バリに行ったらどこに泊まる?旅好きママが選んだのはヴィラステイ! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ的レジャー術

2019.09.09

バリに行ったらどこに泊まる?旅好きママが選んだのはヴィラステイ!

宿泊費が高く、日本ではなかなか手が届かないヴィラステイ。バリは物価が安いので安価でヴィラを一棟借りする事ができ、非日常的なホスピタリティでセレブ気分を味わう事ができます。私、Domanistの奥田がステイして大満足したバリのおすすめヴィラをご紹介致します!

Tags:

ヴィラステイするならバリ!スミニャック地区にあるThe One Boutique Villaをご紹介

バリは成田空港から直行便でおよそ7時間。深夜便なので寝ている間に着き、時差は1時間という、時差ぼけの心配もないとても渡航しやすい国。今回ご紹介したいのはデンパサール空港からおよそ30分。スミニャック地区にある客室がわずか6室のThe One Boutique Villa。

バリには数多くの宿泊施設があり、ガイドブックを開けば、有名なホテルから小さなホテルまでと、ピンからキリまで掲載されている為、宿を選ぶのに悩まれる方も多いと思います。私も悩みに悩んで当時ガイドブックには掲載のなかったこちらのヴィラを選びました。HPに掲載されている写真でしか判断が出来ないため、何度も何度も検索を重ね、色々なサイトで口コミを読むを繰り返していました。

到着するまでドキドキ…。到着したら大当たり!開放感溢れる施設と、素晴らしいホスピタリティに感動した事を覚えています。

また高級ホテルだと『16歳以下禁止』と掲げられている所も少なくなく、お子さんがいらっしゃる方は頭を抱える方もいると思うのですが、こちらは小さい子どもがいる場合にはリクエストすればベビーベッドも設置してくれるといったファミリー向けのヴィラです。もちろん部屋と部屋が離れているので子供の騒ぎ声が漏れたりしても気になりません。

まずはフロントにてウエルカムドリンクを頂き、手続きを済ませると部屋に係の方が案内してくれます。棟ごとに入り口が分かれていて、入るとすぐにプールが。子供にとっても最高の環境です。

早朝から夜まで泳ぎ放題。疲れたらプールサイドにおいてあるベットで休憩。リビング棟は、オープンスペースで、天井が高く広々〜。床は大理石なので裸足で過ごすととても気持ちがいいんです。

ホテル内にレストランはなく、大きなキッチンがあり、食事はここで調理して頂けます。朝食やアフタヌーンティなどがついていました。

依頼すれば、バーベキューをすることができ、オプションで音楽隊がバリ民謡を弾いてくれるので、バリの伝統文化を楽しむこともできました。

到着の際に予約すればスパもここですることができるので、子どもはシッターさんにお願いし、主人と隣合わせで施術。極楽のひとときです。

ヴィラには日本語ができるスタッフも

寝室には広くて子どもたちがゴロゴロできる大きなベッド!虫の発生を心配していましたが寝室は室内で蚊屋も用意してくれているので、快適に寝る事ができました。どの部屋も申し分なく大満足でした。

プール、スパ、お昼寝、バーベキューとヴィラから外に出る必要もなく、施設でゆっくり癒しの時間を過ごすことができます。それでも外出したいときは、スタッフに伝えれば車で送ってくれます。 日本語が話せるスタッフもいるので安心です。

私が泊まった部屋は寝室が1室のみの部屋でしたが大人数でも泊まれる部屋があるようです。敷地内にある広場も広く走り回ることができるのもポイント。こちらで結婚式もできるようです。もしもう1度結婚式ができるなら、ここで全棟貸切にして、両親や友人達と素敵な空間を共有し楽しみたいです♡

もしバリに行く機会があればぜひこちらのステイを検討してみてはいかがでしょうか。

The One Boutique Villa:https://www.theonevilla.com/
インスタグラム:@theonevilla

奥田陽子

Domanist

奥田陽子

20歳までモデル事務所に所属し、ミス・ユニバース・ジャパン九州大会の佐賀地区でグランプリを獲得。現在は子ども服を販売するECサイトの運営を行うかたわら、イベント会社にも勤務している。
IG:https://www.instagram.com/babys_breath77/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事