Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.04.15

朝メイクが格段に楽になる!【Fujiko】の〝眉ティント〟は噂通りの逸品だった

顔の印象を大きく左右する眉。休日は専らすっぴんマスクですが、眉を染めておくだけで「ナチュラルメイク風」になるのでおすすめです。

Text:
Asami
Tags:

すっぴんマスクでも眉毛だけは死守したい

■Fujiko|眉ティントSVR 1,408円(税込)

Fujiko 眉ティントSVR

眉ティントといえばのFujiko。ずっと気になっていたものの今まで使ったことがなく、コロナ禍の休日にありがちな「すっぴんマスク」対策に、ようやく眉ティントデビューしてみました。染める過程はなかなか衝撃的な見た目になりますが、その使用感にすっかりハマってしまった筆者です。

筆先の形に注目!

Fujiko 眉ティントSVR

筆先がナギナタ状になっており、眉尻の細かいラインまでしっかり描ける工夫がされています。液は粘着質で垂れにくく、描きたいところにピタッと留まってくれるため初心者でも使いやすい印象。

▼実際に塗ってみると

Fujiko 眉ティントSVR

なかなかに衝撃的な光景ですが、個人的にはたっぷり塗るのがおすすめ。塗りムラがあるとそのまま染まってしまうので、特に毛の少ない部分にはたっぷり乗せるとGOOD。はみ出した場合は、濡らした綿棒で簡単に除去することが可能。液が乾いたら、眉尻側からペリペリと剥がすだけで完了です。

Fujiko 眉ティントSVR

元々、しっかり毛が生えているタイプの眉ではありますが、染める前と後では印象がガラッと変わります。すっぴんの状態でマスクをしても、眉はしっかりメイクをしているように見えるため、一見ナチュラルメイクのような印象に。一度染めれば2、3日カラーが残るので、眉メイクが苦手な方は“ガイドライン”として使うのもおすすめ。色のついているところを目印に、軽くパウダー等を乗せるだけなので時短にもなりますよ。

※記事中の内容は、筆者個人の感想です。

こちらもオススメ

ふわっと自然な眉が描ける【10tune】のアイブロウが便利すぎ
これぞ究極のセパレート【エテュセ】数量限定〝マスカラ下地〟が話題沸騰中

 

堂免麻未ALT
Asami

福岡出身、都内勤務の一児(女児)の母。隙間時間にプチプラ雑貨やコスメ収集をするのが趣味。話題のアイテムから掘り出しアイテムまで、とことん魅力を伝えます! Instagramアカウントはこちら:@a.domen119

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事