Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.07.01

アパレルブランドとのコラボが話題に! 声優・伊東健人さんスペシャルインタビューvol.1



忙しい毎日を送る女性たちに癒しを! 頑張るワーキングウーマンにご褒美を! 大人の女性誌による、大人の男性声優の皆さんにフォーカスしたインタビュー連載「女は耳から恋をする」#耳恋。今回のゲストは、アパレルブランド『Lui’s』とのコラボで話題の声優・伊東健人さん。コラボアイテムについて、そしてファッション観について伺いました!

Tags:

今回の「耳恋」ゲストは声優・伊東健人さん! アパレルブランド『Lui’s』とのコラボについて語ります

仕事、家事、育児…毎日頑張っている女性の皆さんが、日々の疲れを忘れるようなご褒美を…! そんな想いからスタートした、WEB Domaniによる大人の男性声優の皆さんへのインタビュー連載「女は耳から恋をする」、略して「耳恋」。姉妹メディアであるOggiと連動してお届けしている本連載は、両媒体それぞれでしか見られない写真やインタビューを展開しています。

そんな大好評の「耳恋」連載、今回は声優・伊東健人さんをゲストにお迎えしました。

穏やかで心地よい低音ボイスを生かした『ヲタクに恋は難しい』二藤宏嵩役のような繊細な役づくりと演技はもちろん、歌唱力という大きな武器を携えて魅せる『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』観音坂独歩役や『アイドルマスター SideM』硲 道夫役などでも大人気。実力派としてマルチな才能を発揮されている伊東さんですが、先日はアパレルブランド『Lui’s』とのコラボアイテムの発売も大きな話題に。このコラボは、さまざまなアーティストがプロデューサーとなって、自身が考える「これ欲しい!」「こんなの面白い!」をかたちにしていく〝ものづくり〟プロジェクト『kuumaA(クーマー)』との取り組み。現在、『kuumaA』公式サイトで予約を受け付けているコラボアイテムについて、伊東さんにアレコレ教えていただきました!


【WEB Domaniだけの限定カットを公開!】伊東さんは、180cm近い長身の持ち主。モデルのような抜群のスタイルで、コラボアイテムを見事に着こなしていらっしゃいました。こちらのカットでは、バケットハットとドルマンジャケットを着用!

「コラボ感はなるべく出したくない」——引き算の考えから生み出されたコラボアイテム

さて、伊東さんと『Lui’s』のコラボにより完成したのは、ジャケット・ハット・アイウェアの3アイテム。それぞれのアイテムについて伺う前に、まずはこのコラボプロジェクト全体に関するこだわりを聞いてみましょう!

「『なるべくコラボ感を出したくない』というのが、僕の一番のオーダーでした。コラボゆえ、アイテムのどこかに僕のサインやロゴが入ってくるんですが、それをできるだけ目立たないようしたかったんです。たとえばバケットハットのサイドロゴ(健人の頭文字〝K〟と『Lui’s』の〝L〟〝'(アポストロフィ)〟を組み合わせたもの)も、当初は大きくサインを刺繍する案もありましたが、とことんシンプルにしたいなと。『これを入れたい』ではなく、『これを無くしたい』というオーダーばかりしていた気がします(笑)」


▲ジャケット・ハット・アイウェアを『Lui’s』とコラボ! コラボアイテムを組み合わせたスタイリングもバランスよく仕上がりそうです。

シンプルだけど、どこかアクセントがきいている…どんな装いにも活用できそうなアイテムの数々は、伊東プロデューサーの〝引き算〟によって生み出されたミニマルさが魅力。

「身につけてくださる方の個性に寄り添えるものにしたくて。今回コラボさせていただいた『Lui’s』さんのアイテムも、ベーシックさと主張しすぎないデザインの絶妙なバランスが好きなんです。ありそうだけど、他にはない。そんなアイテムをめざしました」

伊東さん史上最少サイズのサインも!? 見えない部分までこだわりがスゴイ!

ここからは、そんな考えをもとにつくられた各アイテムのこだわりを教えていただくことに。まず、トレンドアイテムでもあるバケットハットから…伊東さんご自身もハットはよくかぶられるのでしょうか?

「普段はハットをかぶる機会はあまりないんですが、だからこそ挑戦してみたくなったんです。『もし自分のファッションにハットを取り入れるなら…?』という視点で、このデザインを選びました。ハットに刺繍されているロゴの色もすごく悩んだんですよ。当初、エクリュホワイトのハットには黒のロゴを入れていたんですが、何かイメージと違うなと感じて。ハット本体に似た色の糸をたくさん提案していただき、山のようなニュアンスカラーの中からこの一色を選び抜きました。それから、ハットの内側についているタグは、表面は僕のサインデザインですが、折り返すと『Lui’s』のロゴに。普段は見えないし、誰にも気付かれないような場所なんですけどね(笑)」


▲伊東プロデューサーのコメントを聞いて、スベリ部分についているタグをチェック。伊東さんと『Lui’s』が表裏一体となって製作したアイテムであることが、デザインからも伝わってきます! ちなみにハットはエクリュホワイトとジェットブラックの2色展開だそう。

伊東さんから飛び出すのは、ベーシックであるがゆえの細かなこだわり。続いては、アイウェアに関するお話に。この取材現場には、クリアレンズのメガネをかけた姿で現れた伊東さん。メガネは普段からよくかけられているんですか? とうかがうと…


▲【WEB Domani限定カットを公開!】小物ひとつで、おしゃれはガラリと変わるもの。コラボアイテムのハットとメガネで顔まわりを華やかに! 

「目が悪いので、普段はメガネをかけていることが多いんです。クリアレンズ×グレーフレームの一本は、よく使っている私物のメガネに近しい色のフレームを『Lui’s』さんがわざわざ探してくださって。コラボアイテムの中でも、このボストン型メガネはとりわけ細かなオーダーを重ねたような気がします。鼻あてのディテールまで、僕が好きな仕様にしてもらったんですよ! メガネをかける人は共感してくださると思うんですけど、メガネのかけ心地って鼻にかかる圧に左右されるじゃないですか。僕は、フレームと鼻当てが一体になっているタイプのかけ心地が好きで。一番のこだわりは、この鼻あてかもしれません(笑)」

と、〝メガネをかける人あるある〟をもとに、静かに熱くメガネへのこだわりを力説してくださいました。


▲アイウェアは、クリアレンズ×グレーフレーム、クリアレンズ×ブラウンフレーム、ブルーレンズ×メタルフレーム、オレンジレンズ×メタルフレームの4種類。

さて、クラシックな印象のボストン型から一転、メタルのラウンドフレームに縁取られたカラーレンズメガネは形も色もとてもポップ。洋服にひっかけて身につけているだけでも洒落見えする、遊び心のあるデザインが素敵です。

「クリアレンズのタイプが〝普段使い〟だとしたら、こっちは〝冒険〟のアイテムですね。せっかくの機会ですし、極端に違うものがつくりたいな、と。デザイン性を重視しているように見えますが、これはつるのフィット感が抜群によくて、最高のかけ心地です。あ、つるといえば! これもまた細かすぎるポイントなんですけど、つるの端に小さ〜く僕のサインがプリントされています。これ、僕のサイン史上最小サイズなんじゃないかな(笑) 」


▲ということで、アイウェアのつるの先端をクローズアップ! 確かに『Lui’s』のロゴとともに極小サイズのサインが…。この小ささ、ぜひ実物を手に入れてご覧いただきたい!

自分らしさと『Lui’s』らしさをミックスして〝ここにしかない一着〟に

そして最後は、伊東さん自身の愛用ブランドでもある『Lui’s』らしさを全面に出したというドルマンジャケットの話題に。


▲ジャケットは、マルーンブラウン・アンバーホワイト・チャコールグレーの3色展開。サイズは、伊東さんのサイズに合わせてつくられたメンズフリーサイズ(メンズのLサイズ相当)とレディースフリーサイズ(メンズのSサイズ相当)の2パターンが用意されています。

「ベースはシンプルだけど、さりげないシルエットやデザインで差別化されている。『〝Lui’s〟さんといえばこんな服!』という僕の考えがつまった一着です。一見とてもベーシックなノーカラージャケットですが、『Lui’s』さんならではのスリーブデザインやカッティングの妙で、〝ここにしかない一着〟になったかな、と。それから、このコラボアイテムは初夏から夏にかけて予約を受け付けていますが、実際にアイテムをお届けできるのは10月中旬。その時期にすぐ楽しんでもらえるよう、七〜八分の袖丈にしているんです。この丈も特別感を後押ししてくれました」

また、袖口などからチラリと覗く裏地もコラボならではのスペシャル仕様。〝縁のある花〟だという胡蝶蘭、そして伊東さんがこのコラボをイメージして作曲したワンフレーズの譜面がデザインされています。作曲を趣味に持つ伊東さんらしい試みです。

「コラボプロジェクトのテーマソング…というほどのものではありませんが、それっぽく音を並べてみました。この音符通りに音を出してみると、その意味がわかる人にはわかるかもしれません。…いや、わかる人にしかわからない、かな?(笑) そして胡蝶蘭は、祖母が大好きな花でした。祖母は携帯電話のメールアドレスに使っていたりもしたんですよ」



▲【WEB Domani限定カットを公開!】「せっかくならジャケットの裏地も見せたいですね」と話しながら撮影していたところ、「よいしょ!」とこのポーズ。ゆったり穏やかな口調に、チャーミングな動き…気付けばスタッフ一同、伊東さんに魅力されていたのでした。

「昔は興味がなかったけど、今はおしゃれが面白い」——伊東さんが考えるファッションの楽しみ方

そんな伊東さんらしさを身にまとえるコラボアイテムは、ユニセックスに使えるハットやアイウェアはもちろん、ジャケットもメンズ・ウィメンズの2サイズをラインナップ。多彩な楽しみ方ができそうですが、伊東さんはどのように身につけてもらいたいと考えていらっしゃるのでしょう? 

「どのアイテムも合わせやすさを大切につくったので、手にしてくださった人それぞれのおしゃれと一緒に楽しんでもらいたいですね。僕がコーディネートを提案するより、皆さんが考えるコラボアイテムの着こなし方を『こんなスタイリングはどうですか?』と教えてもらいたいです」

と、伊東さんらしい謙虚な回答。「おしゃれは人それぞれ。皆さんのオリジナリティとコラボアイテムをどんどんミックスしてもらいたい」と話します。では、 ズバリ、伊東さんにとっておしゃれとは…?

「今日のようにスタイリストさんに衣装を準備していただけることもありますが、撮影や取材、イベントの仕事って、私服で対応するケースも多いんです。だけど、僕は元来おしゃれに興味がなくて、洋服は1週間分のパターンがあればそれで十分! と思っていたタイプなんですね。だけど、週1ペースで同じものを着ていると『また同じもの着てる!』と言われてしまう(苦笑)。そんなこんなで、必要に迫られて洋服を買っていたんですが、繰り返しファッションに触れていると、自然に興味が湧いてくるんですよね。今はすごく面白いなって思います」

と優しい笑顔で、年月と経験に裏打ちされたおしゃれの〝面白さ〟について続けます。

「数年前であれば『自分には似合わない』『自分の趣味とは違う』と手に取らなかったアイテムを、今は進んで身につけていたりするんです。もちろん、トレンドによる部分もあるとは思いますが、そうやって変化していく自分を感じられることが面白いですね。『こういうアイテムは着たことがない。だったら着てみよう!』…最近はそんな気持ちでおしゃれを楽しんでいます」


【Oggi掲載カットを特別に公開!】周囲を楽しませながら、そして自分自身も楽しみながら撮影にのぞまれていた姿が印象的だった伊東さん。Oggi8月号にはこのほかにも撮り下ろしポートレートを掲載していますので、ぜひチェックしてくださいね!

「コラボアイテムのバケットハットやカラーレンズのメガネも、昔は身につけるタイプではありませんでした。でも、だからこそ挑戦してみたい、つくってみたいと今は思うんです。メガネをつけたり、ハットをかぶったり、ジャケットを軽く羽織ってみたり…アイテムひとつで違った自分に出会える。それもおしゃれの面白さですよね!」

様々な情報があふれる中で、自分のおしゃれに自らルールを課してしまいがちな昨今。伊東さんのように、正解を決めつけることなく、しなやかに前向きにおしゃれを楽しむと、また新たな自分の姿が見えてくるかもしれません。
さて、伊東さんのインタビューはvol.2へ続きます。次回は、声優業の話にフィーチャー! どうぞお楽しみに♡

伊東健人×『Lui’s』コラボアイテム、 7月25日(月)まで予約受付中!

注目のアーティストがプロデューサーとなり、人気ブランドと製作したコラボアイテムを販売するECサイト『kuumaA』。伊東さんが『Lui’s』とともに手掛けた、ドルマンジャケット・バケットハット・アイウェアの3アイテムは、すべて完全予約制での販売。お届けは、伊東さんのお誕生日である10月18日前後を予定しているそう。7月25日(月)23:59まで予約受付中です。詳細は『kuumaA』公式サイトや公式Twitterをチェック!▶︎kuumaA公式サイト公式Twitter

声優

伊東健人

いとう・けんと/10月18日生まれ。代表作に『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』観音坂独歩役、『アイドルマスター SideM』硲 道夫役、『ヲタクに恋は難しい』二藤宏嵩役など。また、音楽ユニット『UMake』でアーティストとしても活動中。

◆衣装クレジット
ジャケット¥23,980・シャツ¥14,300・帽子¥7,920・メガネ各¥4,950(Lui’s<Lui’s>) 靴¥29,700(アシックスジャパン<PEDALA>) ブレスレット¥25,300(Sian PR<LION HEART>) その他/スタイリスト私物

撮影/中田陽子(MAETTICO/人物)、植野製作所(静物) スタイリスト/本田雄己 ヘア&メイク/加藤ゆい(fringe) 構成/旧井菜月

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事