Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE シングルマザー・再婚

2023.09.25

受験後半戦。息子にどう接するか悩む中、塾での驚愕トラブル発覚!【39歳、子連れ再婚の365日vol.25】

 

徐々に本番を見据えた勉強を始めたいあんに対して息子はその気ナシ。注意の仕方も変えていかなくてはならない中、息子から塾での驚きのトラブルを告白される。【毎週月曜日19時更新】

登場人物
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。8年前に離婚し、実家に出戻り。39歳。
…生意気盛りの小学生。11歳。
臣斗くん…あんの会社の後輩・海斗くんの大学の同級生で再婚相手。34歳
結衣…蓮の彼女。4年生からS塾に通い中受予定。
お母様…臣斗の母。英語教師で蓮の中学受験を強力プッシュ。

【前回までの話】
シングルマザー歴8年を経て、事実婚という形で再婚に踏み切ったあん。義母から中学受験を進められるもあんは反対派でいたが、息子・蓮の前向きな気持ちと、夫・臣斗のサポートもあり中受へ臨むことを決意。臣斗と新居の選択を巡って意見の食い違いが見られた頃、あんの母親が癌の手術を受ける。術後の経過が良く、あんは家族3人で初の家族旅行へ行くも臣斗と大げんか。その後、あんは臣斗とのセックスレスに気づいてしまう。また追い討ちをかけるよう疑惑の女性からのメッサージを見てしまうが、臣斗の姉と判明し、セックスレスについても話すことができ、家族として新しい一歩を踏み出した。一方、最後の夏休みと呼ばれる受験生にとっての正念場を過ごした蓮は、原因不明の夜泣きを始める。

前回の話▶︎改まって母が外出に誘った背景には?母の口から紡ぎ出される言葉に涙が止まらない【39歳、子連れ再婚の365日vol.24】

Season1『シングルマザーの恋愛』はコチラから

ダラダラとイライラを繰り返す息子にどう注意する?

こんにちは。シングルマザー歴8年目にして、子連れ再婚を果たしたあおいあんです。

前回は、急な母からの誘いでお出かけをするも、母の話す家族の未来には彼女がいないことを前提とした内容で、キリキリと胸が苦しくなったところまでお話ししました。

母から急にいろいろな話をされたため、体調などいつもより気を配ってみていたのですが、本人はいたって通常通りの生活を送っていました。

さて緊張の第一回合格判定テストを終えた蓮はというと、気持ちが楽になったようで、あちこちの中学校の文化祭へ行きたいとリクエストが。そんな時間があるなら過去問を解かせたいのが親心なのですが、モチベーションアップのためにも何校か行ってみることに。

私が学生の時は自分達がしたい出し物をしていた気がするんだけど、今は来校する人に向けて企画するのでしょうか? 小学生たちがわんさかいて、中受キッズに刺さるような縁日やワークショップがたくさんありました。時間の節約をしたく、1日に2校回って数を稼いだのですが、蓮は文化祭の楽しさを知り、さらに学校を追加してきました。

が、正直文化祭へ行っても生徒や先生の雰囲気は見られるのですが、合格には何ひとつ結びつかないと思い蓮にはあと1校だけと約束させました。もっと早くから中受を決めていれば、文化祭も学校見学もたくさん回れたのに…とちょっと後悔も。

しかしそんなことは言っていられないので、文化祭から帰ってきても過去問に取りかからせました。例え1教科しかやらなくても、「よーい、始め!」と本番を想定して、時計を目の前に置き実施。終了時間になると私が「やめ」と言うのですが、止まらず書き続けてしまう…。

写真

蓮、やめの合図で鉛筆置かないと、本番では失格になっちゃうんだよ

写真

だって今は本番じゃないし、最後まで書かないと点数入らない

その通りなんだけど、本番の緊張感や、時間で止める癖も付けたくてやっているのに。1教科50分の試験を終えると蓮は疲れ切ってしまい、機嫌を悪くすると次に進めなくなるので、グッと飲み込んだ。

写真

じゃあ自分で丸つけしてね

写真

うん。休憩が終わったらね

そうこの休憩が終わったらも良くない。問題を解いたばかりの、記憶が鮮明なうちに丸つけと直しをしてもらいたいのに、ダラーっと過ごしてしまう。「秋からは子どもたちも本番が近いことに気付き、精神的に不安定になるので、親は見守るようにしてください」といろんなサイトや塾でも言われている。その言葉がどうしても引っかかり、直してもらいたいことも強く言えない自分がいた。

ひとりで悶々としていても解決しないので、臣斗くんにLINEで相談した。ちなみに、妊娠の件以来、臣斗くんとはSEXをしておらず、またセックスレスになってしまうかもとちょっと危機感を感じていた。

写真

これから本番に向けてガミガミ言っちゃいけないって、いろんなところで言われてるから蓮に注意ができないんだけど、本当に叱ったりしちゃいけないの?

写真

臣斗

多分それは塾のテストや模試の出来に、一喜一憂はもうしないでってことじゃない? 今までは出来が悪かったら、やらなかったことを問い詰めたりしてきたと思うけど、もう過去問も始まって時間ないし、できなかったことを責めるより、できてるところやケアレスミスをなくすことに専念する時期になったってことじゃない? 何を注意したいの?

写真

過去問を解いてる時、時間が来たら鉛筆を置かないとか、すぐに丸つけ始めないとか…ちょっとしたことなんだけど、注意して機嫌が悪くなると、勉強が進まなくなるから今抑えてるんだよね

写真

臣斗

成績のことじゃないし、そのくらいは言ってもいいと思うよ。ただ言い方の問題じゃないかな?

写真

分かった。ありがとう。今度の週末、臣斗くんからもそれとなく本番のルールとか、過去問の取り組み方について説明してもらえると嬉しいな

「了解」とだけ臣斗くんから返事が帰ってきた。気のせいかもしれないけど、なんだかそっけなく感じた。一応、地元の先輩・早苗さんにもLINEで聞いてみたところ、「全然叱ってたよ! 本当に何も言えなくなるのは12月あたりからで、それまではあーでもない、こーでもないって注意してたから、そこまで気にしなくて大丈夫だよ」とのこと。なんだか胸の支えが取れた感じがした。ただ叱っても終わりの言葉を前向きな言葉につなげて終わってたらしい。なんだかより難しくなってきたが、もう入試本番まで止まることのない耐久マラソンに参加してしまったんだ。ゴールするまで前に進むしかない!

写真

蓮、やっぱり過去問は休憩前に丸つけと直しをしてもらいたい。記憶が鮮明なうちに直した方が、なんで間違えたか理解も深まるよ

写真

分かってるよ!

蓮はバタンと勢いよくドアを閉めるとトイレに閉じこもった。最近、言葉が強いんだよなぁ。塾がある日は疲れもあるせいか、大人しくやることやって寝るんだけど、塾のない日はもちろん勉強も詰め込むんだけど、イライラが前より激しくなってる気がする。この時期の受験生はこんな感じなのだろうか? 塾でもストレスをぶつけてなければいいけど…。こなさなきゃならない物理的な勉強と、親にしか気付けない微妙な精神的変化のバランスを保つのにこっちが倒れそうと思っていたら、トイレから出てきた蓮から「聞いてもらいたいことがある…」とボソッと言われた。何? まさかこのタイミングで撤退とか?

写真

どうしたの?

写真

実は国語の川口先生が俺のこと“生きてるだけで邪魔なんだよ”とか“今すぐ退塾していいよ”とか言ってくるんだけど、どうし…

塾の室内 机が並ぶ様子

全部話し終わる前に、ポロポロ涙が溢れていた。私は蓮の口から伝えられた言葉にビックリし、一瞬立ち止まってしまったがすぐに抱きしめた。これ、本当だったらマズいんじゃない!?

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘し、5歳年下の彼氏と再婚を決めた。
▶︎インスタグラム!Instagram

あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!