【iPhone】新機種シリーズ最終回!実は使いやすいプライスダウンした iPhone 8 Plus | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2018.10.19

【iPhone】新機種シリーズ最終回!実は使いやすいプライスダウンした iPhone 8 Plus

デジタルノマドの申し子(自称)の私が、iPhone 6ユーザー「デジタル音痴の副編集長」にiPhone最新機種の良さをとーってもわかりやすく説明するシリーズ「Gは見た!実録 副編集長が機種変するまで」の最終回!副編集長は一体どの機種をゲットするのか!?

Text:
Keisui Suzuki
Tags:

新シリーズ登場でプライスダウンの機種も

デジタル媒体・WEB Domaniの副編集長様の「あたし、iPhone 6 で事足りてるから」なんて化石発言から始まったこの「iPhoneの新機種を比較して私にピッタリなものを見つけてこい」という宿題。最新機能搭載で、ディスプレイにもカメラにもこだわりたい人には「XS」、電子書籍や仕事メールやショッピングにピッタリの大画面がお好みの欲張りさんなら「XS Max」、節約しつつもやっぱり新しい機能は楽しみたい人には「XR」がオススメです、とデジタル音痴の副編集長に伝えたところ、まだまだしっくりこない様子。もう一体全体どうしたいの!?と頭を悩ませたんだけど、さらにリサーチしているところに朗報が♡

ホームボタンに指紋認証が恋しいあなたへ

実は、この3タイプのデビューを記念(?)して、なんと過去のiPhone シリーズがグッと値下げされてたの♡新しい機能やスペックをついつい求めちゃいがち。でも、「ホームボタンに慣れてて、ないと寂しい(親指どこに置いたらいいの?)」「顔認証って現代的すぎてついていけない(スッピンだと認証してもらえないんじゃない?)」「写真が鮮明で綺麗に写っちゃうのも…(シワ、気になるわよね?)」なんて現状にほぼ満足してたりしない!? ※スッピンでも認証してもらえます。念のため。

▲画像はイメージよ!右からiPhone 6 Plus、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 6。

そんなあなたにオススメしたいのがiPhone 8 Plusなの。iPhone 6と比べると容量(メモリ)も64Gか256Gから選べるから、メモリを気にせず動画や画像が保存できるし、しかもバックカメラにはポートレートモードがついてるから、背景がボヤけたイケてる画像も撮れちゃうわけよ。実は、XRと比べるとディスプレイも綺麗でハッキリ

さらに嬉しいプライスダウンでお得にゲット♡

なんと、新シリーズ登場によって約1万円のプライスダウンで、iPhone 8 Plus 64Gが¥78,800(税別)に。10万オーバーのXSやXS Maxに比べるととってもお買い得だし、XRよりもお求めやすくなっておりますの。

Face IDやフロント画面いっぱいのディスプレイなど最新の機能にはこだわらず、使い慣れたホームボタンが恋しくて、顔認証もまだ心配なんて人には、「iPhone 8 Plus」をお勧めしたいわ。お金もちのイケメンが「XS」、お金もちのイケメンで高身長が「XS Max」、ただのイケメンが「XR」だとすると、「iPhone 8 Plus」は昭和のイケメン顔した年上の元彼って感じかしらね。スペックはイマイチなんだけど、一緒にいて安定感はある的な。

さて、デジタル音痴の副編集長様はどの男を選ぶのかしら。原稿チェック早くしてもらいたいし、「XS Max」を推してるんだけど、どうもまだ悩んでるみたいなの。「XSもXS Maxもカメラが高機能すぎて使いこなせないし、XS Maxなんてサイズがデカすぎるし、XRは色がポップで私には若いし、でもどうせ買うなら新しいのがいいから8 Plusは論外」ですって。もう仕方ないから私の秘蔵画像で彼女の承認欲求をくすぐってみたわ。

左がiPhone 6の自撮り画像、右がiPhone XS Maxの自撮り画像(モデルは同一人物)。暗くてもこれだけハッキリ美しさに差が出るカメラの画質…。もう何も言わなくてもいいはずよ。これを見た副編集長、翌日には「私、電子書籍も見るし、画像チェックも携帯でしたいからiPhone XS Maxにしちゃったわ」って言い訳がましく報告してきたけど、まぁ、この攻防は私の勝利ってことでいいわよね(ねっ、副編集長?)。高スペックカメラで自撮りしまくってちょうだい!

Keisui Suzuki

アラフォー独身GAY。とある上陸系バーガーレストランのPRマーケを経て、フリーランスPR・SNSディレクターの傍、こうしてエディター業もこなし、今や年間100日以上は旅をしているデジタルノマド。独G(自)の目線で物事をご紹介していきます。keisui


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事