常夏で「暑い」より「暑苦しい」! リゾート地で通勤ファッションしちゃうの!?【出没!旅先で見かけるコンサ婆さん】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.07.24

常夏で「暑い」より「暑苦しい」! リゾート地で通勤ファッションしちゃうの!?【出没!旅先で見かけるコンサ婆さん】

リゾート地なのに、フルレンデニムにアクセをバッチリつけている人、たまにいますよね。どこにいても完璧なおしゃれをしたいのかもしれませんが、見ているほうは暑苦しいし、はっきりいって場違いですよ!

Tags:

リゾート地でフルレングスのパンツでキメキメ⁉ おしゃれだけど暑苦しい!

夏休みにハワイや沖縄といったリゾートに出かける人も多いですよね。リゾートだからといって特別な恰好をしなければいけないわけではありませんが、気候も街の雰囲気も違うので、あまりに日本にいるときとと同じなのもどうかと・・・。たとえばフルレングスのパンツにヒールパンプスを合わせて、アクセまでバッチリつけている人。「表参道でショッピング・・・」なら納得ですが、ここは夏のリゾート地! はっきりいって暑苦しい雰囲気を醸し出し、違和感しか感じません。 「いつでもベストな自分でいたい」と思っているのかもしれませんが、旅先ならではの力を抜いたおしゃれを楽しむのもまた「ベストな自分」。隙のないファッションより、リラックス感のあるスタイルのほうがおしゃれに見えますよ! 

旅先だからこそできるスタイルを楽しみたい!

リゾート地だからこそ楽しめるスタイルってありますよね。たとえばショーパンスタイル。普段はなかなかはく機会がなくても、開放的な場所なら挑戦できそう! ただし、あくまで都会的に仕上げるのが大人のたしなみ。リゾートだからといって突然20年前に履いていたデニムの「超」がつくほどの短いショーパンで現れたら、ドン引きです。次回は、旅に持って行きたい大人のショーパンコーデをご紹介します。

〝ドレステリア〟のパンツ¥23,000・〝ネブローニ〟の靴¥44,000(ドレステリア 銀座店) ブラウス¥26,000(エストネーション<エストネーション>) ブレスレット¥15,000(ハウント代官山/ゲストリスト<ソコ>) バッグ¥33,000(GALERIE VIE 丸の内店<HEREU>)

【問い合わせ先】
ドレステリア 銀座店 TEL03・6274・6217
エストネーション TEL0120・503・971
ハウント代官山(ゲストリスト) TEL03・6869・6670
GALERIE VIE 丸の内店 TEL03・5224・8677

イラスト/村澤綾香 撮影/田中麻以 スタイリスト/渡辺智佳 モデル/小林有里 構成/木戸恵子

あわせて読みたい
おしゃれなサマードレスも小物次第でリゾート感丸出しに?
リゾートに着て行きたい! サマードレスをロコっぽく見せる方法は?

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事