初の子連れ海外はシンガポール!事前準備と機内ステイで役立ったもの | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ的レジャー術

2019.10.14

初の子連れ海外はシンガポール!事前準備と機内ステイで役立ったもの

バックパッカー旅行が趣味の私たち夫婦は、これまでインドをはじめケニアやモロッコなどだいぶハードな旅もしてきましたが、さすがに0歳の娘を連れてはそうはいかず…旦那さんが通う大学院のスタディツアーに合わせて、初めての子連れ海外旅行はシンガポールに決定!今回は準備編と題して、子連れ海外旅行をする上で準備したものなどをお届けしたいと思います。

Tags:

実体験からおすすめしたいお役立ちツール&マストアイテム

海外旅行に行くことが決まり、まず最初に準備したのが娘のパスポート。その際、パスポートの写真をどうしよう…と悩んで見つけたのが「FreeDPE」というサイト。スマートフォンで撮影した画像をパスポート用のサイズに合わせて編集ができ、背景もきれいに合成してくれ、そのままコンビニでプリント可能!日本人を意識して赤い浴衣を着せて撮影したところ、出来上がりはこんな感じになりました。

次に航空券の予約。子連れ旅行で絶対確保したいのがバシネット!今回シンガポール航空でチケットを取りましたが、予約の際にバシネット取付け可能な席をリクエストしたところすぐにお返事をいただきひと安心。前の壁にバシネットを装着するので、足元のスペースも通常の席より広々としていて、終始快適!実際に搭乗した際の様子がこちら。

搭乗中は冷房がきいていて風邪を引く可能性もあるので、防寒はマスト!厚手の羽織にベアフットのブランケットなどを持参。万が一のために解熱剤も小児科で出していただきました。

到着後は夫と別行動をすることが分かっていたので、道に迷ったりWi-Fiが繋がらなかった時のために、Googleのオフラインマップで必要な範囲の地図を指定してダウンロード。事前にホテルや行きたい場所などをマークしておけば、Wi-Fiが繋がらない場所でも地図の機能を通常通り利用できる優れた機能です。現地に住んでいた友人から教えてもらったおすすめスポットやレストラン、万が一のための子供病院などもマークをして準備万端!

シンガポールは日本のオムツや離乳食も購入できるようですが、日本より割高になるということだったのでオムツやミルクは多めに、和光堂の離乳食も何セットか持参しました。

心配だった初めての飛行機は、搭乗時間に合わせて段取りしミルクを飲ませながら離陸したところ、そのままぐっすりと眠りについてくれたので第一段階はクリア。飛行中はクルーの方々のホスピタリティが素晴らしく、ミルク用のお湯を補充してくれたり、ご飯のタイミングを早めにしてくださっただけでなく、さらには素敵なアメニティまでいただきました。シンガポール航空を選んだおかげで安心して現地に到着することができました!

▲思い出のひとつになったシンガポール航空のアメニティ。

次回は、実際に訪れたおすすめのスポットなどをお届けしたいと思います。

Domanist

中安加織

1児(女児)の母・ 貿易会社勤務。会社員として働きながら、インタビューサイト〝Starry Future〟と、各悩みにマッチした専門家と出会えるプラットフォーム〝キミサポ〟を運営。8か月になる娘の初めての育児に奮闘する新米ママ。
IG:https://www.instagram.com/kaori_nakayasu/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事