【眉マスカラ】おすすめ5選|似合う色を選んであか抜け顔に | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYNO痛!ワーママメークのおきて

2019.09.16

【眉マスカラ】おすすめ5選|似合う色を選んであか抜け顔に

「眉マスカラ」は、一塗りでぐっと目元があか抜ける、最近話題のコスメです。髪色や手持ちのアイカラーに合う色を選ぶと、落ち着きのある自然な眉メイクが完成するでしょう。眉マスカラのおすすめ商品と、きれいに塗るコツを紹介します。

【目次】
自分にぴったりな眉マスカラの選び方
プチプラからデパコスまでおすすめ眉マスカラはコレ
眉マスカラを上手に使うポイント

自分にぴったりな眉マスカラの選び方

眉マスカラには、色の系統や明るさによって、さまざまなタイプがあります。はじめに、自分にぴったりの眉マスカラを選ぶポイントを解説していきましょう。

(C)Shutterstock.com

髪や瞳を参考にする

眉マスカラの色は、眉に最も場所が近い、髪や瞳の色に合わせるのが基本です。眉の色が、髪の色とかけ離れていると違和感が生まれ、不自然な印象になるので注意しましょう。

ブラウン系の髪色の方は、イエロー系やレッド系から選ぶのがポイントです。イエロー系なら「ライトブラウン」や「イエローブラウン」、レッド系なら「ナチュラルブラウン」や「オレンジブラウン」「ピンクブラウン」がおすすめです。

系統がはっきりしない場合は「ライトブラウン」や「ナチュラルブラウン」にしておくと失敗がありません。いずれの場合も、髪色よりワントーン明るめの色を選ぶと、すっきりとあか抜けた印象にできます。

瞳の色やアイシャドウの色も意識すると、より統一感が出せます。髪色と同じく、イエロー系かレッド系で使い分けると良いでしょう。

黒髪ならグレー系がおしゃれ

最近人気が高まってきた黒髪ですが、シャープなイメージが強いため、ふんわり明るいブラウン系の眉マスカラはあまり似合いません。髪色と同じ濃い黒も、主張が強すぎて暗く、重たい印象になってしまいます。

黒髪を活かした、おしゃれな眉を表現するには、「黒より少し明るめのグレー系」を選ぶのがおすすめです。

「アッシュグレー」などのスモーキーな色味なら、黒髪が引き立ち、あか抜けた印象を与えてくれるでしょう。落ち着いた雰囲気になるので、改まった席にもおすすめです。

プチプラからデパコスまでおすすめ眉マスカラはコレ

ここからは、眉マスカラの人気商品をピックアップして紹介します。まずは眉マスカラが初めての方や、色々なカラーを揃えたい方におすすめの、プチプラ商品を見ていきましょう。

(C)Shutterstock.com

ヘビーローテーション「カラーリングアイブロウ」

ヘビーローテーションの「カラーリングアイブロウ」は、髪色に合わせやすい、豊富なカラーバリエーションが魅力です。ブラウン系だけでも6色あり、アッシュベージュやアッシュグレーを合わせると、計8色から選べます。

1000円でおつりがくる低価格ながら、一度塗るだけでしっかり色づき、無駄がありません。さらに保護成分の「パンテノール」配合で、眉毛や肌へのダメージが気になる方でも、安心して使えます。

お財布にも肌にも優しい、おすすめの眉マスカラと言えるでしょう。ブラシが地肌に付きにくく、簡単に塗れるので、朝のメイクを手短に済ませたい多忙なママにもおすすめです。

商品名:ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ
価格:700円(税込)

ケイト「3Dアイブロウカラー」

ケイトの「3Dアイブロウカラー」は、ワックス成分(ミツロウ)が配合されており、眉毛を立体的にふんわりとキープしてくれます。ムラなく塗れるように工夫されたコンパクトブラシで、眉毛1本1本がきちんと色づき、とても自然な仕上がりです。

また、パールが入っていない「マットカラー」なので、キラキラ系のコスメが苦手な方でも抵抗なく使えます。ビジネスシーンや学校の保護者会など、落ち着いたメイクで決めたいときにもおすすめです。

商品名:ケイト 3Dアイブロウカラー
価格:918円(税込)

インテグレート「ニュアンスアイブローマスカラ」

インテグレートの「ニュアンスアイブローマスカラ」は、マスカラというより、パウダータイプのアイブロウのような使用感が特徴です。「パウダーフィニッシュ」処方によって、乾いてもパリパリにならず、ふんわりした質感が長時間続きます。

ピンクパールを配合した柔らかな色合いは、ナチュラルメイクの仕上げにも最適です。赤にブラウンのハートをあしらった、かわいらしいパッケージで、楽しくメイクができます。

商品名:インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ
価格:864円(税込)

 

エレガンス「エアリーアイブロウマスカラ」

エレガンスの「エアリーアイブロウマスカラ」は、ベースにシルバーパールを配合し、まるで産毛のような軽やかさを演出してくれる眉マスカラです。一塗りでパウダー成分がしっかりと絡み、ふんわりとした立体的な眉に仕上がります。

汗や皮脂に強い「ウォータープルーフ処方」で、1日中つけたての美しさをキープできるのも魅力です。高級感のあるゴールドのパッケージや、オリエンタルフローラルの香りなど、デパコスらしさが全開で、メイク中も優雅な気分を味わえます。

商品名:エレガンス エアリーアイブロウマスカラ
価格:4590円(税込)

ETVOS「ミネラルカラーリングアイブロウ」

天然ミネラルのみで作られたコスメブランド、ETVOS(エトヴォス)の「ミネラルカラーリングアイブロウ」は、肌への刺激を極力抑えたい方にぴったりの眉マスカラです。

保護成分のパンテノールや、カミツレエキス、ハトムギ種子エキスなどの美容成分が配合されており、日中も地肌や眉毛をすこやかに保ちます。

一般的な眉マスカラと変わらない発色力とキープ力がありながら、「石けんで簡単に落ちる」ので、クレンジングの必要がありません。ファンデーションはさぼりたいけど眉だけは整えたいといった、休日メイクにも重宝するでしょう。

商品名:ETVOS ミネラルカラーリングアイブロウ
価格:2940円(税込)

眉マスカラを上手に使うポイント

眉マスカラは、付けていることが分からないほど、自然に見せるのが成功のポイントです。しかしマスカラ液は粘度が高いため、塗り方が悪いとすぐにダマやムラが目立つ、不自然な仕上がりになってしまいます。

液を付けすぎてのっぺりした眉になったり、地肌にまで色が付いたりと、失敗してしまうケースも少なくありません。上手に塗れず、使用をあきらめてしまう方もいるほどです。最後に誰もが上手に塗れる、眉マスカラのテクニックを紹介します。

(C)Shutterstock.com

まずは不要な液を拭い取る

ボトルから抜いたブラシをいきなり眉に当てると、液が一度に付きすぎて不自然になります。まつ毛用のマスカラと同じように、塗る前に、「ボトルのフチ」でブラシをしごいたり、軽く「ティッシュ」を当てたりして、余分な液を拭い取りましょう。

とくに買ったばかりの頃は、液がたっぷりと付いてくるので、念入りに拭う必要があります。また、中身が少なくなってくると、液の粘度が高まり、ダマができやすいので注意しましょう。

ジグザグに塗ったら毛並みを整える

液を拭ったら、「眉尻から眉頭」に向かって、毛の流れに逆らうように塗ります。このとき、ブラシを「下から上にジグザグ」に動かしながら塗っていくと、眉毛1本1本にまんべんなく色を乗せられるでしょう。

次に、「毛の流れに沿って、軽くとかすように」ブラシを動かしていきます。最後に、毛並みに沿って眉をコームでとかすと、付けすぎた液が取れて、より自然な仕上がりが実現できます。

あわせて読みたい
▶︎平行眉の描き方をおさらい!不自然にならない美人眉の整え方&剃り方ポイントも伝授!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事