人気エディター三尋木奈保さんに聞いた、シンプルを素敵にする方法 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.09.07

人気エディター三尋木奈保さんに聞いた、シンプルを素敵にする方法

いつだって上品でクリーンでシンプル。決して大げさな主張はしていないのに、とびきり素敵なのが、人気ファッションエディター・三尋木さんの着こなしです。そこであっさりしがちな夏のシンプルを、年相応に、素敵に見せるテクニック、教えてもらいました!

Tags:

「スタイルアップ」の意識が何より大切です

一年中、シンプルでベーシック、心地よくいられる着こなしが好きですが、やっぱり夏は勝手が違います。ほかの季節に比べて、使えるアイテムが圧倒的に少ないし、薄手素材が中心。気を抜くと、のっぺり見えたり、太って見えたり…。だから私が夏に重視しているのは、〝体型カバー〟できるかどうか。立体感のある服や少しデザインの効いた服、コントラストの強い配色などで、着こなしに〝緩急〟をつけるようにしています。結果的にそれが、〝地味に終わらないシンプル〟につながっているのかもしれません。

私自身は今40代ですが、30代と40代って、体型も肌ツヤも気持ちも、大きく変わるもの。だからこそ、その変化を逃げずに受け止めて、着こなしに反映させていくことが大事なのだと実感しています。いやでも(笑)、自分と向き合わざるを得ない、夏は特に!

とはいっても着こなしを〝派手〟にしたいわけではなく、目ざすのは調和が取れてきちんと見えるシンプルスタイル。そんな自分のテリトリーの中で、無理せず〝夏〟にふさわしい着こなしをする。これが私の理想型です。


「ラクで涼しいという理由から、夏のボトムはスカートが中心。ちなみに、ベーシックといえども暑いので、夏にデニムははきません。このベルト付き&ラップデザインのハイウエストスカートは、今年購入したもの。はくだけで着こなしが華やかになるので、夏のシンプルに効果的です。黒×ベージュの濃淡配色で、着やせも計算します」ニット/ドゥロワー スカート/マチュール フレームワーク ピアス/ティファニー [左手]ブレスレット/キャッツ・リング/ヴェイド [右手]ブレスレット/ヴェイド・リング/マルコム ベッツ バッグ/マルコ マージ 靴/セリーヌ

三尋木さんってこんな人!

『Oggi』をはじめ、ファッション誌で活躍する敏腕エディター。シンプルで清潔感のある着こなしにファンも多く、2冊のスタイルブックは大好評。また、本誌2月号で披露してくれた私服スタイルは、好きなコーディネート第2位に! Domani世代ということもあり、私服スタイルは参考になるものばかり。


Domani出演時の私服は、好きなコーディネートの第2位に!

 

画像ALT
『My Basic Note「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方』

¥1,400 小学館

画像ALT
『My Basic Note Ⅱ〝きちんと見える〟大人の服の選び方』

¥1,500 小学館

Domani2018年8月号『三尋木奈保さん! 夏のシンプルを素敵にする方法教えてください』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/嶋野 旭(人物)、佐藤 彩(静物) スタイリング協力/田澤美香 ヘア&メーク/神戸春美 構成/今村紗代子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事