ドラマ出演も話題! [Alexandros]川上洋平さんってどんな人? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.03.17

ドラマ出演も話題! [Alexandros]川上洋平さんってどんな人?

アーティストとしての活躍はもちろん、ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』でテレビドラマ初出演を果たし話題を集める[Alexandros]川上洋平さん。今注目の存在の川上さんにドラマの話やベストアルバム、子どもの頃のお話をうかがいました!

Tags:

初のドラマ出演でますます注目を集める川上洋平さん

ドラマにご出演された率直な感想を教えてください。

川上さん(以下、敬称略):光栄です。そしていろいろな縁を感じています。僕が初めて観たドラマは北川悦吏子さんのドラマだったので、その北川さんから直々にオファーを頂き、なんだか運命めいたものを感じました。しかもこれが、初めてのドラマ出演だったので。

実際に演技をしてみていかがですか?

川上:楽しいです。楽しいですし、刺激的だし…。もちろん勉強しなきゃいけないことはたくさんあるんですが、周りの監督はじめ、すべてのスタッフの皆さん、そしてもちろんほかの出演者の皆さんに成長させてもらっているなと感じます。見様見真似ではありますが、日々勉強させて頂いています。

視聴者側からの意見としては演技が初めてという感じがしませんが。

川上:とんでもございません。日々勉強させていただいています。

ちなみに演じていらっしゃる橘 漱石と共通する部分はありますか?

川上:仕事第一なとこが似てるんじゃないかなと思います。彼も、僕もそういうところがあるかもしれないです。

ご自身もドラマをご覧になっていますか?

川上:ええ、もちろんもちろん。観られるときはリアルタイムで観ていますし、仕事で観られないときは後で録画したものを観ます。

ご自身で、自分の演技をご覧になってどう感じていらっしゃいますか。

川上:半々の気持ちで観ていますね。作品を単純に楽しむことと、あとはこうしたほうが良かったなという振り返りの気持ち。自分ではこうなんじゃないかなって思ってやったことが、監督や演出の方に修正されたりしたときに、その時理解しきれなかったり、活かしきれなかったりした部分も、映像になったときに初めて「ああなるほど、そういうことを仰ってたんだな」ということが分かったりするので、オンエアを観て学ぶことが多いですね。だから楽しみながらというよりは学びの時間になっているかもしれませんね、やっぱり。

今までご自身の中で一番印象に残ったのはどのシーンですか?

川上:漱石が担当する小説家(水無瀬 碧)の作品が映画化されることになり、その主演にユウトという人気俳優がキャスティングされ、脚本を無視して好き勝手やろうとするのを止めに行くというシーンです。説得するときのセリフが凄く印象的で、練習してるときから自分で涙ぐんじゃうほどでした。それぐらい素晴らしい脚本だったんですよ。

そのセリフが「命があると思われるものを作るのに、どれだけの苦労や悩みがあったか、あなたにもわかるでしょう」という内容。今、言葉にしているだけでも、ちょっとグッときちゃうほどです。自分が普段曲を作ったり、歌詞を書いたりなど「作る側」の人間なので、北川さんが書かれる脚本に対して、北川さんの葛藤だったり苦労だったりそういうものが表れている気がして、そこに対して僕なりにシンパシーを感じたんですよね。漱石の役柄(編集者)的にはそういった方々を支える側ではあるんですけど、「そうだよな!」と共感しました。

物作りって、物を作る人を支える人たちにもクリエイティブな思考は必要で、そこにどれだけの労力が必要か、精神的にも身体的にも「(苦労や悩みが)あるよな」と自分自身に言われた気がしましたね。

活動10周年となる記念すべきベストアルバムへの想い

ベストアルバムが [A]盤と[C]盤という風に分れていますが、それぞれ曲の分け方に意味合いはあるのですか?

川上:これはですね、今は[Alexandros]っていうバンド名なんですけど、前は [Champagne]っていうバンド名だったんです。それで、[Alexandros]の[A]と、[Champagne]の[C]盤。で、[B]盤があるならブルーレイにしようって(笑)。さらに[D]盤があったらDVDにしようって話していました(笑)。

今回、音源化されていなかった「温度差」をベストアルバムに初収録した理由を教えてください。

川上:ベストアルバムということで、デビュー前の音源もあったほうがいいのかなとなんとなく思ったんです。「温度差」は音源としては正式に出していなくて、昔路上ライブとかで(無料で)配っていた音源だったんです。それを何故かデビューしてからのファンの方たちも知っていてくださったんです。多分、うん、いろんな手法で手に入れてくださったんでしょうね(笑)。でも、だったら自分たちが正式に再レコーディングして、公式に出そうよと。歌詞もアレンジも変えずに収録しました。

このベストアルバムのために改めて歌ってみて、どんな思いがありましたか?

川上:今考えると、あの曲がデビュー前のいわゆる「推し曲」だったんです。アンケートとか、アンケートと言ってもライブハウスの10人もいないようなお客さんたちの中のものなんですけど、みんなこの曲が1番好きだとか言ってくれたし、僕ら自身もこの曲をいろいろな音楽レーベルに送っていたんです。あの曲が我々のデビュー前を支えてくれた曲だったので、その感謝も込めて歌いました。バンドとしての原点的な思考がそこに集約されているなと、改めて歌詞を久々に読んで、歌って思いましたね。そしてその思いは今も変わってないなと改めて感じました。

今年こんな仕事に挑戦してみたい! ということはありますか?

川上:プロデュースをしてみたいです。この前、家入レオさんの曲(ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の主題歌である「空と青」)を作らせていただいたんです。それ以前にも、木村拓哉さんにも曲を書かせて頂いたりしているんですが、普段は自分で曲を作って、自分が歌ってという本当に「エゴ」でしかない作業をしていて…。それがロックバンドの姿だと思うんですけど、そうでなく、ある種〝大きな計画〟の中の一つに加えていただき、あとはもうどなたかにお任せする、いや…”託す”というのが正しいですね。それを経験したときに本当に楽しかったんです。

自分ではどうにも表現できなかったり、表現しきれなかったりする「自分はこう思っているけれど、それをもっと違う形で表現してくれるような人」に託してみたいなと。「僕はこう思って作ったけど、そうなったんだ」みたいな発見っていうのかな。自分の曲を別の方に歌っていただくことで、エゴじゃない新鮮さがあるなと。

自分に子どもがいて、その子が育っていくとき「こういう子供に育ってほしいな」って色々手をかけちゃうけれど「いやでもお父さん、俺はこうやってこういう生き方したいんだ!」って返ってきて、それを受け止める寛容さに近いのかもしれません。「じゃあ、そっちに行ったほうがいいよ」とか「なるほどな、俺は自分の親心で言ってたけど、それを飛び越えたな!」っていう感じなのかな。いや僕、子どもいないですし結婚もしてないんですけどね(笑)。

今、まるでお父さんみたいでしたね。

川上:ですよね(笑)。でも、曲=自分の子どもと考えると、「こういう子どもに育てよう! こうやって育てなきゃダメだ!」って思っていたんですけど、そうじゃない育て方もあるんだなって。わかりやすく言うとそういうことかもしれないです。

川上さん自身の子ども時代のお話もお聞きしたいのですが、子どものころ、シリアでお過ごしになったそうですね。

川上:そうですね。6年間いました。

子どもの頃、海外生活をすることで、得たものはありますか?

川上:海外生活だからということじゃないかもしれないですが、でもそうなのかな。過ごした学校はインターナショナルスクールで、通っているのはシリア人が大多数でしたがアメリカやヨーロッパ、インドの人もいたいわゆる〝人種のるつぼ〟。学校にはいろいろな宗教の人がいて、いろいろな価値観の人がいました。ケンカやいわゆるアジア人差別とかもありました。でも、僕自身はそれを差別と感じていなかったんですよね。「イジられてるのかな」というくらいの感じ。「お前、なんでそんなに目が細いんだよ」と言われてもあんまり深刻に捉えなかったし、「こういう考えの人もいるんだな」とか「自分は日本人でこう見られているんだな」 と客観性が身に付きやすい環境にいた気がします。ずっと日本にいたら「日本人とは」って小学校3年生の子はあまり考えないじゃないですか。

そうかもしれないですね。

川上:でも「お前なんで神様信じてないの?」「お前宗教何なの?」って周りの友達が言うわけですよ。僕が「神様? いや俺、信じてないよ」って言ったときの周りのリアクションを見て、「自分ってこういう風に思われてるんだな、日本ってこう思われてるんだ」と感じて、自分はどうしたらいいんだろうと主観と客観の部分を立体的に捉えられるようになったのかもしれないです。これは得たものとして大きいことだったかもしれないです。

川上洋平さんをもっと知りたい!一問一答

今何をしているときが一番幸せですか?

川上:(即答)仕事、音楽ですね。音楽もそうだしドラマもそうです。仕事です、はい。

ファッションで一番こだわるポイントは?

川上:うーーん。似合ってるかどうか。

仕事で行き詰まったらどうしますか?

川上:ドライブに行きます。

どの辺に?

川上:もうどこでも。何も考えず、決めずに行きます。

ストレス発散法は?

川上:(即答)ドライブです。

川上&編集部:笑

毎日必ず行っているルーティンはありますか?

川上:ドライブですね(笑)。でも、ドライブに行けないときもあるので…。あ、ストレッチです、最近は。朝、必ず起きたらしています、10分ほど。

僕、意外と○○なんです。

川上:僕、意外と猫好きなんです。

みんな結構知ってるかもしれないですね(笑)。

川上:僕意外と…真面目なんです、とか変なのかな。ロックバンドだけど真面目なんです(小声)。

編集部:笑

川上:あとは、タバコを吸わないです。


インタビュー終了後、編集部が準備した差し入れ(カツサンドなど)を「これ、いただいてもいいですか?」という川上さん。一つだけ手にしたので「たくさんお持ちください」と話すと「洋平さん、お肉が好きなんですよ」とスタッフの方。すると、「そうだ、僕、肉好きで大食いです! 焼肉マジで 10人前くらい食べます。だから意外と〇〇なんです、は大食いにしてください」と川上さん。体型維持方法を聞いたところ…「黒烏龍茶です(笑)」とのことでした!

川上洋平さんのサイン入りポラを1名さまにプレゼント!

【応募の方法】
●DomaniのTwitterアカウント(@Domani_magazine)をフォローしてください。
※当選確認の際に必要となります。
●本記事告知ツイートに今回の連載の感想を添えて、リプライ&リツイートしてください。その際、必ず#Domani #川上洋平 #川上洋平サイン入りポラプレゼント希望 のハッシュタグをつけてください。
●応募の締切:3月31日(水)23:59まで
※厳正な抽選にて当選者を決定します。
※当選のご連絡は、4月中旬までにさせていただきます。この連絡をもって当選者の発表と代えさせていただきます。当選についてはTwitterのDMでご連絡させいただきますので、DomaniのアカウントからDMが受け取れる状態にしておいてください。DM送付後、3日以上ご連絡いただけない場合は、自動的に当選キャンセルになりますので、あらかじめご了承ください。
※当落のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※いただいた個人情報はプレゼントの抽選、当選者へのご連絡以外には使用しません。

[Alexandros] ベストアルバム「Where’s My History?」

2021年3月17日(水)発売
【通常盤】(2CD) 3,000 円(税抜)+税
【初回限定盤】(2CD+DVD) 4,300 円(税抜)+税
【初回限定盤】(2CD+Blu-ray) 4,700 円(税抜)+税

<初回限定盤特典>
・特典映像
「The Rest Is History」
メンバー4人が、それぞれ自身のルーツから10周年を迎えた今、バンドへの想い、音楽への想いを赤裸々に語る ロングインタビューで構成。[Alexandros]の History を紐解く60分超の貴重なドキュメンタリー映像。
・BOX 仕様ケース・歌詞ブックレット・セルフライナーノーツ

▶︎[Alexandros]オフィシャルサイト

川上洋平

かわかみ ようへい/6月22日、神奈川県生まれ。ロックバンド[Alexandros]のボーカル&ギター。3月17日に初のベストアルバム『Where’s My History?』をリリース。さらに1月期のテレビドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系・毎週水曜よる10時放送)では主人公の担当編集者・橘漱石役を演じ、話題となっている。

撮影/田中麻以

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事