知らないと恥ずかしい!「ご高配」の正しい意味は!? 例⽂・類語・注意点もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.04.09

知らないと恥ずかしい!「ご高配」の正しい意味は!? 例⽂・類語・注意点もご紹介

挨拶やお礼、案内文などの改まった文章の中で使用される「ご高配」というフレーズですが、一体どのような意味なのでしょうか? 今回は、意味から例⽂、類語、注意点までご紹介します。

Tags:

【目次】
「ご高配」の意味や読み⽅とは?
使い⽅を例⽂でチェック
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現は?
最後に

「ご高配」の意味や読み⽅とは?

まずは、意味や読み方を見ていきましょう。そのあとには、ビジネス等でつかう時の注意点もご紹介していきます。

ご高配 意味

(C)Shutterstock.com

<読み⽅と意味>

ご高配」は「ご こうはい」と読みます。

「ご高配」の「高配」とは、「他人を敬って、その心配りをいう語」(小学館『デジタル大辞泉』より)

さらに、文字を「高」と「配」にわけて解説すると、「高」は相手への敬意を表し、「配」は「配慮」を意味しています。

つまり、「ご高配」とは、相手からの心配りを敬っていう言葉。「いつもお世話になっております」というような意味合いで使います。

<ビジネス等で使う時の注意点>

自分や対等の相手、目下の人には使わない

「ご高配」は、相手からの心配りを敬った表現です。自分が相手にする気遣いに対して、「ご高配」や「高配」とするのは、誤った表現です。また、敬語である「ご高配」は、対等や目下の人に使うのは相応しくないので、ご注意下さい。

社外に対して使う表現

「ご高配」は格式高い表現ですので、目上の人であっても、社内の人に対して使うことはありません。主に、取引先や顧客に対して使う表現になります。社内の目上の人に対しては、「ご配慮」や「お気遣い」を使いましょう。

(例)
×「部長からのご高配、ありがたく存じます」
○「部長からのご配慮、ありがたく存じます」

【こちらの記事もチェック】仕事ができる人は「ご配慮」をサラリと使う! 意味や使い方、類語を解説

書き言葉(文語表現)である

「ご高配」は、メールやビジネス文書などに使われる書き言葉です。話し言葉としては、スピーチなどで「ご高配~」と、耳にすることもありますよね。改まったシーンでのスピーチであれば、問題ありません。

しかし、それほど改まっていないシーンで「ご高配~」と言うと、堅苦しい印象を与えかねません。加えて、口頭では言葉の意味が想像がしづらい為、伝わりにくい表現と言えます。「ご高配」は、書き言葉として使うのがベターでしょう。

使い⽅を例⽂でチェック

「ご高配」は、主にビジネスメールや文書で使われますが、普段のやり取りで使う表現ではありません。では、どんな時に使うのか? というと、挨拶やお礼、案内文などの改まった文章の中で使われます。つぎに、メールや文書で使われる、「ご高配」の例文をチェックしていきましょう。

ご高配 意味

(C)Shutterstock.com

1:「平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」

ビジネスメールや文書で、冒頭の挨拶に使われる表現。「いつもお世話になり、ありがとうございます」という意味を、とても丁寧にした言葉です。

【冒頭の挨拶に“ご高配 ”を使う場合のメールや文書の書き方】

「頭語」+「時候の挨拶」+「平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」+「本文」 

(例)

拝啓 春風の候、貴社におかれましては、益々ご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。〈本文~〉

2:「今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます」

こちらの表現は、メールや文書で結びの挨拶に使われる表現。「これからも、よろしくお願いします」というニュアンスで、文章を締めくくる事ができます。

【文末に“ご高配 ”を使う場合のメールや文書の書き方】

〈本文〉+「今後とも~ご高配を賜りますよう~」+「結語」

(例)

〈本文〜〉まずは書中にてご挨拶申し上げますとともに、今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます。敬具

【こちらの記事もチェック】「ご高配を賜り」の意味や使い方は? メールで使える例文や類語

3:「旧年中はひとかたならぬご高配にあずかり、厚く御礼申し上げます」

こちらは年賀状や、年度初めの挨拶に用いられる表現です。「ひとかたならぬ」の意味は、「普通の程度ではない」です。そして「あずかり」は、「受ける」という意味。「ひとかたならぬご高配にあずかり」とすることで、「普通以上の配慮を受ける」という意味の言葉になります。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

次に、「ご高配」を言い換えることができる表現をみていきましょう。

ご高配 意味

(C)Shutterstock.com

1:「ご配慮」

先ほども出てきましたが、心配りを意味する「配慮」が挙げられます。丁寧語の「ご」をつけることによって、相手からの心配りを意味し、目上の人や取引先に使うことのできる敬語表現です。「ご高配」は、主に社外に対して使う表現ですが、「ご配慮」や「配慮」は社内や同僚、目下の人にも使うことができる表現です。

(例)日頃より格別のご配慮を賜りまして、誠にありがとうございます。

2:「ご厚情」

「ご厚情」は「厚い情け、心からの深いおもいやり」という意味。こちらの表現も「ご高配」と同様に、日常会話ではほんど使われません。主に改まったメールやスピーチで使われる表現です。

(例)ひとかたならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。

3:「お引き立て」

「お引き立て」とは、「特に目をかけて後援することをその後援者を敬っていう語」。つまり、「相手から目をかけてもらうこと」という意味。ビジネスメールの中で頭語の次の挨拶や、結びの挨拶として使われる表現です。

(例)今後とも、変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます

英語表現は?

思いやり」という意味の「thoughtfulness」、「親切」という意味の「kindness」が「ご高配」に近い表現といえます。「thoughtfilness」と、「kindness」を使った例文をご提案します。

・「I appreciate your thoughtfulness 」
(ご高配に感謝申し上げます)

・「Thank you for your kindness」
(ご高配、感謝いたします)

なお、「ご高配」を辞書でひくと「your good offices」と出てきますが、ビジネスメールなどの文章では、上記の例文の方が、自然な表現だといえるでしょう。

最後に

ご高配 意味

(C)Shutterstock.com

ビジネスパーソンとして、挨拶の文章を作ることは、日常茶飯事ですよね。「ご高配」という表現をマスターしておけば、ビジネス文書やメールなどが、とても書きやすくなると思いますよ。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

こっそり学び直したい「ご愛顧」の意味とは? 使い方、類語・対義語をご紹介
「幸いです」を言い換えて使えますか? 意味・例文・類語・注意点もご紹介

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事