Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONニット

2021.10.29

赤ニットの季節別おしゃれコーデ22選【2021】知っておきたいレディースの着こなし術

「赤ニット」のレディースコーデをピックアップ!季節ごとの着こなしを「春・秋」「冬」「夏」に分けてご紹介します。

Tags:

【目次】
赤ニットコーデのポイント
「春・秋」の赤ニットコーデ
「冬」の赤ニットコーデ
「夏」の赤ニットコーデ
まとめ

赤ニットコーデコーデのポイント

コーデに鮮度をもたらし、顔色も明るく映える「赤ニット」。強い色なので難しい色だと思われがちですが、 黒やベージュといったベーシックカラーとの相性は抜群です。そんな赤ニットを上手に着こなすには? アラフォーにおすすめな季節ごとのコーデをご紹介します。

【POINT】
・ダークトーンになりがちな秋冬にはアクセントカラーで取り入れて
・パステルカラーのニットが充実する春夏こそ、赤を選んで女性らしさを

「春・秋」の赤ニットコーデ

【1】チェック柄ジャケット×赤ニット×デニムパンツ

【1】チェック柄ジャケット×赤ニット×デニムパンツ

プレーンなニット、ジャケット、デニム。どれも定番ながらトラッドベースでそろえられたワードローブだから、忙しい朝にパパッと組み合わせても確実におしゃれに仕上がる!家族と過ごす休日は、クリーンなスニーカーでアクティブに。おしゃれも動きやすさも兼ね備えたMyスタイルで、幸せな時間を過ごして。

▶︎【きれいめトラッド派】なら、やっぱりこの王道コーデが最高!

【2】赤ニット×チェック柄パンツ

【2】赤ニット×チェック柄パンツ

存在感がある赤ニットは、一枚でもレイヤードしても重宝するマルチワードローブ。少しでも表情を変えて着回すなら、襟元にスカーフをあしらうのも粋。プレーンな印象が一転、レディらしさがぐっと高まり新鮮な気分。母としての品格が求められる日は、このスタイルで乗り切って。

▶︎【明日、何着る?】襟元にスカーフを巻くだけで、一気にレディライクに

【3】黒ジャケット×赤ニット×黒デニムパンツ

【3】黒ジャケット×赤ニット×黒デニムパンツ

仕事先から子どものお迎えへダッシュ!って日は、軽快なスキニーデニム&ダッドスニーカーが頼りになる。デニムでもマットな黒のストイックな表情が、カジュアルさを軽減。 さらにリュックはラフなナイロンよりアクセサリー感覚の華奢ストラップのレザータイプで、リュクスな奥行きを♡ 

▶︎効かせ色に使えるのは【コクのある赤茶】!

【4】赤ニット×赤カーディガン×黒スカート

【4】赤ニット×赤カーディガン×黒スカート

ときには、ジュエリーをうんと贅沢に重ねづけして。これも大人の女のおしゃれの楽しみ。

▶︎たまにはジュエリーを贅沢に重ねづけ!これも大人の女のおしゃれの楽しみなんです

【5】チェック柄ジャケット×赤ニット×ベージュパンツ

【5】チェック柄ジャケット×赤ニット×ベージュパンツ

チェック柄で旬を、ビビッドな赤で華やぎを、そしてそでまくりや腰巻きで気負わないラフさを…通勤の定番コーデだからこそ、今の気分を盛り込んでだれよりおしゃれに! 

▶︎ぶっちゃけ服は少なければ少ないほど、おしゃれになれるって本当ですか?【服はたった5枚あればいい♡】

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

右のコーデ/マリンブルーの景色に映えるフレンチシックな私は休日限定。ウエスト位置が高めのワイドデニムがクラシックな表情。デニムのシルエットがボリューミーだから、ときには低めの太ヒールでバランスよく。

▶︎最も簡単にデニムをおしゃれにはくならこういうこと!

【7】赤ニット×グレーパンツ

【7】赤ニット×グレーパンツ

朱赤×ライトグレーのコントラストで真面目顔のパンツスタイルがはつ剌とした印象に。お腹まわりにゆとりをもたせた、大人の女性にうれしい設計。厚手のトップスをインしてもきれい。

▶︎きちんとなのに地味じゃないグレーパンツスタイル【アラフォー的今日のコーデ】

【8】ベージュコート×赤ニット×デニムワイドパンツ

【8】ベージュコート×赤ニット×デニムワイドパンツ

リメーク系のワイドなデニムに、長め丈のトレンチをON。通勤とは違って、ゆるっと着るのがポイント。キャスケットやマニッシュなシューズの小物で、カジュアルにしすぎず、小粋に決めて。

▶︎3連休の最終日はお気に入りのワイドデニムでとことん休日仕様に【明日のコーデ】

【9】ベージュコート×赤ニット×グレーパンツ

【9】ベージュコート×赤ニット×グレーパンツ

ゆったりとしたそで付けと長めの着丈が優秀な旬トレンチ。やや抜けた感じを意識して、シルエットの今っぽさを楽しみたい。

▶︎梅雨寒シーズンに【GU】のトレンチが超優秀!【明日のコーデ】

「冬」の赤ニットコーデ

【1】赤ニットワンピース

【1】赤ニットワンピース

バルーンシルエットのゆるさに赤の女っぽさが際立つ〝映え〟な一枚。ドレスさながらの風格漂うボリュームたっぷりのニットワンピース。ゆるっとシルエットながら、前後にシーム入りですっきり見えもかなえるデザイン。 女らしさの高い1枚なので旬のワークブーツではずすのが今年っぽい。

▶︎ドレスさながらの風格漂うニットワンピース、今年っぽく着こなすには?

【2】赤ニット×茶色オールインワン

【2】赤ニット×茶色オールインワン

リズムよく散らした赤の存在が着こなしをブラッシュアップ。ワンポイント使いでも映えるのが赤の魅力のひとつ。 キャメルのオールインワンのこなれ感にさりげない女っぽさを足して。

▶︎キャメルと赤ってこんなに相性がよかったんだ♡

【3】茶色コート×赤ニット×ベージュスカート

【3】茶色コート×赤ニット×ベージュスカート

シンプルスタイルだからこそキャッチーな小物が有効!根っからのシンプル好きな〝きれいめハンサム〟派。だからこそ、ちょっとした小物使いにおしゃれのセンスが表れる。この冬ヘビロテしているチェスターコートも、上からベルトを巻くだけで一気に鮮度がUP。マンネリしがちなアウターのおしゃれの幅を賢く広げて。

▶︎いつものコートにベルトをオンして着こなしにアレンジを

【4】茶色コート×赤ニット×赤スカート

【4】茶色コート×赤ニット×赤スカート

ムートンの辛さをいかしたセンシュアルなワントーンコーデ。土っぽい赤みブラウンが今季らしいムートンコートはリバーシブルでコスパも良好! 細身のすっきりとしたシルエットを生かして、きれいめに。赤の鮮烈なインパクトで、シンプルな着こなしながら、強く、ビビッドな存在感。

▶︎【ムートン】で作るセンシュアルなコーデって!? |大人のふわもこ願望かなえます!

【5】茶色ジャケット×赤ニット×チェック柄スカート

【5】茶色ジャケット×赤ニット×チェック柄スカート

ほっこりしがちなブラウンコーデを赤のチラ見せで鮮度高く。シルク100%のなめらかな素材とほのかな光沢が女らしい。ゆとりのあるフォルムながら、肩がフィットするつくりのため、適度なきちんと感を実現してくれる。コーデュロイジャケット×チェック柄スカートのトラッドな装いに、あえてファーサンダルを合わせて足元を抜くのが、大人の余裕。

▶︎おしゃれな人のジャケットのインは、【半袖のニット】でした

【6】グレーコート×赤ニット×グレーパンツ

【6】グレーコート×赤ニット×グレーパンツ

グレーの着こなしのインに赤をプラスするだけで格段にこなれて見える。

▶︎ハンサム顔の通勤コーデ、グレーが地味にならないポイントはコレです!

「夏」の赤ニットコーデ

【1】赤ニット×赤カーディガン×白スカート

【1】赤ニット×赤カーディガン×白スカート

ツインニットをお嬢さん風に見せないためには、辛口のタイトスカートや黒小物がひと役。

▶︎カラーツインニットを脱甘で着るなら合わせたいのは黒小物!

【2】赤ニット×チェックタイトスカート

【2】赤ニット×チェックタイトスカート

真面目なイメージのトラッドスタイルを、女らしく快活にアップデート。明るい配色が好感度高めのトラッドは、はじめましてのシーンにもぴったり。ポインテッドトウで辛口に寄せると、ほっこり見えない。

▶︎好感度抜群!今どきなトラッドコーデの作り方【明日、何着る?】

【3】ストライプワンピース×赤ニット×茶色スカート

【3】ストライプワンピース×赤ニット×茶色スカート

開襟シャツワンピースは、通勤スタイルのはおりとしても活躍。

▶︎困ったときのシャツワンピ!前開きで着るのもまた素敵【今日何着る?】

【4】赤ニット×黒チェック柄スカート

【4】赤ニット×黒チェック柄スカート

今シーズン、ブームが再燃しているギンガムチェック。大きめのブロックパターンを選べば、甘くなりすぎず大人の装いにもぴったりハマるリッチさが手に入る。かっちりフォルムのカゴバッグ片手に、遠目からも印象的なフレンチシックな装いに。

▶︎大人のギンガムチェック、何を選ぶのが正解?【Domani7月号から人気コーデ】

【5】赤ニット×水色スカート

【5】赤ニット×水色スカート

大きく取られたプリーツがトラッドな印象のリネンスカート。テラコッタとグレイッシュなブルーの配色の妙が、コーディネートの完成度を上げてくれる。せっかくのカジュアル通勤デー、かごバッグやメッシュサンダルで夏気分を満喫。

▶︎義実家へ帰省、そんなときは程よく上品な着こなしを意識!【今、着たいコーデ】

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

【6】赤ニット×デニムワイドパンツ

ともすれば子供っぽくなりがちな、赤いニットとデニムの組み合わせ。それを女っぽいシルエットやエッジの利いた小物のチョイスで、上手にアップグレード。安い服をそうとは思わせないテクニックが、思う存分発揮されて。

▶︎3,900円のパンツが高見え!な夏満喫コーデって?【明日のコーデ】

【7】水色ジャケット×赤ニット×カーキスカート

【7】水色ジャケット×赤ニット×カーキスカート

背中が大胆に開いた、赤のノースリーブニット。カーキのチノ風スカートで色気をかっこよく振り切って。さらに、サックスブルーのジャケットやヘアゴムでマイルドさを少々。

▶︎脱いだらドキッ!?な色っぽスタイルって!?【Domani5月号から人気コーデ】

まとめ

差し色としても映える赤ニットのコーデをご紹介しました。コーデが地味になってしまうというときにも便利なアイテムです。ぜひ、赤ニットをコーデに取り入れてみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事