Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーキングマザー

2022.06.06

【シングルマザーの恋愛#26】これが最後のチャンス。幸せを掴み取ることはできるのか!?

シングルマザー歴7年、38歳の会社員「あおいあん」さんによる恋愛コラム。やんわりと断りムードの中、最後のチャンスと思いの丈を語った結果…。【毎週月曜19:00更新中】

Tags:

登場人物
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。7年前に離婚し、実家に出戻り。38歳。
息子…生意気盛りの小学生。10歳。

Hくん…学生時代からの飲み友達。あんの恋愛復活に協力し、Rさん・Sくん・Oくんの3人を紹介。
Rさん…Hくんと同じ会社に勤める42歳。結婚歴はナシ。
Sくん…Hくんと同じ会社に勤める、バツイチ子なしの39歳。離婚理由は浮気。

【前回までの話】
40歳を目前に控え、「私、このままシングルでいいの?」と、ふと我に帰った私。再度恋愛に挑もうとマッチングアプリに登録してみるも、目の前に立ちはだかる様々な現実に直面し前途多難。そんな折、学生時代からの友達HくんからBBQのお誘いが。参加した男性Rさんが気になり、再度Hくんと3人でご飯をセッティングしてもらう。後日、SくんからRさんの過去の恋愛話を聞き、それでももう一度会いたいと思いRさんにLINEを送る。「既読スルー」状態が続く中、ようやくLINEの返信があり食事へ。食事が終わり、Rさんに「やっぱり母親の面倒は見続ける」と言われ…。

前回の話▶︎【シングルマザーの恋愛#25】「それとも…」の言葉に期待した結果、まさかの…

 

こんにちは。シングルマザー歴7年のあおいあんです。Rさんと食事へ行き、その後夜景の見える静かな公園でRさんの私に対する気持ちを聞いたところまでお伝えしました。

勢いに任せて思いの丈を伝えた結果…

Rさんのお母様に対する気持ちが揺らがないことは分かっていた。それでもここまできたら、後悔のないように自分の気持ちは伝えるべきだと踏み切った。

私「私も息子が一番だし、Rさんより優先してしまうことが多いと思う。それは多分“お互い様”って思ってやっていけるんじゃないかな、私たちなら。お互いがそれぞれに優先するものがある前提だし、シングル家庭を理解し合えるし。それに決めつけないで、一歩踏み出してみないと分からないよ」

「私も息子が一番だからお互い様じゃない、大丈夫だよ」ということを伝えたかったのに、何だかもどかしく感じた私は、勢いに任せて一歩前進=付き合うことを提案してしまった。真剣に考えているし、丁寧に進めたかったけど、前に進めない歯痒さに耐えられなかった。

Rさん「そうだね。あんちゃんのそういう前向きなところ好きだよ」

そう言って、Rさんは笑顔を取り戻し、私の手を握って

Rさん「少しずつ進んでいこう。付き合ってくれる?」

まるでプロポーズのような告白に一瞬眩暈がした。Rさんとなら落ち着いた関係が築けると思っていたし、シングルマザーを理解してくれると思った。きっと息子にも優しく接してくれるはず。私には理想的な人すぎて、付き合えるという事実に気持ちが追いついていかなかった。

私「はい。いろいろ相談しながら、焦らずに付き合えたらいいな」

嬉しさと動揺で涙目になっている私をRさんは抱き寄せた。

Rさん「あの時みたいだね」

はて、あの時ってどの時?とキョトンとしていると、Rさんがキスをしてきた。息子以外とのキスは何年振りだろう…。最近では息子も嫌がり始めて、このまま一生誰ともキスをせず死んでいくのかな、なんて思った時もあった。トントン拍子で進んで、頭も心もついていかない。

Rさん「今日はもう帰ろう」

そう言って手を腰に回すと歩き出したRさん。私、彼氏が出来たってことだよね? 合ってるよね? Rさんと付き合えたんだよね? 自問自答を繰り返し頭はパンパンなのに、なぜか身体はふわふわしていた。

ふと隣を歩いてるRさんを見上げると、ギュッと引き寄せてくれる。そのたびに、とろけそうな幸福感に浸った。恋愛を諦めなくて本当によかった。一日をこなすだけで精一杯で未来なんて霧に隠れていた毎日。今は霧が晴れて日差しが差して眩しく感じる。「この人とずっと一緒にいたい」と、ただただそれだけを強く思いながら家路についた。

 

画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事