Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.06.02

「水谷さんと出会って演じることを改めて深く追求した」町田啓太Specialインタビュー【前編】

6月3日公開の映画『太陽とボレロ』に出演する町田啓太さんにインタビュー。作品について様々なお話をうかがいました。前後編にてお届けします。

Tags:

町田啓太「水谷組の現場は作品づくりを本当に楽しんでいます」

ある地方都市のアマチュア交響楽団の解散が決まった。苦渋の決断を下した主宰者・花村理子(檀れい)は、ラストコンサートを計画。理子とそれぞれの事情を抱えた楽団員たちは、ラストコンサートを無事に迎えることができるのか。音楽に熱を注いできた楽団員たちが解散に向けて奮闘する日々をユーモアと感動たっぷりに描く、水谷 豊監督作品第3弾・映画『太陽とボレロ』。楽団のトランペット奏者で仕事と楽団の両立に悩む田ノ浦圭介を演じた町田啓太さんに、作品の見どころをうかがいました。

町田啓太,太陽とボレロインタビュー

写真をすべて見る

――本作は、水谷 豊さんの監督・脚本作品ですが、オファーを受けた時の感想をお聞かせください

水谷さんからお声がけいただいたと聞き光栄でした。いつかご一緒したいと思っていたので、すごくうれしかったです。水谷さんにお会いするのも楽しみでしたし、本当に温かみのある作品で、少しですがトランペットに触ったことがあったのでご縁を感じました。

――水谷さんと出会って、「演じることを改めて深く追求した」とおっしゃっていましたが、水谷組の現場はいかがでしたか?

作品づくりを本当に楽しんでいる現場だなと思いました。水谷さんをはじめ、皆さんそうだったのですが、笑いが絶えないんです。水谷さんがいつも楽しそうにされていたので、僕も心から楽しめました。演出についてのアイデアをたくさんいただいたのですが、それをどう自分で咀嚼して表現するかは日々挑戦でした。でも、毎回そのアイデアを聞くのが楽しみで…。とにかく現場が楽しかったですし、何より水谷さんにお会いするのを毎日楽しみにしていました。きっとこの現場では、僕だけでなくみんながそうだったと思います。

町田啓太,太陽とボレロインタビュー

――完成した映画はご覧になられましたか?

観ました。本当は水谷さんが「是非一緒に観たい」とおっしゃってくださったんです。でも水谷さんもお忙しいので、なかなか機会が合わず…結局ひとりで観たのですが、序盤から音楽のパワーが本当にすごくて鳥肌が立ちました。監督のお人柄が映画に投影されていて、すごく温かいお話の中にコミカルな要素がたくさん散りばめられていて、本当に素敵だなと思いましたし、そこに参加でき本当に光栄でした。

――共演者もベテランの方が多いですが、特に印象に残った共演者の方はいますか?

それはもちろん、水谷さんですね。指揮者の藤堂さんとして作品にご出演もされていますし。ほかの皆さんとも共演できて良かったと思っています。優しい方ばかりで、みんなで過ごす時間は、本当に楽団でワイワイと生活を送っているような感じで楽しかったです。

町田啓太,太陽とボレロインタビュー

――町田さんが現場でよくお話されていたのはどなたですか?

僕は、田口(浩正)さんとずっと話していたかもしれないです。そんな大した話はしていないのですが…(笑)。すごく気を遣ってくださって、冗談っぽい会話を率先してしてくださったので、すごく楽しかったです。大先輩の田口さんが敬語で話しかけてきたのに対して、後輩の僕がタメ口で返すというネタがあって…(笑)。周りから見たら一瞬ピリッとしちゃうようなことを笑いにして和ませてくれました。(田中)要次さんは、以前映画で父と息子役で共演させてもらっていたので、『お久しぶりですね』と話しました。共演者の皆さんが本当に優しくしてくださったので、ずっと自然体でいられました。

町田啓太,太陽とボレロインタビュー

――以前もトランペットに触れたことがあるということですが、今回どのくらい練習されたのですか?

撮影期間がコロナの影響で延びたこともあって、1年以上ですね。それぞれパートごとや個別にという感じだったのですが、僕の場合はゆっくりちょっとずつ積み重ねていった感じです。

――以前トランペットをやっていた時は、どのくらいの期間触れていたんですか?

小学校の高学年ごろに2年ほどだと思うのですが、音楽の授業の一環で鼓笛隊をやることになりまして。楽器は選べたので、大きい音も出るし光り輝いていてかっこいいなとトランペットに惹かれたのが最初です。

――今回、久しぶりにトランペットに触れたわけですが、すぐに感覚は取り戻せましたか?

懐かしい感じがしました。さすがに持ち方は覚えていましたが音を出すのにまず苦労しましたね。小学校当時は別にすごく頑張って練習していたわけではなかったので…と言ったらアレですけど…(笑)。「楽しいなあ」ぐらいの気持ちだったので、今回はしっかりと交響楽団の一員として、「音楽が好き!」という気持ちまでもっていくのに苦労しました。テクニック的なことは正直、全部難しかったのですが…(笑)。唇だけで音階を決めるので、金管楽器はきれいな音を出すのが本当に大変なんです。

――これまでクラシック音楽には馴染みがあったんですか?

全くなかったです。なんとなく聴いたことはあったのですが、詳しいわけではなくて。映画の影響でジャズは好きで、楽器への憧れはありました。ただ、ちょっと敷居が高そうなイメージを持っていて、なかなか手が出せずにいたジャンルでしたね。

町田啓太,太陽とボレロインタビュー

作品についてや共演者の方とのエピソードをたっぷり聞かせていただきました。後編では作品についてはもちろん、町田さんのプライベートについてもおうかがいしています。

【取材MEMO】

今回の撮影のカメラマンは町田さんの写真集「BASIC」(光文社刊)の撮影をした方。撮影に入る前に「お久しぶりです!」と満面の笑みを見せ、久しぶりの再会に話が弾んでいました。その空気感のまま撮影に入ると、さすがのチームワークで素晴らしいカットが続出。いつものようにスタッフが「かっこいい!」「これはちょっと…すごい…」などと感嘆の声をあげ、周囲のスタッフさんたちを驚かせてしまうひと幕も。ちなみにそんな中でも町田さんはスマートにポーズを繰り広げられておりました。しゃがんで片足を前に出しているカットのときに「つらくないですか?」と尋ねたところ「ちょっとつらくなってきたので体勢変えます(笑)」と笑いながらポーズを変えた町田さん。そのポーズも素晴らしかったことは言うまでもありません。

 

俳優

町田啓太

まちだ・けいた/1990年7月4日生まれ。群馬県出身。O型。183cm。劇団EXILEのメンバー。ドラマや映画、舞台と幅広く活動し、数々の話題作に出演。最近は、フジテレビ系ドラマ「SUPER RICH」宮村 空役、テレビ東京系ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」黒沢優一役、NHK大河ドラマ「青天を衝け」土方歳三役での好演で高評価を得た。2022年4月に公開した映画『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』が大ヒット。NHK総合にて毎週金曜23:15~「漫画家イエナガの複雑社会を超定義」がレギュラー放送中。映画「太陽とボレロ」が6月3日公開。また、7月期のフジテレビ系新ドラマ『テッパチ!』(毎週水曜22:00〜)で主演を務める。
公式Instagram:keita_machida_official

映画「太陽とボレロ」

【STORY】
「今日、私たちは、解散をします。」
ある地方都市で18年間活動を続けてきたアマチュア交響楽団の解散が決まった。
それを期に超個性派の楽団メンバーの人生も大迷走!主宰者の花村理子は彼らに翻弄されながらも最後のコンサートを計画するが不協和音が響き、問題山積みの中、全員の様々な思いをのせたコンサートがはじまってしまう。理子はバラバラの楽団員を一つにできるのか?最後のそして最高の舞台となるのか?

【作品情報】
出演:檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリア
田口浩正、永岡佑、梅舟惟永、木越明、高瀬哲朗、藤吉久美子、田中要次
六平直政、山中崇史、河相我聞、原田龍二、檀ふみ
水谷豊

監督・脚本:水谷豊 
制作プロダクション:東映東京撮影所 東映テレビ・プロダクション 配給:東映
©2022「太陽とボレロ」製作委員会
公式HP:sun-bolero.jp

撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス) スタイリスト/Eiji Ishikawa(TableRockStudio) ヘア&メイク/Kohey(HAKU) 構成/佐々木怜菜、岡野亜紀子

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事