季節別のおすすめ赤ニットコーデ19選【2020】| 30代・40代レディースファッション | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONニット

2020.10.07

季節別のおすすめ赤ニットコーデ19選【2020】| 30代・40代レディースファッション

「赤ニット」のレディースコーデをピックアップ!季節ごとの着こなしを「春・秋」「冬」「夏」に分けてご紹介します。

Tags:

【目次】
赤ニットコーデのポイント
「春・秋」の赤ニットコーデ
「冬」の赤ニットコーデ
「夏」の赤ニットコーデ
まとめ

赤ニットコーデコーデのポイント

コーデに鮮度をもたらし、顔色も明るく映える「赤ニット」。強い色なので難しい色だと思われがちですが、 黒やベージュといったベーシックカラーとの相性は抜群です。そんな赤ニットを上手に着こなすには? アラフォーにおすすめな季節ごとのコーデをご紹介します。

【POINT】
・ダークトーンになりがちな秋冬にはアクセントカラーで取り入れて
・パステルカラーのニットが充実する春夏こそ、赤を選んで女性らしさを

「春・秋」の赤ニットコーデ

【1】チェック柄ジャケット×赤ニット×デニムパンツ

【1】チェック柄ジャケット×赤ニット×デニムパンツ

プレーンなニット、ジャケット、デニム。どれも定番ながらトラッドベースでそろえられたワードローブだから、忙しい朝にパパッと組み合わせても確実におしゃれに仕上がる!家族と過ごす休日は、クリーンなスニーカーでアクティブに。おしゃれも動きやすさも兼ね備えたMyスタイルで、幸せな時間を過ごして。

[Domani2019年10/11月号 89ページ] ジャケット¥105,000(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)ニット¥16,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉)デニム¥16,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)メイド アンド クラフテッド(R)〉)ピアス¥100,000(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター〈ミキモト〉)時計〝ポートフィノ・オートマティック〟[ステンレススティール]¥505,000(IWC) バッグ¥236,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)ストラップ¥66,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) ネックレス¥240,000(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター〈ミキモト〉) スニーカー¥85,000(リエート〈サントーニ〉)

【2】赤ニット×チェック柄パンツ

【2】赤ニット×チェック柄パンツ

存在感がある赤ニットは、一枚でもレイヤードしても重宝するマルチワードローブ。少しでも表情を変えて着回すなら、襟元にスカーフをあしらうのも粋。プレーンな印象が一転、レディらしさがぐっと高まり新鮮な気分。母としての品格が求められる日は、このスタイルで乗り切って。

[Domani2019年10/11月号 86ページ] ニット¥16,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉)パンツ¥56,000(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)バッグ¥180,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉) スカーフ[参考価格]¥23,000(アマン〈アルテア〉) ネックレス¥160,000(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター〈ミキモト〉) ベルト¥15,000(アルアバイル〈メゾン・ボワネ〉) 帽子¥17,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉)

【3】赤ニット×赤カーディガン×黒スカート

【3】赤ニット×赤カーディガン×黒スカート

ときには、ジュエリーをうんと贅沢に重ねづけして。これも大人の女のおしゃれの楽しみ。

[Domani2019年10/11月号 45ページ] 肩にかけたカーディガン¥33,000・ニット¥26,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) スカート¥27,000(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE〉) ブレスレット[YG×DIA]¥1,090,000・リング左手[WG]¥262,500・右手[人さし指上/PG×DIA]¥407,500・[人さし指下/WG×DIA]¥437,500・[中指/YG]¥122,500・[薬指/PG]¥122,500(カルティエ カスタマー サービスセンター〈カルティエ〉) バッグ¥239,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)

【4】チェック柄ジャケット×赤ニット×ベージュパンツ

【4】チェック柄ジャケット×赤ニット×ベージュパンツ

チェック柄で旬を、ビビッドな赤で華やぎを、そしてそでまくりや腰巻きで気負わないラフさを…通勤の定番コーデだからこそ、今の気分を盛り込んでだれよりおしゃれに! 

[Domani2019年10/11月号 42ページ] ジャケット¥60,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ホテル パティキュラー〉) 腰に巻いたカーディガン¥33,000・ニット¥26,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) パンツ¥28,000(MOGA) サングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ネックレス[YG]¥1,610,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉) バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【5】赤ニット×デニムワイドパンツ

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

右のコーデ/マリンブルーの景色に映えるフレンチシックな私は休日限定。ウエスト位置が高めのワイドデニムがクラシックな表情。デニムのシルエットがボリューミーだから、ときには低めの太ヒールでバランスよく。

[Domani2018年10月号 175ページ] 右のコーデ/デニム¥13,889(バナナ・リパブリック) 靴¥13,000(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉) ニット¥21,000(ロンハーマン) スカーフ¥9,000(ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) サングラス¥30,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈モスコット〉) ピアス¥68,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥57,000(ビームス ハウス 丸の内〈アーロン〉)

【6】赤ニット×グレーパンツ

【7】赤ニット×グレーパンツ

朱赤×ライトグレーのコントラストで真面目顔のパンツスタイルがはつ剌とした印象に。お腹まわりにゆとりをもたせた、大人の女性にうれしい設計。厚手のトップスをインしてもきれい。

[Domani2018年10月号 94ページ] 〝ユニクロ〟のパンツ¥2,990・〝ユニクロユー〟のニット¥4,990[一部店舗のみで発売]・手に持った〝イネス・ド・ラ・フレサンジュ〟のジャケット¥9,990[一部店舗のみで発売](UNIQLO) ピアス¥33,000(アガット) バッグ¥41,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) 靴¥19,500(ダイアナ 原宿店〈ダイアナ ロマーシュ〉)

【7】ベージュコート×赤ニット×デニムワイドパンツ

【8】ベージュコート×赤ニット×デニムワイドパンツ

リメーク系のワイドなデニムに、長め丈のトレンチをON。通勤とは違って、ゆるっと着るのがポイント。キャスケットやマニッシュなシューズの小物で、カジュアルにしすぎず、小粋に決めて。

[Domani2018年6月号 77ページ] 〝ビーサイズ〟のデニム¥68,000・〝パコ ラバンヌ〟のバッグ¥145,000(エストネーション) コート¥40,000(ジャーナル スタンダード 自由が丘店〈ジャーナル スタンダード ニュウ〉) ニット¥14,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 帽子¥2,990(index) リング¥68,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) 靴¥55,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山

【8】ベージュコート×赤ニット×グレーパンツ

【9】ベージュコート×赤ニット×グレーパンツ

ゆったりとしたそで付けと長めの着丈が優秀な旬トレンチ。やや抜けた感じを意識して、シルエットの今っぽさを楽しみたい。

[Domani2018年5月号 143ページ] コート「ボリュームスリーブトレンチコート」[ベルト付き]¥4,990(GU) パンツ¥25,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ニット¥33,000(FUN Inc.〈VONDEL〉) 帽子¥2,500(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店〈ニューハッタン〉) バッグ¥20,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉) スニーカー¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) バングル¥7,195(アビステ)

「冬」の赤ニットコーデ

【1】茶色コート×赤ニット×ベージュスカート

【1】茶色コート×赤ニット×ベージュスカート

シンプルスタイルだからこそキャッチーな小物が有効!根っからのシンプル好きな〝きれいめハンサム〟派。だからこそ、ちょっとした小物使いにおしゃれのセンスが表れる。この冬ヘビロテしているチェスターコートも、上からベルトを巻くだけで一気に鮮度がUP。マンネリしがちなアウターのおしゃれの幅を賢く広げて。

[Domani2019年12/1月号 32ページ] コート¥86,000(アングローバル〈イレーヴ〉)ブーツ[ヒール8.5㎝]¥159,000(JIMMY CHOO)ニット¥24,000(シップス アトレ恵比寿店〈スローン〉) スカート¥18,000(カレンソロジー青山〈カレンソロジー〉) ベルト[参考価格]¥15,000(アマン〈アトリエ アンボワーズ〉) バッグ¥30,000(エリオポール代官山〈マルコ マージ〉) © 2019 Peanuts

【2】茶色コート×赤ニット×赤スカート

【2】茶色コート×赤ニット×赤スカート

ムートンの辛さをいかしたセンシュアルなワントーンコーデ。土っぽい赤みブラウンが今季らしいムートンコートはリバーシブルでコスパも良好! 細身のすっきりとしたシルエットを生かして、きれいめに。赤の鮮烈なインパクトで、シンプルな着こなしながら、強く、ビビッドな存在感。

[Domani2018年12月号 152ページ] コート¥43,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈アーバンコード〉) ニット¥33,000(スティーブン アラン トーキョー〈アデタシェ〉) スカート¥72,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 帽子¥16,500(RHC ロンハーマン〈ブリクストン〉) ネックレス¥15,000(チェルキ〈ギャレッタ〉) バッグ¥65,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 靴¥33,000(F.E.N.〈プリティ・バレリーナ〉)

【3】茶色ジャケット×赤ニット×チェック柄スカート

【3】茶色ジャケット×赤ニット×チェック柄スカート

ほっこりしがちなブラウンコーデを赤のチラ見せで鮮度高く。シルク100%のなめらかな素材とほのかな光沢が女らしい。ゆとりのあるフォルムながら、肩がフィットするつくりのため、適度なきちんと感を実現してくれる。コーデュロイジャケット×チェック柄スカートのトラッドな装いに、あえてファーサンダルを合わせて足元を抜くのが、大人の余裕。

[Domani2018年12月号 74ページ] ニット¥25,000(スローン) ジャケット¥95,000・スカート¥67,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) 眼鏡¥34,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥83,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 時計¥22,000(ダニエル・ウェリントン 原宿〈ダニエル・ウェリントン〉) バッグ¥317,000(アパルトモン 青山店〈マーク クロス〉) 靴¥32,000(アマン〈マウロ・デ・バーリ〉)

【4】グレーコート×赤ニット×グレーパンツ

【4】グレーコート×赤ニット×グレーパンツ

グレーの着こなしのインに赤をプラスするだけで格段にこなれて見える。

[Domani2018年12月号 37ページ] コート¥150,000(マディソンブルー) ニット¥12,500(ノーリーズソフィー品川店〈ノーリーズソフィー〉) パンツ¥23,000(エドウイン・カスタマーサービス〈ジョーズ・ジーンズ〉) ブレスレット¥36,000(ミックステープ〈chigo〉) リング¥88,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥36,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈マルコマージ〉) 靴¥76,000(ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店〈アクアズーラ〉)

「夏」の赤ニットコーデ

【1】赤ニット×赤カーディガン×白スカート

【1】赤ニット×赤カーディガン×白スカート

ツインニットをお嬢さん風に見せないためには、辛口のタイトスカートや黒小物がひと役。

[Domani2019年8/9月号 63ページ] カーディガン¥20,000・ニット¥17,000・スカート¥22,000(エストネーション〈エストネーション〉) 時計¥334,000(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店〈ポアレ〉) 椅子に置いたバッグ¥40,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈イアクッチ〉) 靴¥78,000(アルアバイル〈ニナリッチ〉)メンズ/〝エストネーション〟のジャケット¥39,000・パンツ¥19,000・シャツ¥15,000・〝アット ヴァンヌッチ〟のネクタイ¥33,000(エストネーション) その他/本人私物

【2】赤ニット×チェックタイトスカート

【2】赤ニット×チェックタイトスカート

真面目なイメージのトラッドスタイルを、女らしく快活にアップデート。明るい配色が好感度高めのトラッドは、はじめましてのシーンにもぴったり。ポインテッドトウで辛口に寄せると、ほっこり見えない。

[Domani2019年6/7月号 84ページ] 靴4.5]¥69,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)ニット¥7,315(バナナ・リパブリック) スカート¥19,000(エリオポール代官山〈エリオポール〉) ピアス¥20,000(マユ アトリエ〈マユ〉) ネックレス¥440,000(フラッパーズ〈プラウ〉) 時計¥22,000(コモノ東京〈コモノ〉) バッグ¥157,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

【3】ストライプワンピース×赤ニット×茶色スカート

【3】ストライプワンピース×赤ニット×茶色スカート

開襟シャツワンピースは、通勤スタイルのはおりとしても活躍。

[Domani2019年6/7月号 148ページ] ワンピース¥32,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) ニット¥6,400(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) 〝エストネーション〟のスカート¥20,000・〝ネウス〟の靴¥78,000(エストネーション) バッグ¥129,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

【4】赤ニット×黒チェック柄スカート

【4】赤ニット×黒チェック柄スカート

今シーズン、ブームが再燃しているギンガムチェック。大きめのブロックパターンを選べば、甘くなりすぎず大人の装いにもぴったりハマるリッチさが手に入る。かっちりフォルムのカゴバッグ片手に、遠目からも印象的なフレンチシックな装いに。

[Domani2018年7月号 75ページ] スカート¥8,900(CLEAR IMPRESSION) ニット¥9,000(メゾン イエナ〈イエナ〉) イヤリング¥7,200(アビステ) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥39,000(コード〈VASIC〉) 靴¥29,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【5】赤ニット×水色スカート

【5】赤ニット×水色スカート

大きく取られたプリーツがトラッドな印象のリネンスカート。テラコッタとグレイッシュなブルーの配色の妙が、コーディネートの完成度を上げてくれる。せっかくのカジュアル通勤デー、かごバッグやメッシュサンダルで夏気分を満喫。

[Domani2018年7月号 56ページ] スカート¥2,490(セブンデイズサンデイダイバーシティ東京プラザ〈セブンデイズサンデイ〉) ニット¥11,574(COS 銀座店) ピアス¥590(GU) バッグ¥59,000(ハリス代官山店〈ドラゴン〉) 〝マニプリ〟のスカーフ¥12,000・〝アレクサンドル バーマン〟の靴¥88,000(エストネーション)

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

ともすれば子供っぽくなりがちな、赤いニットとデニムの組み合わせ。それを女っぽいシルエットやエッジの利いた小物のチョイスで、上手にアップグレード。安い服をそうとは思わせないテクニックが、思う存分発揮されて。

[Domani2018年7月号 45ページ] パンツ[共布ベルト付き]¥3,900(ロペ ピクニック)〝ティッカ〟のニット¥24,000・〝ソフィ ブハイ〟のピアス¥53,000(フレームワーク 自由が丘店) バングル¥56,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) バッグ¥13,000(ロペ ピクニック) 靴¥7,778(マミアン本店 カスタマーサポート〈マミアン〉)

【7】水色ジャケット×赤ニット×カーキスカート

【7】水色ジャケット×赤ニット×カーキスカート

背中が大胆に開いた、赤のノースリーブニット。カーキのチノ風スカートで色気をかっこよく振り切って。さらに、サックスブルーのジャケットやヘアゴムでマイルドさを少々。

[Domani2018年5月号 64ページ] 〝Theory2.0〟のニット¥16,000・〝Theory〟のジャケット¥42,000(Theory) スカート¥39,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈エリン〉) へアゴム¥5,000(RHC ロンハーマン〈ジェニファー オーレット〉) 〝ザネラート〟のバッグ¥89,000・バッグに付けた〝アルテア〟のスカーフ¥25,000[参考価格](アマン) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

まとめ

差し色としても映える赤ニットのコーデをご紹介しました。コーデが地味になってしまうというときにも便利なアイテムです。ぜひ、赤ニットをコーデに取り入れてみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事