イチゴにチーズ、きゅうりにはちみつ。銀座で究極のパンに出会った!【パンの概念を覆す"令和パン"#2】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く私に癒しを!

2019.08.17

イチゴにチーズ、きゅうりにはちみつ。銀座で究極のパンに出会った!【パンの概念を覆す”令和パン”#2】

空前のパンブームは継続中! ということで「昭和パン」に続き、四六時中パンのことを考えている、パン好きモデル・パン野ゆりさんが、SNS映え必至! 進化し続ける「フルーツサンド」や、これから注目されること間違いなしの「令和パン」を紹介!

Tags:

こんにちは。モデルの山野ゆりです、いや、パン好きモデルのパン野ゆりです(ついには名前にまで“パン”を入れました♡)。

今まで訪れたベーカリーは数えきれないほど。最近は、年に数回は海外へも足を運び、パンコーディネーターやパンシェルジュという肩書きでパンを独自の視点で分析などしています。無類のパン好きで、パンであればジャンルを問わず愛す♡が私のモットーですが、最近ちょっとひいき目に見ているパンが…。それは、ジューシーなフルーツとタッグを組んだ“フルーツサンド”♡ 

第2回目は、これまでに出合ったフルーツサンドの中でもダントツの洗練度を誇る「JOE‘S CAFÉ」の “ストロベリーサンド”を紹介します!

第1回目はこちら
▶︎バキューム食べしたくなる進化系チョココロネ!? チェコの名物“トゥルデニーク”が日本にやってきた【パンの概念を覆す“令和パン”#1】

銀座ショッピングの合間にふらり立ち寄った「JOE‘S CAFÉ」は、ファッションブランド〝JOSEPH″が手掛ける大人のためのおしゃれカフェだった!

撮影が早く終わった平日の昼間、うだるような暑さから逃れようと入ったGINZA SIX。特に何かを食べたい!というわけでもなくファッションフロアを歩いていると…ロンドン発の大人のための上質なカジュアルウェアブランド“JOSEPH”の店舗に併設されたカフェを発見!

入り口から洗練されています感が漂いまくっているのでそのまま入る勇気がなく…横目に見ながら一度スルー(笑)。でもやっぱり気になる! と、まずはネットでどんな物が食べられるのかをリサーチ。

すると、美しすぎるサンドイッチが目に入ってきました♡ これは絶対に食べたい! 

実際にお店に足を踏み入れてみると、こぢんまりとした店内におしゃれで落ち着いたマダム達が数人、楽しそうにお喋りをしていました♪ 入る前はもっと緊張感のある雰囲気を想像していましたが、大人がまったりとくつろげる素敵な空間♡ ファッションフロアにありつつも、歩いているお客さんからは見えにくい位置に設計されているので、とっても落ち着きます。

スタイリッシュで気分よし♪ 大人のカフェタイムにおすすめの、穴場スポットを見つけちゃいました! 友人とはもちろん、母と来るのもいいな~なんて思っています。


▲店内の壁面にはおしゃれな洋書がズラり! 自由に見ていいのだそう♪


▲店内に2ヵ所あるコーナー席なら、誰かと行った際も2人共ソファーに座れます。

ビジュアルよし!素材よし!味よし!さらには味変という〝おもてなし″まで備わった、完璧なる〝ストロベリーサンド″との出会いに興奮♡

〝ストロベリーサンド″(¥1,200)の実物を目にした瞬間、その計算された美しいビジュアルに圧倒されました♡ 大理石風のプレートに品よく並べられた〝ストロベリーサンド″。モノトーンで構成された空間に、真っ赤ないちごが目立ちます♡ 

そして手に取ってみてなお、指から伝わるしっとりとした感触にうっとり♡ まずはちょっとパンだけかじってみたのですが、ほんのり優しい甘みがあって美味しい!オリジナルのパンなのかを店員さんに訪ねてみると、代官山の「GARDEN HOUSE CRAFTS」のものだというから、納得。今度、この食パンを買いに行こ~と決めました♪ 

そして、パンをかじった際に鼻をくすぐったイチゴの甘酸っぱい香り♡ 我慢できずパクりとひと口。パンとイチゴの最強タッグが口の中へ~♡

一口食べて感じたのが、なんともスッキリとした味わいだということ!大粒のイチゴからあふれ出すジューシーな果汁はもちろん、生クリームの甘ったるさもまるで感じないのです!これは確実に甘いものがあまり得意じゃない人でもイケるやつ! 見た目だけでなく、味わいも洗練されまくりです。というのもこのクリーム、生クリームだけでなく、マスカルポーネチーズを混ぜているのだとか。単純じゃない、ちょっと複雑な味わいは、まさに大人にだけ許された至福の味♡

そして、この〝ストロベリーサンド″最大の魅力が完璧なる味変。

これだけビジュアルも素材も味もいい、女性で言ったら才色兼備と言われるにふさわしいスペックを持っていながら、飽きさせないように味変という〝おもてなし″まで手を抜かないとは…あっぱれ(〝フルーツサンド界の滝川クリステルさんと名付けたい…笑)。

この味変として添えられているのがブリーというチーズ♪ 最初は甘いものを食べた後のお口直し的な感じかなと思っていたのですが、店員さん曰く、挟んで一緒に食べてもOKとのこと。え!〝フルーツサンド″にチーズをはさむの? しかもブリーって割としっかり塩気ありますけど…と半信半疑ではさんでみました。でもこれが…なんだかすっごく合うんです! 違和感ゼロでスッと〝ストロベリーサンド″になじむブリーチーズのポテンシャルやばい~。スッキリとした味わいにコクが出て、味に深みが生まれます。しかもチーズに振りかけられたホワイトペッパーのピリッとしたスパイスがいい働きをするんです! 

これハマりそう…。

4切れ中、半分はチーズあり、でいただくのをおすすめします(チーズなし→チーズありを2度繰り返す感じで♡)。ちなみにこの〝ストロベリーサンド″は通年通して食べられるそう! イチゴは季節限定かな?と思っていたのでうれしいお知らせです。その他、季節の限定の〝フルーツサンド″も登場するそうなので、楽しみが増えました♡

やっぱりこれも食べたい!そのシンプルさは自信の表れ?無性に惹かれる〝キューカンバーサンド″にも初挑戦♪

〝ストロベリーサンド″は即決。でも…〝キューカンバーサンド″(¥850)なるメニューが気になってしょうがない…。写真で見る限り量も上品そうだし…いけるよね、うんいける! と好奇心の赴くまま注文した〝きゅうり″が主役に大抜擢されたサンドイッチ。サンドイッチのきゅうりと言えば、まぁ普通は脇役ですよね。そんなきゅうりがまさかの主役。しかも、見る限りベースに無塩の発酵バターが塗られているだけで、他には何も入っていない…確実にきゅうりの独り舞台なのです! それって自信がないとできないよね~とお手並み拝見的な感じで頼んでみたのですが、これが大大大正解! 

サンドイッチを食べる際、必ず一度パンをめくるクセがあるのですが(笑)、めくってみると、薄くスライスされたキュウリが均等な層になって並べられています。美しい~♡ 食べるのがもったいなくなりますが、そこは大胆にガブリと。その瞬間、まさかの酸味が口の中に広がったのです! 

きゅうり…酢漬け(ピクルス)だ! 

岩塩とペッパーもいいアクセントに。意外性も手伝い、まさに想像の斜め上をいく美味しさ♡ ちなみにこちらのパンは全粒粉。食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富で栄養価が高いのが魅力です。お酢のさっぱり感と、栄養価の高い全粒粉パン、ちょっと食欲がないな…という夏バテ気味な時にもおすすめのサンドイッチです。

そして、こちらにも味変の〝おもてなし″がありまして…♪ なんと、ハチミツがついてくるのです!きゅうりにハチミツ…。未体験の組み合わせにワクワクとドキドキがいっぺんに押し寄せます。ここは思い切ってたっぷりと。そしてこれもまた、ミラクルな美味しさ♡ キュウリの酸味をハチミツのまろやかな甘みが中和して、一度つけて食べ始めたら、ずっとつけ続けたくなってしまうような中毒性が…。〝キューカンバーサンド″を頼んだら、必ずハチミツ添えに挑戦を♪ おやつのつもりで頼んだので、2種は多いかな…と思いましたが、余裕でペロりといけちゃいました♪ 

同じサンドイッチと言えど、まったくことなる味わいをみせるこの2皿。〝ストロベリーサンド″も〝キューカンバーサンド″もぜひ、食べてみてください! おやつのつもりで頼んだので、2種は多いかな…と思いましたが、余裕でペロりといけちゃいました♪ 同じサンドイッチと言えど、まったくことなる味わいをみせるこの2皿。〝ストロベリーサンド″も〝キューカンバーサンド″もぜひ、食べてみてください!

【DATA】
「JOE‘S CAFÉ」
住所:東京都中央区銀座6—10—1 GINZA SIX5F
営業時間:10:30~20:30
電話番号:03—3573-5380
定休日: 無休(GINZA SIXに準ずる)

文/中島麻純(スタッフ・オン)

あわせて読みたい
▶︎バキューム食べしたくなる進化系チョココロネ!? チェコの名物“トゥルデニーク”が日本にやってきた【パンの概念を覆す“令和パン”#1】

パンコーディネーター/パンシェルジュ/モデル

パン野ゆり(山野ゆり)

トークショーやラジオなどの出演、メディアへのコラム寄稿など、パンコーディネーターとしての活動を広げている。最近では、テキスタイルブランド「gochisou」と日本橋にある「BEAVER BREAD」とコラボレーションしたグッズを発売した他、世田谷パン祭りでワークショップも開催。また、モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなどに出演。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案している。自身のインスタグラム@yuri.yamano でもパン情報を更新中!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事