Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.06.03

「僕にとって、なくてはならない3つのものは…」町田啓太Specialインタビュー【後編】

6月3日公開の映画『太陽とボレロ』に出演する町田啓太さんへインタビュー。後編は、町田さんのパーソナルな部分を紐解きながら作品のお話をお聞きしました。

Tags:

町田啓太「圭介のダメなところや人間臭い部分は、共感できるところがたくさんありました」

前回のインタビューでは作品や共演者、監督・水谷豊さんについてのお話をうかがいましたが、今回は町田さんご自身のことについてもお話しいただきました。

――町田さんはすごく完璧に見えますが、弱点はありますか?

そんなことないですよ! 最近は、“完璧”と思ってもらえるような役柄を多くやらせてもらっているので、印象に残ってそう思ってくださるのかもしれないですが、僕自身は全然大したことないです。漢字も弱いし…(笑)。読めない漢字があると台本に読み仮名を振るところから始めるので、恥ずかしいことも結構ありますよ。怠け者になって、「眠たいけど、これやらなきゃ…。でも、寝ちゃおう」となる日もある。みんなそうじゃないですかね?

町田啓太、太陽とボレロインタビュー

写真をすべて見る

――そういう意味では今回の役は人間味がある役ですが、その点で意識したことはありますか?

準備段階では(圭介は)フラストレーションが溜まっているがゆえに、ちょっとスレているのかなと思っていたんです。でも、いざ現場に入って水谷監督からの演出を受けてお芝居をしてみると、僕が思っていた“圭介のダメな部分”がすごくチャーミングに転換されていました。そう見えるように水谷監督がキャラクター像を広げてくださるんですよ。だから、なるほど!と納得し、そう演じていいんだと学びましたし、そういうところが劇中で楽しく見える。「圭介本人からしたら真面目にやっていることが、観た人は面白味を感じる」という見せ方を通して、良い経験をさせてもらいました。水谷さんによって、僕が考えていた圭介像をどんどん膨らませていただいた印象です。

町田啓太、太陽とボレロインタビュー

――圭介に共感する部分はありましたか?

ありましたね。自分がやれば何か変わるかもしれないけれど、他のことや環境のせいにしてしまうことは少なからずあるので、そういう気持ちを役に投影出来ればいいなと思いました。そこで生まれてくる人間的にダメな部分が面白くコミカルに映れば、結果的に成功かなと思って演じました。好きなことに一生懸命になればなるほど、現実とのギャップで溜め込む経験は僕にもあります。そういうときにどこで発散するべきかがわからなかったこともあったので、圭介にはたくさん共感できました。溜まっているフラストレーションはどこから来るのか、音楽が好きなゆえにそういう行動をとるのだろうかと、自分と当てはまる部分はかなりありました。演じている中に僕の要素も投影されていると思います。

――逆に、ここはちょっと圭介とは違うなという部分はありますか?

あんなにトランペットを吹けないですね(笑)。長年続けるのはすごいことだし、素晴らしいと思います。僕はここまでハマっていることがないから、この作品の登場人物たちが羨ましいです。それだけの熱を投影出来るのはすごく良いなと思います。

――この映画の登場人物のように人生を捧げる、というほどではないとしても、気分転換にする趣味はありますか?

ほとんどないんですよね。強いて言うならば、野球です。草野球はやりますが、何か熱を注げる趣味に出会いたいですね。でも、この仕事はいろんなことに挑戦できて、触れられるので楽しいです。今回のトランペットもまさにそうですが、オーケストラで演奏するなんて想像していなかったこと。もしかしたらそういう体験が仕事でできるので、満足しているのかもしれないですね。『仕事が趣味』とおっしゃる方もいますが、僕はその辺りはいまだによくわかってないんです。仕事は仕事、と思っていますが、その中でも楽しいことはたくさんありますから。

――この仕事を始める前、何かやっていたことはありましたか?

移り変わりが激しくて『るろうに剣心』に影響されて剣道を始めたり、機械に興味があって、航空系の学校に通ったり。そこから新しいことを何かやろうかなと思って興味を持ったのがダンスで、それまで1回も習ったことがなかったのですが、まずはやってみようと挑戦しました。そうやって興味のわく方向に動いてきた人生。俳優業はそういう興味がわくことがたくさん散りばめられているから、僕はすごく好きなんだと思います。でも、もし人生を捧げたいものが現れたら、そっちをやっちゃうかもしれないですね(笑)。「町田啓太、最近見ないな」と思ったら、違うことをやっている可能性もあります。そこは自分の気持ちに素直に動きたいですが、今はそんなことは全く考える余地もなくこの仕事を楽しんでいます。

町田啓太、太陽とボレロインタビュー

――今後、水谷さんとご一緒する時はどんな作品に出たいですか?

もしまたご一緒できる機会があったらうれしいです。役柄はわからないですが、より多くのシーンで共演出来る役がいいですかね(笑)。今回はちょっとだけというか、ふたりだけのシーンなどはなかったので、願望としてはそうだったらいいなと思います。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事