Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2022.05.09

ドライヤーを使うべき?自然乾燥でもいい?髪に優しいのは断然…【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】

洗髪後はすぐにドライヤーで髪を乾かす? 熱ダメージを考えて自然乾燥させる? 一体どちらが髪に優しいのか、ラ・カスタ オフィシャルヘッドセラピストの細川ひろ子さんに聞きました!

Text:
keiko kido
Tags:

A.断然ドライヤーを使用した方がいいです! 自然乾燥は髪と頭皮にデメリットしかありません

自然乾燥は、髪や頭皮を長時間湿ったまま放置しているということ。これは、頭皮に雑菌が繁殖しやすい環境を自らつくっているのと同じです。また、髪のキューティクルは水分や熱によって開く性質があるため、半乾きの髪は摩擦の影響を受けやすい状態。そのまま放置していると、ちょっとした刺激でキューティクルが剥がれてしまいます。さらに悪いのは、髪を乾かすのがめんどうだからと、濡れたまま眠ってしまうこと。枕との摩擦で髪がよりダメージを受けてしまうので、シャンプー後は、ドライヤーを使ってできるだけ早く髪を乾かし、開いたキューティクルを閉じるようにしてください。

ドライヤーは低温の強い風力で一気に乾かす

髪ヘのダメージを減らすために重要なのは、素早く乾かすこと。理想は低温(60度程)の強風です。1200W程度の風力の強いドライヤーで一気に乾かしましょう。ポイントは、ドライヤーを髪から20cm程離し、1箇所に熱が集中しないよう小刻みに動かしながら乾かすこと。ドライヤーの距離が近いと熱くなり、頭皮乾燥の原因になってしまいます。そして、まず毛先ではなく頭皮を乾かすように意識しましょう。頭皮が全体的に乾いたら通常の温度に切り替えて髪を乾かします。髪の毛に対してなるべく角度を低くすると、キューティクルが整いやすくなりますよ。髪が8割くらい乾いたら、開いたキューティクルを閉じるために冷風に切り替えます。そうすることで、髪のツヤがグッとアップ!

【ここに注意】
顔周りからドライヤーの風を当てると、髪が広がりやすくなってしまいます。前髪や顔周りのくせが気になる方は、そこを引っ張りながらドライヤーを上から当てて乾かすときれいに仕上がります。

ドライヤーの熱から髪を守るおすすめアウトバストリートメント

ラ・カスタアウトバストリートメント

オーガニック植物成分をはじめハーブエキスを配合した髪の美容液。傷んでトラブルがちな髪にスルスルとなじみ、髪の質感を整えなめらかで美しい輝きのある髪に仕上げます。ラベンダーやレモン、カモミールなどの清々しい香り。ラ・カスタ アロマエステ ヘアエマルジョン 80ml ¥2,750

細川ひろ子

ラ・カスタ オフィシャルヘッドセラピスト

細川ひろ子

美容師、管理美容師、毛髪診断士、認定講師。ラ・カスタ銀座本店でメインセラピストを努めながら、イベントやテレビ出演、NHKセミナーなど幅広く活動。専属技術インストラクターとしての技術指導、専門知識の提供も行う。著書に『解決! 大人の髪のSOS』(講談社)。
ラ・カスタ

あわせて読みたい

お風呂でトリートメントをしたらアウトバストリートメントは必要ない?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】
トリートメントはたっぷりつけると効果が上がる!?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】
仕事でぐったり。それでも夜、髪を洗ったほうがいい!?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事