インテグレートの眉マスカラが優秀!全カラーと相性のいい髪色を紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.01.14

インテグレートの眉マスカラが優秀!全カラーと相性のいい髪色を紹介

インテグレートの眉マスカラ。プチプラなのにクオリティが高く、思い通りのメイクができると人気があるアイテムです。そこで今回はインテグレートの眉マスカラ「ニュアンスアイブローマスカラ」の全カラーとその特徴を調査!おすすめの使い方も一緒に紹介していくので、まだ使ったことがない人は要チェックです!

Tags:

【目次】
インテグレートの眉マスカラ、人気の秘密は?
ニュアンスアイブローマスカラは全5色
インテグレート眉マスカラのおすすめの使い方

インテグレートの眉マスカラ、人気の秘密は?

マスカラなのにパウダー仕上げ

インテグレートの眉マスカラ「ニュアンスアイブローマスカラ」(¥880/税込)は、マスカラなのにふんわりとしたパウダー仕上げなのが特徴的。パウダーフィニッシュ処方により乾いてもパリパリにならず、ペタッと張り付くこともなく、一本一本染め上げたようなやわらかな色合いで女性らしさをアップさせてくれると人気です。

可愛らしいパッケージの上、試しやすいお手頃価格なのも◎!

皮脂や汗に強いのでメイクの仕上がりを長時間キープするのに、お湯で簡単に落とせるところも人気の秘密です。

ニュアンスアイブローマスカラは全5色

BR671(モカブラウン)

インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR671(モカブラウン)

おすすめな人→黒髪や暗めの髪色の人

BR671(モカブラウン)は5つのカラーバリエーションの中で、一番赤みが強く暗めの髪色にぴったりだと言われています。芯の強さがありながら、優しい雰囲気に仕上がると大人の女性に人気が高いそうです。

BR672(ナチュラルブラウン)

インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR672(ナチュラルブラウン)
おすすめな人→やや暗めの髪色の人

BR672(ナチュラルブラウン)は使いやすい万能カラー。BR671よりもやや赤みを抑えた自然なカラーで、ヘルシーで大人っぽい雰囲気に仕上がると言われています。

BR773(アッシュブラウン)

インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR773(アッシュブラウン)

おすすめな人→やや明るめの髪色の人

BR773(アッシュブラウン)は、ちょうど黄みと赤みの中間のブラウン。メイク全体のトーンをナチュラルに仕上げ、抜け感のある眉になると人気があるようです。

BR774(ミルクブラウン)

インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR774(ミルクブラウン)

おすすめな人→明るめの髪色や金髪の人

BR774(ミルクブラウン)はシリーズの中で一番明るく黄みが強い色。元々の眉が濃い人も、BR774ならふんわりとトーンアップしてくれます。外国人風な髪色とも相性が良いと言われているそうです。

BR380(ソフトアッシュ)

インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR380(ソフトアッシュ)

おすすめな人→やや明るめ〜明るめの髪色の人

BR380(ソフトアッシュ)は5つの中で一番新しく、明るめながら赤みと黄みのちょうど真ん中くらいの髪色に似合うと言われています。ひと塗りで一気に垢抜けフェイスが叶うと人気の新色です。

インテグレート眉マスカラのおすすめの使い方

不要な液をティッシュオフする

眉マスカラを上手に塗るポイントは「付けていることが分からないほど自然に見せる」こと。液が多すぎるとのっぺりとした眉になったり、地肌にまで色がついたりしてしまう可能性があります。

そのためまずは、不要な液をオフすることが重要です。

不要な液をティッシュオフする
(C)Shutterstock.com

ブラシをボトルから抜いたら、ボトルのフチを使ってしごく、または軽くティッシュオフして余分な液を拭き取りましょう。

とくに購入後すぐの眉マスカラは、液がたっぷりついてくるので念入りに拭う必要があります。

また、中身が少なくなってくると液粘度が高まる可能性もあるので、ダマができないように注意しましょう。

眉尻から毛流れに逆らって塗る

眉への塗布は、眉尻から眉頭に向かい「毛の流れに逆らうようにして塗る」のが基本です。

さらにこのとき「下から上にジグザグ」とブラシを動かしながら塗ることで、眉毛1本1本にまんべんなく色をのせることができます。

色がのったら、今度は毛流れに沿って軽くとかすイメージでブラシを動かしていきましょう。最後、毛並みに沿ってコームで眉をとかすと、万が一液をつけすぎても自然な仕上がりになります。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事