3月コーデ32選【2020】| 30代40代レディースファッション | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONコーディネート

2020.02.18

3月コーデ32選【2020】| 30代40代レディースファッション

30代40代レディース向け3月コーデを大特集!春だけど寒い日のコーディネートや、3月中旬の服装、アウター・コーデュロイパンツを合わせた春の着こなしを要チェック!

【目次】
コーデュロイパンツを合わせる3月コーデ
春だけど寒い日の3月コーデ
アウターを合わせる3月コーデ
3月中旬の服装おすすめコーデ

コーデュロイパンツを合わせる3月コーデ

【1】カーキコート×白ニット×グレーコーデュロイパンツ

【1】カーキコート×白ニット×グレーコーデュロイパンツ

スポーティなアウターで子供と過ごす休日も動きやすく、かっこよく。「〝マッキントッシュ〟のモッズコートは、一枚はおるだけで暖かくて動きやすいので、息子とのお散歩にはうってつけ。ストレッチが効いていて子供の世話もしやすい〝REDCARD〟のコーデュロイパンツと合わせて、カジュアルを満喫」

[Domani2018年2月号 92ページ] 戸田幸枝さんのコーディネート

【2】ブラウンニットコート×白コーデュロイサロペット

【2】ブラウンニットコート×白コーデュロイサロペット

「きれいめニットコートに、コーデュロイのホワイトサロペットを合わせる意外性を楽しんでみました。足元はパンプスで大人っぽさを調節。鮮度を上げるチェックストールもポイントです」

[Domani2018年2月号 83ページ] 高橋郁恵さんのコーディネート

春だけど寒い日の3月コーデ

【1】ファーストール×黒カーディガン×グリーンレーススカート

【1】ファーストール×黒カーディガン×グリーンレーススカート

ともすれば老けて見えがちなベージュ×グリーンの配色は、黒でキリリと引き締めるのが正解。

[Domani2019年2/3月号 145ページ] カーディガン¥2,990(UNIQLO) スカート¥9,900(日本ランズエンド〈ランズエンド〉) コート¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) ファーストール¥31,000(ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店〈アントネッラ ヴァルセッチ〉) ピアス¥100,000(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥54,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥23,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【2】黒コート×黒ブラウス×黒タイトスカート

【2】黒コート×黒ブラウス×黒タイトスカート

大事なお客様をエスコートする会食ではオールブラックで黒子に徹して。レースブラウスや落ち感のあるスカートなら、すべてを黒でまとめても地味にならないのが魅力。素肌が透ける女らしいレースを身につけたときの、身が引き締まる感じに気持ちも高揚。

[Domani2019年2/3月号 145ページ] ブラウス¥26,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) スカート¥16,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ドゥーズィエム クラス〉) コート¥9,800(&.NOSTALGIA) ピアス¥65,000(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) 靴¥160,000(アパルトモン 青山店〈ミッシェル ヴィヴィアン〉) バッグ¥38,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)

【3】黒コート×ブラウンセットアップ

【3】黒コート×ブラウンセットアップ

ランチを早く切り上げ、発売を待ち望んでいた新刊をゲット。パッとおしゃれが決まるセットアップを溺愛する…、時間がないなら隙間時間を活用する…。ワー/ママになって上手になったのは、効率よく過ごすこと。

[Domani2019年2/3月号 144ページ] コート¥9,800(&.NOSTALGIA) トップス[セットアップ] ¥24,000(バロックジャパンリミテッド〈RIM.ARK〉) パンツ[セットアップ] ¥24,000(バロックジャパンリミテッド〈RIM.ARK〉) ストール¥20,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈スピック&スパン〉) イヤリング¥15,000(アビステ) バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴¥74,000(JIMMY CHOO)

【4】ベージュコート×黒レースブラウス×黒パンツ

【4】ベージュコート×黒レースブラウス×黒パンツ

女度の高いレースブラウスを黒パンツとトレンチでかっこよく。ママでもピンヒールは諦めたくない。仕事の大事なシーンこそ、ハイヒールで背筋をピンと伸ばして臨みたい。

[Domani2019年2/3月号 143ページ] ブラウス¥26,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) パンツ¥9,000(ゲストリスト〈ステートオブマインド〉) コート¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) ピアス¥3,700(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈アーバンリサーチ〉) サングラス¥27,000(バーバリー アイウェア〈バーバリー〉) バッグ¥101,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥74,000(JIMMY CHOO)

【5】黒ブルゾン×白インナーダウン×白ワイドパンツ

【5】黒ブルゾン×白インナーダウン×白ワイドパンツ

撥水、防風機能がついた毎シーズン大人気の高機能ジャケットの新型。ボリューム感が今っぽく、少しだけウエストを絞ればボトムも選びません。

[Domani2019年2/3月号 134ページ] 〝Uniqlo U〟のジャケット¥9,990・〝UNIQLO〟の中に着たダウンジャケット¥4,990(UNIQLO) ニット¥21,000(エム・アイ・ディー〈M-プルミエ〉) パンツ¥32,000(ザ ストア バイシー代官山店〈コキュカ〉) ピアス¥13,000(ジュエッテ) バッグ¥24,000(ティースクエア プレスルーム〈コンピレーション〉) 靴¥11,000(リーボック アディダスグループお客様窓口〈リーボック クラシック〉)

【6】赤コート×ファージレ×レオパード柄スカート

【6】赤コート×ファージレ×レオパード柄スカート

華やかな赤コート&ファージレで脱ママ!束の間の〝私〟時間を満喫。たとえば女友達とのご飯会など、華やぎたいときは色と柄を。レオパード柄スカートを赤コートに合わせて、女らしさを3割増しに。ワンツーコーデにならないよう、ファージレを重ねて。

[Domani2019年2/3月号 116ページ] ニット¥46,000(マディソンブルー)靴『MIRREN[』H8.5㎝]¥138,000(JIMMY CHOO)スカート¥14,000(LAGUNAMOON ルミネ新宿店〈LAGUNAMOON〉) コート¥215,000(マディソンブルー) ジレ¥220,000(ショールーム セッション〈KARL DONOGHUE〉) ネックレス¥4,440(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) タイツ¥2,000(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) バッグ¥17,500(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉)

【7】ベージュボアコート×Gジャン×白ワイドパンツ

【7】ベージュボアコート×Gジャン×白ワイドパンツ

Gジャンとボアコート。流行りのアイテムは黒で締めてカッコよく。Gジャン、ボアコートなどトレンドアイテムを取り入れたいけれど、痛いワー/ママに見えるのは避けたい。そんなときはベーシックな黒タートルで落ち着かせるのが有効。ハンサムなフレアパンツからのぞくブーツが足元をクールに締めて。

[Domani2019年2/3月号 114ページ] ニット¥46,000(マディソンブルー)靴『MIRREN[』H8.5㎝]¥138,000(JIMMY CHOO)コート¥140,000(MOGA) Gジャン¥45,000(エドウィン・カスタマーサービス〈ジョーズ・ジーンズ〉) パンツ¥23,000(INÉD) サングラス¥58,000(DITA 青山本店〈DITA〉) ピアス¥21,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バッグ¥60,000(FURLAJAPAN〈FURLA〉)

【8】ベージュストール×ベージュニット×黒タイトスカート

【8】ベージュストール×ベージュニット×黒タイトスカート

ベージュ×黒のシックな装いに、白ソールが軽快さと抜け感を演出。ボリュームのある足元はタイトスカートとのバランスも◎。

[Domani2018年3月号 138ページ] 靴¥12,000(ナイキ カスタマーサービス〈ナイキスポーツウェア〉) 〝アパルトモン〟のニット¥45,000・〝アロンピ〟のストール¥79,000(アパルトモン 東京店) スカート¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) 手に持ったブルゾン¥80,000(エストネーション) ピアス[シングル]各¥18,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バングル¥22,000・リング¥30,000(フレーク) バッグ¥12,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈MARCO BIANCHINI〉)

【9】グレーコート×黒ライダースジャケット×黒デニムパンツ

【9】グレーコート×黒ライダースジャケット×黒デニムパンツ

風を通さず保温性の高いレザージャケットをチラ見せライナーとして。

[Domani2018年2月号 109ページ] 〝アッパーハイツ〟のコート¥83,000・〝レッドカード〟のパンツ¥19,000(ゲストリスト) ジャケット¥49,000(エム・アイ・ディー〈ブレンヘイム〉) インナーボトム[五分丈]¥3,500(トリンプ・インターナショナル・ジャパン〈トリンプ〉) ニット¥34,000(MOGA) イヤリング¥5,500(アビステ) サングラス¥46,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ソックス¥900(タビオ〈靴下屋〉) 靴¥14,000(MACKINTOSH PHILOSOPHY 新丸ビル店〈MACKINTOSH PHILOSOPHY×Admiral〉)

【10】水色コート×白カーディガン×黒パンツ

【10】水色コート×白カーディガン×黒パンツ

心許ないなんて言わせない!狭間のカーデで真冬のシャツも颯爽と。きちんと働く日の「シャツ&パン」コーデも、ライナー代わりのロングカーデと実はあったかなパンツ合わせで寒さ知らず。

[Domani2018年2月号 106ページ] コート¥32,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) カーディガン¥54,000(MOGA) パンツ¥17,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) グローブ[タッチパネル対応]¥13,000・シャツ¥15,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) イヤリング¥27,000(ココシュニック) 靴¥18,500(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉) タイツ¥900(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)

アウターを合わせる3月コーデ

【1】紫フレアスカート×黒トレンチコート

【1】紫フレアスカート×黒トレンチコート

優しさと気品をはらんだドラマティックなローズリップ。トレンチ×ローズリップのエレガントコーデ。きちんと輪郭をとった唇は、正統派な気品を醸し出すアクセサリーの役割も。目元は目尻だけアイラインを入れてキャットEYEに。時間がなくてもきちんと見えるんです。

[Domani2019年2/3月号 272ページ] コート¥69,000(フィルム〈ソブ〉) スカート¥14,000(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉) ピアス¥2,300・チョーカー¥2,800(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) リング¥6,300(サイクロ〈CYCRO〉) バッグ¥6,800(ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ディ スティル〉) 靴¥24,000(ユニバーサルランゲージ 渋谷店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】黒ニット×グレーワイドパンツ×黒コート

【2】黒ニット×グレーワイドパンツ×黒コート

Fashion服をスタイリング黒髪ボブをシックに見せるなら、素材感の映えるモノトーンコーデがお似合い。中途半端な長さの髪でもスタイルよく見せるには、縦長のシルエットを意識して。細身のコート+きちんとパンツでスタイルアップ!

[Domani2019年2/3月号 264ページ] コート¥49,000(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店〈ユナイテッド トウキョウ〉) ニット¥14,000(styling/新宿ルミネ1店〈kei shirahata〉) パンツ¥28,000(ザ ストア バイシー代官山店〈コキュカ〉) バッグ¥19,000・靴¥32,000(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉) ピアス¥78,000(ザ ストア バイシー代官山店〈ジジ〉)

【3】赤ニット×黒タイトスカート×チェック柄コート

【3】赤ニット×黒タイトスカート×チェック柄コート

カットソー素材ならではのストレッチ性で、タイトスカートだけど脚さばきは良好。今っぽい長め丈ですが、すそに向けて細くなったペンシル型なので、バランスが取りやすく低身長さんもオススメです。トップスをアウトして、こっそりウエストを折り曲げて丈感を調整できるのもウエストゴムだから成せるありがたいポイント。

[Domani2019年2/3月号 133ページ] スカート¥1,990(UNIQLO〈UNIQLO〉) コート/メゾン フラネール ニット/J.crew 眼鏡/GU グローブ/Gloves バングル/アルム デ ラムール バッグ/リトルリフナー 靴/セリーヌ

【4】黒ノースリーブニットワンピース×黒ジャケット

【4】黒ノースリーブニットワンピース×黒ジャケット

ルーズさとキレのよさのミックスでつくるハンサムで都会的なスタイル。タートルワンピースにジャケットを無造作にはおっても様になるオール黒の潔さ。構築的なそれぞれのデザインが際立つのも、ベーシックな黒の持ち味。荷物がどうしても多くなるワー/ママ的には、小さめスクエアバッグとレザーの大きめサブバッグのW持ちが基本のきです。

[Domani2019年2/3月号 106ページ] ジャケット¥69,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)ワンピース[共布ベルト付き]¥43,000(オンワード樫山〈JOSEPH〉)サングラス¥27,000(バーバリー アイウエア〈バーバリー〉) ピアス[右]¥31,000・[左]¥21,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) 手袋¥3,900(デサントジャパン〈マーモット〉) バッグ[大]¥61,000(THIRD MAGAZINE〈BIIS/NAPPA〉) [小]¥160,000(バリー 銀座店〈バリー〉) 靴¥68,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ロシャス〉)

【5】グレーニット×黒スカート×白コート

【5】グレーニット×黒スカート×白コート

言わずと知れたスニーカーの代表格『オールスター』。モノトーンでまとめれば、ほんのりモードで品のいい、新たな魅力がにじみ出て。

[Domani2018年3月号 137ページ] 靴¥6,500(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) コート¥23,000(TONAL) ニット¥24,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) スカート¥59,000(マディソンブルー) 〝Hirotaka〟のピアス¥88,000・〝YAHKI〟のバッグ¥23,800(ショールーム セッション) ネックレス¥2,800(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) ストール¥27,000(サーキュレーション〈ミーアンドカシミア〉)

【6】ブラウンニット×水色プリーツスカート×グレーコート

【6】ブラウンニット×水色プリーツスカート×グレーコート

定番の白をもっている人におすすめなのはベージュのスニーカー。フェミニン派が得意なピンクや白でなじませたやわらか配色のスタイリングにも好相性。

[Domani2018年3月号 137ページ] 靴¥8,900(ビームス ライツ 渋谷〈ムーンスター×ビームス ライツ〉) コート¥49,000(アルアバイル) ニット¥19,000(TOMORROWLAND〈BACCA〉) スカート¥21,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ピアス¥54,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) サングラス¥39,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥30,000(ANAYI)

【7】白ブラウス×ネイビーパンツ×ベージュコート

【7】白ブラウス×ネイビーパンツ×ベージュコート

3本のストラップデザインが、シンプルなスタイリングにリズムとアクセントを生む。上品なコートやとろみパンツが、白レザーの硬い光沢感でシャープに。

[Domani2018年3月号 136ページ] 靴¥12,000(プロスペール〈スペルガ〉) コート¥59,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ブラウス[パンツとセット価格]¥23,000(TONAL) パンツ¥20,000(エストネーション) スカーフ¥11,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈マニプリ〉) 時計¥29,000(大沢商会〈ラース ラーセン〉) 5連リング¥32,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥84,000(アマン〈ザネラート〉)

【8】白スエット×白スカート×ベージュコート

【8】白スエット×白スカート×ベージュコート

スポーティなブルゾンを長くしたようなコートは、光沢のある素材も相まって程よいエレガントさが。おしゃれプロの間でも話題のレギンスを重ねて、引き締め感とモードっぽさをプラス。

[Domani2018年3月号 107ページ] コート¥63,000・レギンス¥16,000(ebure) スエット¥12,778(ワークノットワーク アーバンリサーチ キッテ丸の内店〈ワークノットワーク〉) スカート¥8,500(ココ ディール) ネックレス¥6,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥49,000(ANAYI〈メゾンボアネ〉) 靴¥14,800(シシ)

【9】ネイビーシャツ×グリーンパンツ×チェック柄コート

【9】ネイビーシャツ×グリーンパンツ×チェック柄コート

こっくり配色を楽しむ辛口シンプルは、深みのあるネイビー×グリーンでチェックの主張を散らしてなじませます。今季らしいこっくりとした配色に、バッグとパンプスの白で抜け感をプラス。

[Domani2018年2月号 104ページ] コート¥89,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) シャツ¥12,000(アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店〈ロッソ〉) パンツ¥19,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) 眼鏡¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥24,000(アガット) ネックレス¥2,840(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥65,000(エストネーション〈ベルメール〉) 靴¥42,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【10】ボーダーカットソー×ブラウンパンツ×ベージュコート

【10】ボーダーカットソー×ブラウンパンツ×ベージュコート

ボーダーを効かせた甘めカジュアルコートのデザインと喧嘩しないベーシックなマリンボーダーで。バッグとボーダーカットソーの色をリンクさせることで、ボーダーが浮かずにまとまる。

[Domani2018年2月号 103ページ] コート¥69,000(INÉD) カットソー¥12,800(マッキントッシュ ジャパン〈トラディショナル ウェザーウェアー〉) パンツ¥15,000(7-IDconcept.) ピアス¥98,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥124,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

3月中旬の服装おすすめコーデ

【1】カーキブルゾン×グレーパーカ×ブルーパンツ

【1】カーキブルゾン×グレーパーカ×ブルーパンツ

一気にイケ★ママ感がアップするカラーパンツでスポーティな着こなしをモードに振って。MA-1ブルゾンにパーカという、とことんスポーティカジュアルな合わせも、黒タートルとならきれいめに。デニムだとメンズライクになるので、流行のカラーパンツであくまで大人っぽさをキープするのがイケ★ママ的。クロップド丈なので、ショートブーツともちょうどいいバランスに。

[Domani2019年2/3月号 119ページ] ニット¥46,000(マディソンブルー)靴『MIRREN[』H8.5㎝]¥138,000(JIMMY CHOO)ブルゾン¥55,000(ボウルズ〈ハイク〉)パーカ¥16,000(Maisonde Beige〈ELODIE NELSON〉) パンツ¥27,000(Theory) ピアス¥13,400(ガス ビジュー青山〈ガス ビジュー〉) バッグ¥40,000(T&L〈TOFF&LOADSTONE〉)

【2】カーキブルゾン×黒ニット×白フレアスカート

【2】カーキブルゾン×黒ニット×白フレアスカート

ワー/ママだってたまにはちょい不良に…!そんな気分をMA–1ブルゾンで発散★。黒タートルニットとフレアスカートのすっきりと端正な着こなし。アウターや小物しだいでいろんなテイストに振れる着こなしを、あえてスポーティなMA-1ブルゾンでカジュアルダウン。さらにファー付きカゴバッグでお遊び感をプラスして。黒、オフホワイト、カーキの3色でまとめているので、黒タイツでショートブーツにつなげて。

[Domani2019年2/3月号 118ページ] ニット¥46,000(マディソンブルー)靴『MIRREN[』H8.5㎝]¥138,000(JIMMY CHOO)スカート¥48,000(デザインワークス ドゥ・コート銀座店〈デザインワークス〉) ブルゾン¥55,000(ボウルズ〈ハイク〉) ネックレス¥24,500(ガス ビジュー青山〈ガス ビジュー〉) タイツ¥1,800(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) バッグ¥27,000(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)

【3】白コート×黒ニット×黒デニムパンツ

【3】白コート×黒ニット×黒デニムパンツ

色の違うシャツを下からちら見せ。忙しくても抜かりない重ね着コーデ。黒タートルニットとブラックデニムの王道の着こなしは、ブラウンシャツをのぞかせてレイヤード感を前面に。さらにラメ入りソックスを折り返してブーツにかぶせる上級テクでキラリとアクセントづけ。

[Domani2019年2/3月号 118ページ] ニット¥46,000(マディソンブルー)靴『MIRREN[』H8.5㎝]¥138,000(JIMMY CHOO)パンツ¥20,000(ファッションボックスジャパン〈リプレイ〉)コート¥46,000(プルミエ アロンディスモン) シャツ¥16,000(mimi&roger/ミミ&ロジャー) 帽子¥46,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) グローブ¥10,000(アルアバイル〈ガラ・グローブス〉) 靴下¥1,500(福助〈フランティカ クローゼット〉) バッグ¥16,000(エレメントルール カスタマーサービス〈カシオペア/バビロン〉)

【4】黒ブルゾン×ボーダーカットソー×黒パンツ

【4】黒ブルゾン×ボーダーカットソー×黒パンツ

メッシュのアッパーがキャッチーなランニングシューズ。シックにまとめた大人のモノトーンアスレジャースタイルに斬新なリズムを加えて。

[Domani2018年3月号 139ページ] 靴¥13,000(プーマ お客様サービス〈プーマ〉) ブルゾン¥49,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) プルオーバー¥12,000(ゲストリスト〈ルミノア〉) パンツ¥15,000(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥1,350(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 時計¥310,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) 5連リング¥42,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バッグ¥45,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈OAD〉)

【5】黒コート×白レーススカート

【5】黒コート×白レーススカート

ハイテクスニーカーブームの火付け役、『インスタポンプフューリー』なら、いつもは女性らしい白レースタイトを冒険心あふれるスタイリングに。

[Domani2018年3月号 138ページ] 靴¥18,000(リーボック アディダスグループお客様窓口〈リーボック クラシック〉) コート¥75,000(エンフォルド) カーディガン¥23,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) スカート¥16,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈スピック&スパン〉) サングラス¥45,000(ファブ〈ティエリー ラスリー〉) ネックレス¥3,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バングル¥26,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) ブレスレット¥13,500(アルアバイル〈ラウラ・ランバルディ〉) バッグ¥49,000(エストネーション〈バルダン〉)

【6】黒ライダースジャケット×ブルーTシャツ×ベージュフレアスカート

【6】黒ライダースジャケット×ブルーTシャツ×ベージュフレアスカート

麻×ナイロンで表情豊かなテクスチャーのベージュフレア。ヒールも似合うけれど、キャッチーな柄のフラットパンプスでひとひねりすると素敵。

[Domani2018年3月号 104ページ] 〝マチュール フレームワーク〟のスカート¥21,000/予定価格・〝SOPHIE BUHAI〟のバングル¥106,000(フレームワーク 自由が丘店) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ニット¥24,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) イヤリング¥9,000(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉) バッグ¥183,000(JIMMY CHOO) 靴¥97,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ・ブラニク〉)

【7】ベージュトレンチコート×グレーシャツ×グリーンタイトスカート

【7】ベージュトレンチコート×グレーシャツ×グリーンタイトスカート

〝ミラ オーウェン〟のニットタイト約¥7,400。〝色ち買い〟すればよかったと後悔したくらいヘビロテ中。

[Domani2018年2月号 51ページ] 工藤恭子さんのコーディネート SKIRT : Mila Owen COAT : BURBERRY SHIRT : BRISEMYEAR RINGS : No Bland BAG : BALABUSHKA SHOES : CONVERSE

【8】黒ジャケット×白ニット×ブラウンスカート

【8】黒ジャケット×白ニット×ブラウンスカート

〝KBF + 〟のスエード調スカート約¥7,000。モードな小物を投入し安いものだけ目立たないように。

[Domani2018年2月号 51ページ] 城長さくらさんのコーディネート SKIRT : KBF+ JACKET : BEAUTIFUL PEOPLE KNIT : LORENA ANTONIAZZI SUNGLASSES : MOSCOT BAG : VASIC BLACERET : HERMES SHOES : ZARA

【9】チェック柄コート×白シャツ×デニムパンツ

【9】チェック柄コート×白シャツ×デニムパンツ

大人の女性をヘルシーに魅せるデニムが再ブーム。「デニムは毎シーズン数本をヘビロテしまくり。その代わり買うときは、何度も試着してかなり吟味します。この〝リーバイス〟のリメークデニムははきすぎ&洗いすぎで、さらに色落ちして自分仕様に(笑)」

[Domani2018年2月号 46ページ] 亀 恭子さんのコーディネート PANTS : stunning lure levi’s vintage COAT : stunning lure BLOUSE : LE CIEL BLEU HAT : IENA RINGS : stair,Cartier BAG : FENDI SHOES : GIANVITO ROSSI

【10】黒ライダースジャケット×ピンクニット×黒パンツ

【10】黒ライダースジャケット×ピンクニット×黒パンツ

フェミニンになりがちなカラーニットは辛口に。「色もデザインも大胆なものが好きなので、合わせるアイテムはシックに。ほかを黒で統一させて、シャープにまとめます。ニットの存在も引き立ちます」

[Domani2018年2月号 46ページ] 亀 恭子さんのコーディネート KNIT : MSGM JACKET : 3.1Phillip Lim PANTS : Acne Studios SUNGLASSES : CUTLER AND GROSS RINGS : stair,Cartier BAG : JIMMY CHOO SHOES : Alexandre Birman

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事