うるツヤ髪を叶えるおすすめヘアマスク!効果を実感するための正しい選び方や使い方も | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.09.10

うるツヤ髪を叶えるおすすめヘアマスク!効果を実感するための正しい選び方や使い方も

髪のスペシャルケアといえば「ヘアマスク」。自宅で簡単にできるヘアケアのひとつですよね。ですが、このヘアマスク、いつもなんとなく良さそう、という理由で選んでいませんか?また、もしかしたら効果の少ない使い方をしている人もいるかもしれません。今回はおすすめのヘアマスクだけでなく、知っておくべきヘアマスクの選び方、効果を実感できるおすすめの使い方についてもご紹介していきます。

Tags:

【目次】
そもそもヘアマスクとは?どう選ぶのが正解?
順番って?ヘアマスクの正しい使い方
ヘアマスクは毎日使ってもいい?理想的な頻度とは
女性におすすめのヘアマスク

そもそもヘアマスクとは?どう選ぶのが正解?

髪のダメージをケアしてくれるアイテム

ヘアマスクは一般的に、髪のダメージをケアしてくれるヘアケアアイテムのことを言います。

マスクで包み込み、傷んだ髪をなめらかな指通りにする効果が期待されています。

ただしヘアマスクに明確な定義はない

ただしヘアマスクに明確な定義はない
洗剤化学のスペシャリスト、かずのすけさんによれば、ヘアマスクにもヘアパックにも、トリートメントにもコンディショナーにも、実は具体的な定義は存在しないのだそう。

「ドラッグストアに行くと、リンスやコンディショナーヘアマスクなど様々なアイテムが目に入ります。消費者からすると、これらには一体どういう違いがあるのか気になるところではないでしょうか。中には同ブランドに複数のアイテムがある場合、全部重ねてつけたほうがより効果が高まったり、またヘアマスクやトリートメントの方がコンディショナーより上質な成分でできていると思い込んでいる人もいるかもしれません。

ただ、実はこれらのアイテムの呼び方には具体的な定義などは存在せず、メーカーの采配次第でなんとでも呼ぶことができます。市販商品の中には、コンディショナー・トリートメント・ヘアマスクが全てほぼ同じ成分でできているものもあり、同じアイテムを何度も塗り重ねているなんてことも少なくありません。そればかりか、なぜか同じ成分なのにコンディショナーよりヘアマスクの方が値段が倍以上するものなどもあります。商品の呼び名にとらわれず、気に入った使用感のアイテムを1つ用意すれば十分です。」(かずのすけさん)

成分をしっかり確認してから購入する

かずのすけさんの話によると、せっかく髪のスペシャルケアをしようと思っても、ものによってはいつも使っているコンディショナーと同じような成分のアイテムを重ね塗りしてしまう可能性があるということですね…。

では購入時、一体どんなアイテムを選べば良いのでしょうか?

成分をしっかり確認してから購入する
かずのすけさんによれば、まずそもそも傷んだ髪を元通りにすることはできない、という前提でヘアパックを選ぶこと、できるだけダメージを抑制するという意味で【美髪成分】が入っていることを確認すること、この2点が重要だと言います。

「トリートメントとは本来『治療』という意味があるのですが、そもそも人の髪は細胞を持っていない『ケラチン』というタンパク質の塊なので、一旦ダメージを受けるとそれが再生されることは二度とありません。どれだけ高級なトリートメントをしても、一度傷んだ髪を元通りにすることは不可能なのです。そのため、重要なのは『できるだけダメージを受けない』ということで、ダメージを有意に抑制できるアイテムは市販トリートメントでは滅多にお目にかかれません。美髪成分が入ってるかを確認して購入しましょう。」(かずのすけさん)

ちなみに【美髪成分】はさまざまですが、一般的には…

・グリセリン
・セラミドNP
・コラーゲン

などの保湿成分や

・ホホバ脂
・シア脂

などの油分がおすすめされています。

また、

・ヘマチン
・ジメチコン
・加水分解ケラチン
・クエン酸

などの成分はヘアカラーやパーマ後のヘアケアに推奨されているそうなので、ぜひチェックしてみましょう。

順番って?ヘアマスクの正しい使い方

順番はシャンプーの後

ヘアマスクを使うタイミングは、一般的に「シャンプーの後」だと言われています。

ヘアマスクとトリートメントの用途が異なる場合は併用しても良いそうですが、基本的にはヘアマスクを使用する際はトリートメントは使用する必要がないと言われています。

毛先を中心につけたらしばらく置く

毛先を中心につけたらしばらく置く
ヘアマスクは毛先を中心にたっぷりと塗布しましょう。

そのまま少し置いて流しても良いですが、使い捨てのシャワーキャップやホットタオルを巻いた状態で時間を置くと、スチーム効果でヘアマスクのパフォーマンスが急上昇!

15分ほど放置して洗い流せば、傷んでパサパサな髪にもツヤとなめらかさが戻ってくるはずです。

ヘアマスクは毎日使ってもいい?理想的な頻度とは

週に1〜2回使用が理想的

一番は「使用する商品が推奨している頻度」で使うのがおすすめです。そのため、まずはパッケージや商品HPに理想的な使用頻度についての記載がないかどうかをまずチェックしてみましょう。

記載がない場合は、一般的には週に1〜2回程度の使用が推奨されています。毎日使って害があるものではありませんが、髪の痛みが気になるときのスペシャルケアとして使用するのが望ましいようです。

女性におすすめのヘアマスク

アリミノ|コアミー ヘアマスク

アリミノ|コアミー ヘアマスク
(中)

硬毛・太毛、直毛、広がりやすい髪におすすめのヘアマスク。ダメージケアや密度ケア、スタイルケアの3つのケア効果で、まとまりのいいうるおい髪に導く。髪の水分バランスを整えながらボリュームもしっかりキープ。

ジョンマスターオーガニック|R&Aヘアマスク

ジョンマスターオーガニック|R&Aヘアマスク
ローズ&アプリコット

髪を集中的に保湿&補修し、まとまりのあるツヤ髪へと導いてくれるヘアマスク。ダマスクローズの花びら約8700枚分のフローラルウォーター配合で、枝毛や切れ毛を防止。指通りのいい手触りの髪へ。

エヌドット|N. ケラリファイン ダメージケア

エヌドット|N. ケラリファイン ダメージケア
美容室専売品

髪にみずみずしいうるおいを与え、健やかな状態に導くヘアマスク。エモリエント成分シアバターや、補修成分フェザーケラチン、フラーレン、保護成分エルカラクトンなどを配合。ホワイトフローラルの香りにも癒される。

プレディア|アルゲ ヘアマスク カラーケア

プレディア|アルゲ ヘアマスク カラーケア
(左)

ヘアカラー後のケアに特化したヘアマスク。海藻成分配合で、髪に潤いとまとまりを与え、ツヤやかな状態へと導いてくれる。密着感の高い濃厚なテクスチャーの美容成分が、ダメージを受けた髪内部まで浸透。染めたての綺麗な髪色が映える、指通りなめらかな仕上がりに。

サブリミック|アデノバイタル ヘアマスク

サブリミック|アデノバイタル ヘアマスク
髪の内部を美容成分で満たし、ダメージを集中補修してくれるヘアマスク。芯から弾力とボリュームを感じる髪へと整えてくれる。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事