合格祈願・開運・良縁・商売繁盛は「猫神さん」が運んでくれる!?|かわいい猫の絵馬がある「おめでたスポット」vol.5【徳島・王子神社】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEお出かけ

2020.01.09

合格祈願・開運・良縁・商売繁盛は「猫神さん」が運んでくれる!?|かわいい猫の絵馬がある「おめでたスポット」vol.5【徳島・王子神社】

今回の猫の絵馬はまさに「猫に小判」。願い事をかなえてくれると言われる神社のご利益にあやかりましょう!

Tags:

2020ねずみ年だからこそ気になる「猫の絵馬」

「猫神さん」と呼ばれている王子神社。なぜ猫神さん?

伝えられているのは、約300年ほど前の江戸時代に起こったと言われている「阿波の猫騒動」から。無実の罪で捕らえられた庄屋の娘・お松。彼女が処刑される前に、かわいがっていた猫のお玉に「私をだました人たちに仕返しをしておくれ」と言い含めておいたところ…、実際にお松に罪を着せた人が次々と祟りにあったという。そこで、阿波藩蜂須賀家家老の長谷川奉公家がここにお松とお玉の霊を祀って慰め、祟りを鎮めたそう。

それより誰ということなく「願いごとをかなえてくれる猫神さん」となり合格祈願・開運・良縁・商売繁盛の神様として知られるようになったのだとか。

3匹の招き猫が描かれたユーモラスな絵馬


▲絵馬 ¥1,000

右手を上げている猫は金運を招き、左手を上げている猫は人を招くという招き猫。両方の招き猫が描かれているからこれはもう、無敵!?戦前よりこのデザインの絵馬なのだそう。日本人だけでなく外国人の参拝客も数多く訪れ、絵馬を購入していくそう。猫のインスタグラムやブログをやっている人がお土産として、また、中国人はタペストリー感覚で買っていく人が多いのだとか。

「小判より、僕は左の子が持っている卵焼きが欲しいな。え、卵焼きじゃない?」(byぐ。)

ぐっぴーは開運より食い気が大事なんですね。

【DATA】
王子神社

徳島県徳島市八万町向山55

撮影/黒石あみ 構成/斉藤裕子

Domani専属モデル/インフルにゃんサー

ぐっぴー

誕生日:2012年11月2日(推定) 年齢:7歳 性別:たぶん男子(去勢済) 出身:東京都足立区 特技:人の話を聞くこと 苦手なもの:掃除機  好きなタイプ:貝殻ビキニの武田久美子 Instagram:@gupitaro  Twitter:@Gupitaro1102  Ameba公式トップブロガー:「ぐぴログ」

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事