Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION着こなしのお手本

2021.12.28

ベストをおしゃれに着るならこのコーデ!野暮ったさなしの着こなしまとめ

いつものコーデに重ねるだけで新鮮なコーデが楽しめる「ベスト」。寒い時期は、ニットベストやダウンベストが活躍してくれますよね。今回はそんなベストを使ったレディースコーデをピックアップ!ベストコーデにチャレンジしたことがないという人のために、おしゃれに着こなすポイントについても解説します。

Tags:

【目次】
ベストをおしゃれに着こなすポイント
【秋冬】ベスト×パンツコーデ
【秋冬】ベスト×スカートコーデ
【秋冬】ダウンベストコーデ
【春夏】レディースベストコーデ

ベストをおしゃれに着こなすポイント

【ニットベスト】中に着るカットソーを白シャツにする


例えば旬のニットベスト。コーディネートによっては幼く見えることもあります。

特にゆるっとしたカットソーに重ねると、カジュアルすぎて部屋着のように見えてしまうので注意が必要。さらにそこへ楽ちん太めパンツを合わせると、トレンドアイテムとは言え、女らしさがない残念なコーディネートになりがちです。

【ニットベスト】カットソーを白シャツにする
そんなニットベストは、中のカットソーを「白シャツ」にするだけで、グッと大人っぽく着こなすことが可能に!

ベストのすそからシャツをチラ見せすることでメリハリが生まれ、バランスもアップ!シャツのハリ感が、ほっこりしがちなニットをシャッキリ見せてくれるのです。

ボトムスは光沢のあるジョグパンツにすると女らしさが強まり、コーディネートもより今年らしく。ヒールパンプスや黒のミニショルダーを合わせ、とことん辛口に振るのがポイントです。

【ダウンベスト】上品なアイテムを散らして女っぽく着こなす

【ダウンベスト】女っぽく着こなす
秋冬に活躍するダウンベストは、カジュアル度の高いアイテムだからこそ、着こなしに迷うこともありますよね。

ついついやりがちなのが、チノパンやカーゴパンツを合わせたラフな着こなし。「シックな色合わせで大人っぽく」と思っていても、結果、地味なカジュアルコーデに見えてしまうことも…。

【ダウンベスト】女っぽく着こなす
ダウンベストをおしゃれに着こなすには、まずボトムスをトレンドのマーメイドスカートに変更。これにより女らしさがグッと増し、大人っぽく見せてくれます。

腰回りのタイトさがマーメイドスカートの利点。ボリュームのあるダウンベストとのバランスが取りやすく、メリハリのあるコーディネートを可能にしてくれます。さらに、マットなレザー素材を選ぶことでリッチ感が加わり、上品さもアップ。

また、ダウンベストの下に着るものと言えば、「タートルネックニット」を思い浮かべる人が多いかもしれません。これは間違いではありませんが、今年はぜひ素材を変えてみるのをおすすめします。

薄手シースルー素材のタートルトップスを合わせることで、よりトレンド感のある着こなしが楽しめますよ。

【秋冬】ベスト×パンツコーデ

紺ニットベスト×白シャツ×白パンツ

白シャツ×紺ニットベスト×白パンツ
白シャツにトレンドのニットベストを重ねたコーディネート。ニットベストは引き締め色を選ぶことで着ぶくれせず、通勤コーデがグッと垢抜ける。

紺変形ベスト×黒シアーブラウス×くすみブルーパンツ

黒シアーブラウス×紺変形ベスト×くすみブルーパンツ
透け感に色気を秘めたハイネックブラウスと、深いVのニットベストの組み合わせ。どこかモードな雰囲気で、黒×くすみブルーという大人配色も上級者っぽい!

ベージュニットベスト×白シャツ×黒パンツ

白シャツ×ベージュニットベスト×黒パンツ
ニットベストにローファーを合わせ、トラッドに振るのも手。マニッシュになり過ぎないよう、パールのピアスや丸みのあるバッグで女っぽく中和させて。

グレーニットベスト×白シャツ×グリーンパンツ

グレーニットベスト×白シャツ×グリーンパンツ
個性的でややとがったイメージのグリーンパンツには、知的な印象のグレーをチョイス。品よくハンサムに仕上げて。

紺ニットベスト×紺コート×水色シャツ×水色パンツ

紺コート×水色シャツ×紺ニットベスト×水色パンツ
ピンストライプのテーラードはそれだけでは控えめなので、インにニットベストを仕込んで今どきのリラックス感を。鮮やかなブルーのパンツで、躍動感をアップ!

黒ニットベスト×白シャツ×黒ハーフパンツ

白シャツ×黒ニットベスト×黒ハーフパンツ
今季旬のハーフパンツ×ニットベストと、エッジの効いたアイテム合わせ。モノトーンでまとめれば、どんな着こなしもスタイリッシュに。

【秋冬】ベスト×スカートコーデ

ベージュニットベスト×白シャツ×白スカート

白シャツ×ベージュニットベスト×白スカート
メンズのニットベストを使ったフェミニンスタイル。ツヤッとしたサテンプリーツスカートを合わせれば、途端に女らしく。ベストはジャストサイズよりもゆったりサイズを。ゆるりと着れば大人っぽく取り入れることが可能。

グレーニットベスト×白カットソー×ライトグレーブルゾン×ベージュスカート

白カットソー×グレーニットベスト×ライトグレーブルゾン×ベージュスカート
白カットソー×ベストのレイヤードに、プリーツスカートを合わせたフェミニンコーデ。ブルゾンをはおることで、今旬の甘辛バランスを実現。ブルゾン自体が辛口な分、あえて女っぽいアイテムを合わせて、ひねりのあるおしゃれを楽しんで。

白ファーベスト×黒タートルネック×グレーチェックコート×黒タイトスカート

黒タートルネック×白ファーベスト×グレーチェックコート×黒タイトスカート
ファーベストをインに着てキレのある女らしさを演出。コートはチェック柄だからこそ、エッジーなファーベストが浮かずに程よいインパクトを醸し出す。インは引きしめ力の高い黒のI ラインですっきりと。

【秋冬】ダウンベストコーデ

ベージュダウンベスト×黒ニット×黒スカート

黒ニット×ベージュダウンベスト×黒スカート
ダウンベストは、量感のあるボリュームスカートに合わせると華やかな着こなしに。ボリュームスカートの女っぽさとダウンベストのカジュアル感が絶妙にマッチ。黒のアンサンブルニットとフレアスカートで、引き締め効果も狙って。

黒ダウンベスト×紺ジャケット×ライトグレーパンツ

黒ダウンベスト×紺ジャケット×ライトグレーパンツ
インをシャツにすることで、徹底的にメンズライクに。これならダウンを着ていてもフォーマルでかっこいい。ボトムスはライトグレーでノーブルな雰囲気に。トラッドな組み合わせで知性をアピールして。

グレーダウンベスト×ピンクニット×白パンツ

ピンクニット×グレーダウンベスト×白パンツ
スポーティーなパンツスタイルがどこか都会的。スキニーパンツとくびれブーツが足首回りをほっそりと演出してくれる。

カーキダウンベスト×グレーニット×グレーパンツ

グレーニット×カーキダウンベスト×グレーパンツ
オールグレーにカーキを足すことで、こなれ感が一気にアップ。薄手でモコモコせず、カジュアルすぎない着こなしに。

カーキダウンベスト×白シャツ×ベージュタイトスカート

白シャツ×カーキダウンベスト×ベージュタイトスカート
アウトドア感が出すぎないカーキの色味が絶妙。カジュアルなアイテムには、ニュアンスカラーのタイトスカートやブーツを合わせれば、女らしさがグッとアップ。

紺ダウンベスト×グレーチェスターコート×キャメルスカート

紺ダウンベスト×グレーチェスターコート×キャメルスカート
アウターの襟元からフードを出す前提でインナーダウンを選ぶことで、まるでパーカをレイヤードしたかのような今どきアレンジに。たっぷりのファー付きフードなら、顔まわりが華やいで、カジュアルや通勤スタイルにも対応可能。

黒ダウンベスト×紺ニット×黄色パンツ

紺ニット×黒ダウンベスト×黄色パンツ
大人の冬カジュアルはこなれ見えが肝心。カラーパンツやダウンベストなど、休日に楽しみたい要素を盛り込んで。旬のかごバッグで気分もアップ。

【春夏】レディースベストコーデ

ベージュベスト×白カットソー×白パンツ

白カットソー×ベージュベスト×白パンツ
サファリスタイルは足元のみ色をずらすのがおしゃれ。上級者ハードめの黒は、1点使いでメリハリアップに効果的。

ツイードベスト×白タンクトップ×デニム

白タンクトップ×ツイードベスト×デニム
秋らしい配色のツイードベストは、白タンクに重ねれば夏も大活躍!ダメージデニムを合わせたメンズっぽいコーディネートに、コンチョ付きサンダルとカゴバッグを合わせて。

ブラウンニットベスト×白スカート

ブラウンニットベスト×ライトグレースカート
ブラウンのニットベストに白スカートを合わせた、ニュアンスカラーコーデ。寒い日は中にシャツをレイヤードしてもGOOD。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事