すごいモノを発見してしまった!【ダイソー】の〝コゲとりスポンジ〟の威力に完敗 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.21

すごいモノを発見してしまった!【ダイソー】の〝コゲとりスポンジ〟の威力に完敗

突然ですがフライパンやケトルのガンコな汚れ、どうしていますか?硬めのブラシやタワシでゴシゴシこすったはいいものの、逆に表面を傷つけてしまうことも。今回は2児のママであり、プチプラアイテムの審美眼が光るエディター川口ゆかりが〝ダイソー〟のお助けアイテムを紹介します。

Text:
川口ゆかり
Tags:

姉さん、事件です。

あの〝ダイソー〟ですごいモノを発見してしまったんです!それがこの「やわらかコゲとりスポンジ」です。見た目はごくごく普通のスポンジと変わらないため、正直そんなに期待せずに購入したのですが期待以上の威力でした。

BEFORE

まずは、わが家のケトルBEFOREをご覧下さい。どうやったってきれいに落とすことは不可能でした。いままでは!

市販の食器洗剤をつけて洗っていきます。スポンジを布で包んでいるから、泡立ちもよく、使い心地がとってもやわらか。

AFTER

見てください!ピカピカに生まれ変わったケトルを。眩しすぎるくらい!裏面もご覧の通り、きれいになってるじゃありませんか。なんでもステンレス繊維を編み込んでいるので、コゲつきやガンコな汚れはしっかり落として、傷がつきにくい仕様になっているのだとか。何度でも使えて¥110はコスパ良すぎでしょう。ただし、フッ素樹脂加工でコーティングした調理器具や漆器、ガラス、ホーローなどには不向きなんだそう。ご注意を。

まだまだ続く長いおうち時間、キッチンを片付けたくなったら迷わずこれを!想像以上の威力にまとめ買いするはずですよ~(笑)。

関連記事

【セリア】生活感がでがちな歯磨き粉をおしゃれ見えさせる優秀カバー
【GU】秋冬のGUで何買う? 環境にもお財布にもやさしい〝サステナブルな新作〟

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事