【スタバどっちがおいしい!?】国連総会アフターパーティーで日本代表を務めたシェフが監修!「石窯フィローネ スモークチキンきのこ」VS「石窯フィローネ ローストポーク」【元バリスタが辛口で本音を語る!「飲むスタバ」「食べるスタバ」】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く私に癒しを!

2019.09.18

【スタバどっちがおいしい!?】国連総会アフターパーティーで日本代表を務めたシェフが監修!「石窯フィローネ スモークチキンきのこ」VS「石窯フィローネ ローストポーク」【元バリスタが辛口で本音を語る!「飲むスタバ」「食べるスタバ」】

【元バリスタが辛口で本音を語る!「飲むスタバ」「食べるスタバ」】シリーズ。今回は世界的に有名なシェフとコラボしたサンドイッチを紹介するわよ。

Text:
Keisui Suzuki
Tags:

スタバの秋メニューはなんとシェフコラボ

スタバからたくさん発表された秋メニューの中でも注目度が高いのが「Hitoshi Sugiura」シェフとコラボした石窯フィローネ。

スタバ公式サイトによると、「2014年・2015年、ニューヨークの国連日本政府代表部大使公邸で開催された国連総会後のレセプションパーティーで日本代表シェフを務めるなど現在も世界を通じて幅広い舞台で国際的に活躍。」とのこと!国連総会後のパーティーで日本代表のシェフを務めたなんてすっごいことじゃない!そんな貴重な方とコラボしたフィローネがスタバで気軽に楽しめるなんて、と思って飲食店プロデュースやPRを務める友人のS氏とともに試食してみたわ。

まずは「石窯フィローネ スモークチキンきのこ」から行くわよ♡

オリーブオイルを塗った石窯フィローネに、スモークチキン、エリンギとブナシメジのソテー、デュクセルソース、スライスしたパルメザンチーズをトッピング!デュクセルソースはほんのりトリュフオイルが入ってて上品な香りに。
※デュクセルソースとは、玉ねぎやきのこのみじん切りやピューレをバターで炒めて作るソース。

S氏「きのこさん強いよね」
私「たしかに。けっこうきのこ。きのこの食感とパンがお互い引き立てる」
S氏「あと、このソースがちゃんとトリュフの香りがして、しっかりとした料理食べてる感じ」
私「ソースとチーズがしっかり絡んでるけど、くどくない
S氏・私「完成度高い!」

という結果に(笑)!

▲中にもぎゅっときのことチキンが詰まった「石窯フィローネスモークチキンきのこ」は480円(税別)

「石窯フィローネ ローストポーク」はいかに!?

こちらも同じ石窯フィローネを使い、ごぼう、人参、玉ねぎ、サツマイモダイス、レンズ豆をバルサミコソースで和えたフィリングと、スライスしたローストポーク、茄子をトッピングしマデラソースをトッピング。
※マデラソースとは、マデラ酒を使ったソースでフランス料理ではお肉料理やフォアグラによくかけてあるソースよ。

私「ナスのゴロゴロ感がラタトゥイユぽい」
S氏「それでいて、細かい玉ねぎやごぼう、人参がポークと絡んでいい感じ」
私「このマデラソースって、ちょっとグレイビーソースに似てて私好み
S氏「いっきにアメリカンになるから、ちゃんとマデラソースって言って」
私「マデラソースって言うと急にフレンチっぽく聞こえるよね。うん、マデラソース」

と、こちらはソースの話題で終わってしまったわ(笑)。

▲ゴロゴロとした具材が特徴の「石窯フィローネローストポーク」は460円(税別)

結果私が勝手に美味しいと思うのは…

総じて言うと、私は断然「スモークチキンきのこ」派。きのことソースがちゃんと絡み合って、飽きさせず、ソースが石窯フィローネと具材をうまく調和させてくれている感じ。

一方の「ローストポーク」はちょっと贅沢なラタトゥイユって感じ、かしらね(スタバさんごめんなさい)。

にしても、進化を続けるスタバの食べ物たち!これからも元バリスタとして新商品全部制覇を目指して私も精進し続けるわよ(胃のケアも)。

Keisui Suzuki

自称「イケ★ゲイ」 aka ドマーニ姐さんです♡レストランやアパレルのPRのお仕事をメインに、ちゃっかりエディター業もこなしながらも、年間100日以上は日本にいないともっぱら噂のデジタルノマド。「イケ★ゲイ」の独G(自)目線であんなことやそんなことをご紹介しちゃうわ。keisui

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事