株式投資は時間がなくてもできるの? 1日3分で月50万円稼いだトレーダーに聞く〝お金の殖やし方〟 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.03.17

株式投資は時間がなくてもできるの? 1日3分で月50万円稼いだトレーダーに聞く〝お金の殖やし方〟

先行き不安なご時世に伴い、本業に加えて、収入源を増やしたいワーママも多いはず。そんなワーママのひとりでもあるとめちゃんが、副業アカデミー講師のトイレトレーダー林先生に株式投資を教わり、100万円をどうやって殖やしていくかリアルにレポートしていきます。

コロナをきっかけに、働き方やライフスタイルが変化したワーママも多いはず? 先行き不安なご時世、せめてお金の不安から解消されたいですよね。そこで、ズボラなワーママとめちゃんが、プロトレーダーである林 僚先生に、お金の殖やし方を教わり、元手100万円をどうやって殖やしていくか、連載『ズボラなワーママとめちゃんが、100万円用意したのでお金の殖やし方を教えてください!』と題して、実録レポートしていきます。

画像ALT

教えてくれる人 

副業アカデミー 株式投資 認定講師 林 僚 先生

3年前まで年収350万円のサラリーマンだったが、「給料のほかにも収入源が欲しい」という思いから行動し、株式投資と出会う。会社員時代、スキマ時間にトイレ休憩を装いトイレ内でトレードをし、自己資金50万円を1年で6倍に増やすことに成功。2020年には株で月収100万円を突破。現在は副業アカデミーの認定講師として活躍中。
林先生公式ツイッター
林先生のYoutube 

画像ALT

教わる人

ズボラなワーママエディター とめちゃん

大学卒業後、会社員を経て女性誌エディターに。『CanCam』『AneCan』『CanCam.jp』等に携わる。ズボラゆえ、ろくに預金額を確かめていなかったある日、全然利子が付いていないことに驚愕し、投資に目覚める。しかし初心者で何をどうはじめていいかわからないところ、偶然、林先生と出会う。本業に加え、株式投資で収入を殖やし、ビジネスクラスに躊躇なく乗れるようになることが目下の目標。口癖は“富めちゃう!”

株式投資は時間がなくてもできるの?


とめちゃん:林先生、本当に株初心者なんですけど、こんな私でも株式投資はできますか?


林先生:できると思います。僕も3年前まで、株の売買方法すらわからない普通の会社員だったのですが、証券会社に電話をしながら色々とやり方を聞きながら覚えていきました。今は、大手企業でも副業が解禁になっているところも多いので、本業以外でも収入を殖やせるいい時期になっていますよね。


とめちゃん:気になるのですが、どうして先生はトイレトレーダーという名前がついているのですか?


林先生:株を始めたのは、会社員時代のとき。株式市場が引ける2時半~3時の間(引けの時間)にトイレ休憩ついでにスマホでトレードをしていたことがあるんです。それで〝トイレトレーダー〟と(笑)。コツコツ利益を重ねていき、気がついたら月収50万円を株で稼いでいました。そして今は、株式投資の講師として働いています。


とめちゃん:ということは、あまり時間をかけずに投資をできるのですか?


林先生:そうですね。株のトレードというと、モニターがいっぱいあって、一日中モニターを眺めて株を売買しているのをイメージする方が多いのですが、僕が実践している手法は1日3分程度。というより、やることがない、というのが正しいかもしれません。


とめちゃん: やることがないとはどういうことですか?


林先生:勝てる確率が高いときしかエントリーしない手法なのです。実は、勝てるタイミングというのは、そんなにないんですよね。だから、何もしない日、できない日が実は多いのです。

逆にいうと、スキマ時間にできるので、とめちゃんのようなワーママさんや主婦の忙しい方にも再現できる手法なので安心してください。

お金の増やし方、株式投資、トレード、副業

長期投資とトレードの違いは!?


とめちゃん:投資というと、有名な投資家ウォーレン・バフェットさんが行っているバリュー株投資、長期投資を思い浮かべるのですが、トレードとはどう違うのですか?


林先生:長期投資もトレードも本質的には同じ。株の売買というのは、今日という日から上がると思って買えば儲かる仕組み。予想通り、安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すことで利益が出ます。


とめちゃん:高く売って安く買い戻すとはどういう意味ですか?


林先生:知らない人も多いと思うのですが、株を高く売って安く買い戻すことを空売り(からうり)といいます。詳しくは、今後お話ししますが、例えば不動産は、安く買って、高く売って売却益を得ることしかできないのですが、株は、高いときに証券会社から株を借りて先に売って、株価が下がったら、買い戻して、証券会社に株を返して利益を得る方法があるのです。長期投資だと、空売りをしません。僕は、空売りも活用して、利益を出します。

たとえば去年コロナショックがありましたが、株価が暴落したときに空売りをできないと、ただひたすら株価が戻ってくれるよう願うしかありませんが、空売りができると、株価が下がるときも利益を得ることができて、チャンスが増えるのです。


とめちゃん:空売りは信用取引なので、こわいイメージがありましたが、逆にコロナショックのときなどに何もできないほうがこわいですよね。


林先生:そうなのです。空売りができたほうが、リスクヘッジにもなります。きちんと勉強すれば、まったくこわくないので、これから学んでいきましょう。


とめちゃん:具体的にどのように株を買うか判断していくのですか?


林先生:いわゆるテクニカル分析といって、チャートを見て、明日株が上がるか下がるかを予想して売買していきます。ウォーレン・バフェットさんがやられているような、会社の業績や将来性を分析して投資する方法をファンダメンタルズ分析といいますが、こちらは、初心者の方には難しくて、再現性があまりないのです。僕たちは、チャートにすべて(会社の業績や将来性)が織り込まれていると考えています。簡単にいうとチャートにすべての答えが出ていると判断します。そこから投資判断をするので、再現性が高いのです。だから、初心者のとめちゃんも問題なく結果が出ますよ。


とめちゃん:なんだかイメージがわいてきました! 時間がなくてもできて、初心者でも再現できちゃうのですね。もう富めちゃいますね! ワクワクしてきました♪

次回、元手はいくら必要? に続く。

イラスト/おめがちゃん 取材・文/とめちゃん

画像ALT
トイレ休憩で株してたら月収50万円になった件(ぱる出版)¥1,650 林 僚著

とめちゃんはこの本に出会い、株式投資に開眼。会社員をしながら、株でお給料以上稼げるようになった林先生が実践している、再現性の高い手法が網羅されています。すでに4刷りのベストセラー投資本! これから株式投資トレードしたい方必読の一冊。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事