやりすぎに見えないのは、いい意味で洋服の主張が控えめだから。シンプルにも個性的にも、小物しだいで自由自在におしゃれを楽しめる。

▶︎脱・マンネリ!Tシャツ&デニムは小物合わせで差をつける

【2】ネイビーTシャツ×ベージュスカート

【2】ネイビーTシャツ×ベージュスカート

コットン100%の着心地のいいTシャツは、ヘビーオンスで幅が広めのシルエット。夏のマストアイテムであるTシャツですが、落ち着き感のあるネイビーならラフな印象になりすぎず、都会的なイメージで着こなせます。ネイビートップスとぜひ合わせたい好相性カラーといえば、ベージュ。まろやかさが加わって全身が軽やかに仕上がる。

▶︎大人カジュアルにTシャツを着こなすなら〝ハンサムネイビー〟をご指名!

【3】カーキTシャツ×カーキマキシスカート

【3】カーキTシャツ×カーキマキシスカート

夏に俄然着たくなるアースカラーは黒でスパイシーに締めるのが好相性。マキシスカートのボリューム感をノースリTシャツで引き立たせた、カーキのワントーンコーデ。スニーカー通に人気の軽量の「クリフトン6」でクールにシフト。

▶︎量感マキシスカートには黒スニーカーが相性抜群!【今日何着る?】

【4】ボーダーカットソー×緑スカート

【4】ボーダーカットソー×緑スカート

永遠のボーダー×フレアスカートの着こなしこそ黒スニーカーでアンバランスに仕上げたい。どことなくクラシカル感が漂うボーダーカットソーにフレアスカートは、永遠の定番スタイル。パンプスやフラット靴を合わせがちですが、黒スニーカーでカジュアルに振るのが今旬。

▶︎クラシカル感漂う「ボーダー×フレアスカート」今っぽく着こなすには?

【5】黒ジャケット×黒ニット×黒パンツ

【5】黒ジャケット×黒ニット×黒パンツ×

大人の女性だからこそ似合うストイックでクールなブラックスタイル。見た目だけでなく、気持ちまでもキリッと引き締めてくれるオールブラックのパンツコーディネート。大ぶりなペンダントネックレスや白バッグ、サングラスなどのインパクト小物を合わせて、着こなしがフラットになりすぎないようメリハリを出し、かっこよさに磨きをかけたい。

▶︎【着こなしテク】絶対マネしたい!大人かっこいいメリハリ黒コーデ

【6】白Tシャツ×黒チュールスカート

【6】白Tシャツ×黒チュールスカート

『ZARA’s Tulle Skirt2』ロゴやレオパード柄で 絵になる雰囲気へと導く チュールスカートをひとひねり。ロゴ入りのシルクTシャツと黒いチュールスカートの組み合わせは、気負いがないのに女っぽくてリッチ。レオパード柄のパンプスやゴールドのア クセサリーでクールな味つけをすれば、カジュアルすぎない着こなしに。

▶︎女っぽくてリッチなチュールスカートの着こなしって?

【7】ベージュTシャツ×黒パンツ

【7】ベージュTシャツ×黒パンツ

子どもと一緒に動き回る日、着心地がラクなのは当然、おしゃれ感だって外せない。そこで選んだのは、レイヤードして着るアシメトリーなTシャツと黒スキニー。黒の力でスタイリッシュさが増す。

▶︎休日もやっぱり頼れる!無印良品の黒スキニー

【8】黒ポロシャツ×白パンツ

【8】黒ポロシャツ×白パンツ

無彩色なコーディネートに柄物を投入して感度をアップ。

▶︎最高気温35度超えたらアースカラー!?猛暑日に着たい夫婦お出かけコーデ

【9】カーキシャツ×黒タンクトップ×カーキショートパンツ

【9】カーキシャツ×黒タンクトップ×カーキショートパンツ

あえて段違いに留めたボタンでゆるトップス風情にこなす彼のシャツ。ビターな配色と無造作かつ計算ずくな肌見せで、グッと女らしく。

▶︎猛暑日だからってタンクトップ1枚!?おしゃれも着やせも楽しみたいなら「魔法の夫のシャツ」

【10】黒の水玉シャツ×黒スカート

【10】黒の水玉シャツ×黒スカート

大好きなサマーブラックも、ストイックすぎるのは気分じゃない…そんな甘派にしっくりくるのが、柄を織り交ぜる着こなし。ドット柄ならヴィンテージムードが漂って、おしゃれっぷりも上々! 

▶︎自分の服より気軽に着られておしゃれになる♡MeHimコーデ8DAYS【近藤千尋夫婦のおしゃれシェア日記】

【11】ネイビーブラウス×白パンツ

【11】ネイビーブラウス×白パンツ

着こなしが単調になりがちな季節、頼りになるのが一枚で着映える旬のデコラティブトップス。透け感のあるコットン生地を重ねたボックスシルエットのブラウスは、アイレットレースが施されたスクエアカラーがポイントに。レースや大きな襟などの甘見え要素も、シャープなシルエットの中に取り入れることで〝大人かわいい〟に様変わり!シンプルなとろみパンツを使った通勤スタイルに、気分がアガる華やぎが宿ります。

▶︎着こなしの単調さに悩んだら〝デコラティブトップス〟を選ぶべし

おすすめの春・秋のトップスコーデ

【1】紫ニット×白パンツ

【1】紫ニット×白パンツ

着ぶくれしないすっきり感も魅力モヘア素材のチュニック丈ニット。着こなしが明るくなるパープル色と、ふわっふわのモヘア素材が、手持ちのワードローブを活性化してくれそう。ヒップが隠れるロング丈だけど、全体的にボリュームが抑えられたシルエットで着こなしやすい。

▶︎気ぶくれ回避!この冬のワードローブに取り入れたい〝モヘア素材のチュニック丈ニット〟

【2】水色シャツ×ベージュパンツ

【2】水色シャツ×ベージュパンツ

あえてのオーバーサイズ回避ですっきりとブルーのバンドカラーシャツ。流行のバンドカラーシャツは、ビッグシルエットのものが多いけれど、 こちらはオーソドックスなサイズ感。ラフになりすぎず、きれいめに着 られる。光沢のあるまっさらなコットン地も好感度たっぷり。

▶︎今季マストなバンドカラーシャツ、どう着るのがおしゃれ?

【3】黒カーディガン×黒スカート×ストレッチブーツ

【3】黒カーディガン×黒スカート×ストレッチブーツ

モノトーンのトップス&ボトムにあえてカラーブーツを投入してアクセントを。ボリュームのあるボトムがトレンドだから、すそをかぶせて履くのが今年っぽいバランスに。ブロックヒールで安定感抜群。

▶︎モノトーンコーデに今どきなパンチを効かせてくれるのは…

【4】ネイビーベスト×黒ブラウス×青パンツ

【4】ネイビーベスト×黒ブラウス×青パンツ

仕事シーンではパンツスタイルが多いというDomaniキャリアにオススメなのが、デザインにひとクセあるこんなセットアイテムトップス。透け感に色気を秘めたハイネックブラウスと深Vのベストタイプのニットの組み合わせは、どこかモードな雰囲気。チュニックのような長め丈なので、細身パンツと合わせるとバランスよし。黒×くすみブルーという大人な配色コーデも上級っぽい!

▶︎秋の本命はニットを重ねたレイヤードアイテム!【コレ買わなきゃ! 秋トレンド速報】

【5】グレーニット×グレースカート×白ショートブーツ

【4】グレーニット×グレースカート×白ショートブーツ

冬に持つかごバッグってほかにはない魅力があるけれど、ファーが付いたらなおのこと。いつだってオンナはふわふわに弱いもの…。しかしながらこちらは、ファーの取り外しが 可能。白いエコレザー×ラタンの都会的なデザインになるので、一年中活躍!

▶︎かわいいだけじゃなくて実力派!ファーかごバッグが主役の冬コーデ【明日、何着る?】

【6】黒スエット×カーキスカート

【5】黒スエット×カーキスカート

ふんわりスカートにスエットを投入することで 印象をアップデート。もともとトップスを選ばないタックスカートだけど、ス ポーティな黒のスエットでひねりを利かせれば新鮮に。襟元からTシャツをちらりとのぞかせるのも大事なテクニック。

▶︎黒スエットをおしゃれに着こなす最大のポイントはインから白をのぞかせる抜け感です!

【7】グレーニット×グレーTシャツ×カーキスカート

【7】グレーニット×グレーTシャツ×カーキスカート

濃淡グレーを重ねたトップスを、深みのあるグリーンのスカートにイン。どちらも深くてスモーキーな色合いの大人なかけ合わせが、カジュアルスタイルをクラスアップしてくれる。スカートはウォッシャブルウールと再生ポリエステルをミックスした、環境にも配慮した素材。ハイウエストかつ構築的なデザインが、女性らしいふんわりシルエットを描いてくれる。

▶︎大人のおしゃれが一気に洒落るスモーキー配色コーデ

【8】花柄カーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

【6】花柄カーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

ネイビー×白のクリーンさで お花刺しゅうを大人めリッチに。地の深いネイビーと、中に着た白T×デニム素材のセーラーパンツという組み合わせで、クリーンなカジュアルに転ばせたのが、大人っぽく見えるポイント。

▶︎レトロ柄のモチーフトップスを 「大人かわいく」着こなす方法

【9】白ブラウス×黒パンツ

【7】白ブラウス×黒パンツ

モノトーンに映えるカラーバッグがスタンダードなONスタイルを盛り上げる。

▶︎スタンダードなモノトーンコーデには映えバッグが必須!【今日のコーデ】

【10】白プルオーバー×白パンツ

【8】白プルオーバー×白パンツ

プルオーバー×パンツのコンビはきれ いめで程よくアクティブ感が漂い動きやすいので、 忙しいママにも好評。体のラインを拾わないやや地厚素材で、タックインがキマりやすい前後差丈、腰回りはゆったりとしたテーパードなど、体型カバーも叶える旬シルエットが魅力的。

▶︎体が泳ぐゆるっとシルエット…♡今欲しいのは〝ゆるニュアンシー〟なセットアップ

【11】ピンクマウンテンパーカ×白カットソー×グレーデニムパンツ

【9】ピンクマウンテンパーカ×白カットソー×グレーデニムパンツ

差し色効果抜群のピンクで カジュアルコーデに甘さをプラスして。混みがちな休日の公園でも華やかな存在感を示せるピンクのマウンテンパーカ。休日お約束のデニムは大人っぽいグレーにすると、グッと洗練された着こなしに。

▶︎機能的なマウンパ、今買うなら【ニュアンシーカラー】を狙うのが正解!

【12】黒シャツ×白パンツ

【12】黒シャツ×白パンツ

ボリュームスリーブは、着るだけで表情を豊かに見せてくれるのも魅力。大人が楽しむなら甘さを抑えた黒のロング丈シャツをライトグレーのワイドパンツにラフにインして、都会的カジュアルに着こなすのがオススメ。両サイドにスリットが入ったシャツの裾はラウンドシルエットになっていて、前だけインするなどアレンジしやすいのもポイント。

▶︎今季マストなトップスは映える〝ボリュームスリーブ〟

種類豊富なトップス! いろんなタイプのアイテムを着回しておしゃれを磨きましょう

トップスの意味やおすすめのトップスのコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか?トップスは種類が豊富で、デザインや素材の組み合わせでいろいろ楽しめるアイテムです。ぜひ、自分に合った素敵なコーデを見つけてみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事