Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONコーディネート

2022.03.09

3月に最適なコーデは?季節の変わり目におすすめなアイテムや着こなし32選

30代40代レディース向け3月コーデを大特集。きちんと感のあるオフィス向けコーデから普段のカジュアルコーデまで春の着こなしを要チェック!1つあるだけで着回し力も高い、セットアップのコーデもご紹介します。

Tags:

【目次】
3月コーデのポイントって?
3月上旬のおすすめコーデ
3月中旬のおすすめコーデ
3月下旬のおすすめコーデ
コーデに活躍!あると便利なセットアップ

写真をもっと見る

3月コーデのポイントって?

3月になったらファッションにも春を取り入れたくなる…けれど、まだ寒さが厳しく、最低気温が10度を下回ることが多い時期。冬物から春物への移行期間なので、少しづつ春コーデに近づけていくのがおすすめです。そんな3月のおすすめの着こなしを上旬・中旬・下旬に分けてご紹介します。

【POINT】
・朝晩の寒暖差がある3月上旬は、冬アウターがマスト。インナーは明るい色や柄で春を意識した軽めのものに
・3月中旬は、寒さをまだ感じる時期。春向けのアウターにレイヤードスタイルで上手に寒さ対策を
・本格的な春コーデにシフトする3月下旬。薄手のアウターで全体的に軽やかなスタイルに変えてOK

3月上旬のおすすめコーデ

【1】ネイビーコート×白シャツ×黒カットソー×ピンクパンツ

【3】ネイビーコート×白シャツ×黒カットソー×ピンクパンツ

艶めきピンクが、重くなりがちな冬の着こなしを盛り上げてくれるくれるカンフル剤に!ともするとかわいい印象があるピンクパンツだから、程よくゆるっとしたテーパードなどこなれ感のあるシルエットが大人っぽさキープの鍵に。

▶︎寒くても春めき気分!には、ピンクのパンツが効果的

【2】ピンクコート×グレーニット×ピンクパンツ

【2】ピンクコート×グレーニット×ピンクパンツ

華やかなローズピンクも、メタリックな発色のおかげで大人かっこいいムードに。キレイめパンツで女っぽいピンクグラデを作ったら、優しく引き締めてくれるグレーで程よく甘さを中和して。カジュアルな中にも、フェミニンさを残したスタイルに。肌寒い日には薄手のダウンをブルゾン感覚で。

▶︎【2021冬ダウン】カラーダウンを大人こそ!シックな着こなし3カラー

【3】白ストール×グレージャケット×白ニット×黒スカート

【4】白ストール×グレージャケット×白ニット×黒スカート

コートなしでいくならジャケットの下には厚手タートル、ジャケットの上からは大判ストールと、挟み込むようにして防寒対策を!女性らしさを忘れたくないから、オフ白やあいまいカラーの小物を散らしてまろやか仕上げを目ざして。

▶︎脱コートがしたい日は、厚手タートルと大判ストールで賢く寒さ対策

【4】べージュコート×黒ニット×黒スカート

【4】べージュコート×黒ニット×黒スカート

「黒のコーディネートの上にさらに黒のコートを合わせることはよくありますが、あえてベージュを選ぶことで女性らしさが加わりました。また、着丈はしっかり長いですが、見た目より圧倒的に軽量なところも高ポイント。裏地なしでもとても暖かいです。バサっと羽織るだけでいい女感漂う一枚ですね!」(Domanist サペタ肖依さん)

▶︎ファッション業界で働くママが狙っているのは〝ハウント〟のコート! 【30~40代おしゃれワーママは何着てる?】

【5】カーキブルゾン×黒ニット×白フレアスカート

【2】カーキブルゾン×黒ニット×白フレアスカート

ワー/ママだってたまにはちょい不良に…!そんな気分をMA–1ブルゾンで発散★。黒タートルニットとフレアスカートのすっきりと端正な着こなし。アウターや小物しだいでいろんなテイストに振れる着こなしを、あえてスポーティなMA-1ブルゾンでカジュアルダウン。さらにファー付きカゴバッグでお遊び感をプラスして。黒、オフホワイト、カーキの3色でまとめているので、黒タイツでショートブーツにつなげて。

▶︎ワーママだってたまにはちょい不良に! そんな気分をMA–1ブルゾンで発散【黒タートルコーデ】

【6】ベージュコート×Gジャン×白パンツ

【7】ベージュコート×Gジャン×白パンツ

Gジャンとボアコート。流行りのアイテムは黒で締めてカッコよく。Gジャン、ボアコートなどトレンドアイテムを取り入れたいけれど、痛いワー/ママに見えるのは避けたい。そんなときはベーシックな黒タートルで落ち着かせるのが有効。ハンサムなフレアパンツからのぞくブーツが足元をクールに締めて。

▶︎若作りに見えるのは避けたい!【GジャンONボアコート】どう着るのが正解!?

【7】カーキコート×白ニット×グレーコーデュロイパンツ

【1】カーキコート×白ニット×グレーコーデュロイパンツ

スポーティなアウターで子供と過ごす休日も動きやすく、かっこよく。「〝マッキントッシュ〟のモッズコートは、一枚はおるだけで暖かくて動きやすいので、息子とのお散歩にはうってつけ。ストレッチが効いていて子供の世話もしやすい〝REDCARD〟のコーデュロイパンツと合わせて、カジュアルを満喫」

▶︎化粧品会社勤務美人ワーママのふたつの顔って!?

【8】ブラウンニットコート×白コーデュロイサロペット

【2】ブラウンニットコート×白コーデュロイサロペット

「きれいめニットコートに、コーデュロイのホワイトサロペットを合わせる意外性を楽しんでみました。足元はパンプスで大人っぽさを調節。鮮度を上げるチェックストールもポイントです」

▶︎こなれたおしゃれの仕上げに選ぶべきは着流しコート!って知ってた?

【9】ファーストール×ベージュコート×黒カーディガン×グリーンスカート

【1】ファーストール×黒カーディガン×グリーンレーススカート

ともすれば老けて見えがちなベージュ×グリーンの配色は、黒でキリリと引き締めるのが正解。

▶︎ベージュにグリーン、この配色が老けて見えないその秘密は”黒”にあり!

【10】黒ブルゾン×白インナーダウン×白ワイドパンツ

【5】黒ブルゾン×白インナーダウン×白ワイドパンツ

撥水、防風機能がついた毎シーズン大人気の高機能ジャケットの新型。ボリューム感が今っぽく、少しだけウエストを絞ればボトムも選びません。

▶︎撥水! 防風! 小顔効果! とにかく使える【Uniqlo U】のブロックテックジャケット

3月中旬のおすすめコーデ

【1】グレーカーディガン×グレーニット×白シャツ×黄色パンツ

【1】グレーカーディガン×グレーニット×白シャツ×黄色パンツ

カシミア混のロングカーディガン×プルオーバーニットのアンサンブルは、お仕事シーンでも大活躍する定番アイテム。イエローのベロアワイドパンツを合わせてゆったり着こなすことで、途端に今っぽさが高まって新鮮な印象に!インしたシャツもあえてロング丈を選ぶことが、上級見えするポイント。

▶︎コンサバな〝グレーニットアンサンブル〟は明るいイエローで盛り上げて!

【2】黒コート×白パーカ×白パンツ

【2】黒コート×白パーカ×白パンツ

肉厚のダンボール素材で仕立てたパーカーは、汚れがつきにくい加工が施されており小さいお子さんがいるワーママに人気のアイテム。パンツはゆるっとしつつも、ツヤ感があり、きれいめに仕上げてくれます。インナーをグレーのワントーンでまとめ、カジュアルだけれども洗練された大人の休日スタイルに。

▶︎パーカでつくるきれいめ大人の休日スタイル

【3】茶色コート×水色ニット×デニムパンツ

【3】茶色コート×水色ニット×デニムパンツ

耐水性、透湿性に優れた薄軽素材で春・夏・秋と長く着用することができるアウター。アウトドアアイテムながら、モッズコート風のディテールでおしゃれに取り入れることが可能。腰ポケットにはドローコードを搭載し、ウエストを絞ってオーバーサイズのコートをブラウジングさせた着こなしもおすすめ。通勤に合わせるなら、いかにもレジャー感が出ないよう首元にパールモチーフのネックレスを身につけて、さり気なく女っぽさをアピールすると◎。

▶︎〝ザ・ノース・フェイス〟のモッズコート風アウターはロングシーズン着られる名品♡

【4】グレーコート×グレーベスト×白シャツ×グレースカート

【3】グレーコート×グレーベスト×白シャツ×グレースカート

ステンカラーコート、ニットベスト、プリーツスカートで濃度が異なるグレーを少しずつ重ねた、フェミニン派に挑戦してほしい通勤コーデ。旬カラーのグレーだからこそ、レイヤードすることで上級見えを狙って!

▶︎濃度の異なるグレーをレイヤードしておしゃれ上級者に!

【5】黒ライダースジャケット×ブルーTシャツ×ベージュフレアスカート

【6】黒ライダースジャケット×ブルーTシャツ×ベージュフレアスカート

気温が高い日ならライダースジャケットでサラッと軽やかに。麻×ナイロンで表情豊かなテクスチャーのベージュフレア。ヒールも似合うけれど、キャッチーな柄のフラットパンプスでひとひねりすると素敵。

▶︎フレアスカートに合わせる断然今年っぽい足元は!?【今、着たいコーデ】

【6】ベージュコート×黒レースブラウス×黒パンツ

【4】ベージュコート×黒レースブラウス×黒パンツ

女度の高いレースブラウスを黒パンツとトレンチでかっこよく。ママでもピンヒールは諦めたくない。仕事の大事なシーンこそ、ハイヒールで背筋をピンと伸ばして臨みたい。

▶︎「今日は大事な会議!」だから私は、女っぷりときちんと感を兼備する【レースブラウス】を着る

【7】ボーダーカットソー×ブラウンパンツ×ベージュコート

【10】ボーダーカットソー×ブラウンパンツ×ベージュコート

ボーダーを効かせた甘めカジュアルコートのデザインと喧嘩しないベーシックなマリンボーダーで。バッグとボーダーカットソーの色をリンクさせることで、ボーダーが浮かずにまとまる。

▶︎ボーダー女子が最近一周してモテるってほんと!?【明日のコーデ】

【8】紫フレアスカート×黒トレンチコート

【1】紫フレアスカート×黒トレンチコート

優しさと気品をはらんだドラマティックなローズリップ。トレンチ×ローズリップのエレガントコーデ。きちんと輪郭をとった唇は、正統派な気品を醸し出すアクセサリーの役割も。目元は目尻だけアイラインを入れてキャットEYEに。時間がなくてもきちんと見えるんです。

▶︎エレガントな黒コーデには、まろやかなローズリップを【黒を着る日のリップ問題】

3月下旬のおすすめコーデ

【1】ベージュコート×グレーカットソー×白パンツ

【1】ベージュコート×グレーカットソー×白パンツ

トレンドに左右されないキャンバストートは、オールシーズン使えて長く愛用できるところが魅力♡ キャッチーな派手色でもスタイルから浮かないのは、身につける人をスマートに見せてくれるストライプのおかげ。これからの季節にうれしい清涼感もあり、シンプルな装いのアクセントにもなって、大人の着こなしにうれしい効果をもたらしてくれます♪

▶︎カジュアルでもほっこりしない! ”センスが良い人”のBIGキャンバストート

【2】白ベスト×白シャツ×グレーパンツ

【3】白ベスト×白シャツ×グレーパンツ

肩がやや落ちたニットベストと、首元とそで口がレースになったブラウスをレイヤード。それだけで今年っぽいアプローチですが、ジョッパーズパンツを含め全身をニュアンスカラーのワントーン配色にすることで、より今っぽいムードの通勤コーデが完成!

▶︎トレンドの〝ニットベスト〟で通勤コーデの鮮度をUP

【3】デニムシャツ×黒キャミワンピース

【3】デニムシャツ×黒キャミワンピース

ワンピで気持ち華やかに。艶やかなキャミワンピの上からデニムシャツをゆるっとはおりラフに着こなして。カジュアルなデニムシャツに上品なパールネックレスの組み合わせは、まさにトライしたいテイストミックス。

▶︎Day12: 女友達と久しぶりの再会は、”ラフで女らしい”コーデで 【”たった9枚”で2週間コーデ】

【4】ピンクニット×黒パンツ

【4】ピンクニット×黒パンツ

少し長めの着丈でスポーティ感のあるスキッパーニット。発色のいいトップスが冒険アイテムだという人は、着慣れた黒のワイドパンツで大人っぽくデイリーに落ち着かせて。ストレッチが効いているので、動く日にもぴったり。どちらも手洗いができる素材なので、秋始めから春先まで長く愛用できます。

▶︎カラートップスはデイリーアイテムと一緒に取り入れて

【5】黒カットソー×Tシャツ×ボタニカル柄スカート

【5】黒カットソー×Tシャツ×花柄スカート

植物の瑞々しいモチーフが目を引く、コットンフレアスカート。洗いをかけてあえてシワ感を残したカジュアルな風合いが、ボタニカル柄をこなれて見せてくれるポイント。ライトグレーとチャコールグレーを重ねたトップスを合わせて糖度オフにまとめると、大人っぽさもキープできる!

▶︎大胆なプリントスカートは甘さオフで着こなすのが大人のバランス

【6】グレーシャツワンピース×グレーパンツ

【6】グレーシャツワンピース×グレーパンツ

シャツワンピースは一枚で着るのはもちろん、同素材のワイドパンツとセットアップ風に重ねて、ロング×ロングのシルエットで着るのが今年っぽい。シャツワンピは前を開けて軽はおりとしても使えたり、さらに季節が深まったら中にタートルニットなどを入れてレイヤードを楽しんでもおしゃれ!

▶︎シャツワンピはロング × ロングのシルエットで着るのが今年っぽい

【7】黒コート×黒ブラウス×黒タイトスカート

【2】黒コート×黒ブラウス×黒タイトスカート

大事なお客様をエスコートする会食ではオールブラックで黒子に徹して。レースブラウスや落ち感のあるスカートなら、すべてを黒でまとめても地味にならないのが魅力。素肌が透ける女らしいレースを身につけたときの、身が引き締まる感じに気持ちも高揚。

▶︎「すべてを黒でまとめても地味にならない」私がレースブラウスを着る理由。

【8】白ブラウス×ネイビーパンツ×ベージュコート

【7】白ブラウス×ネイビーパンツ×ベージュコート

3本のストラップデザインが、シンプルなスタイリングにリズムとアクセントを生む。上品なコートやとろみパンツが、白レザーの硬い光沢感でシャープに。

▶︎40代、残念地味女子には○○が足りません!?【明日のコーデ】

コーデに活躍!あると便利なセットアップ

【1】グレーニット×パンツのセットアップ

【2】グレーニット×パンツのセットアップ

パートナーとのシェア使いも楽しめるドメスティックなニットブランドといえば「SLOANE」。日々のコーディネートの即戦力となるアイテムが豊富ですが、大人が手に入れたいのはダークグレーのニットアップ。ゆるっとはおれるロングカーデ×サイズバランスを追求してつくられたタートルニット×太ももにゆとりをもたせたテーパードパンツは、スリーピースではもちろんそれぞれ単品でも大活躍しそう!

▶︎大人のゆるく見えないニットアップはきれいめグレーで決まり!

【2】カラーコート×グレープルオーバー×パンツのセットアップ

【2】カラーコート×グレープルオーバー×パンツのセットアップ

やわらかなグレージュのトーンが落ち着いた品格を醸し出す、シンプルなプルオーバーと細身パンツのセットアップ。とことんシンプルなデザインながら、オーバーフォルムのボックスシルエット、そして少し肩が落ちたドロップショルダーにさりげないトレンド感が漂って。また、注目したいのは襟元のVカッティングとパンツの両裾にあしらわれたフロントスリット。その切れ味のいいディテールが着こなしをスタイリッシュにかっこよく見せてくれます。よりフォーマル感を求めるならブラックもおすすめ。

そんなシャープなセットアップの着こなしに加えたいのは、鮮やかなカラーコート。デザインはチェスタータイプ、そして旬のロング丈を選び、女前なかっこよさを演出して。

▶︎【40代の優秀セットアップ】卒入園にも大活躍! ワーママに嬉しい最新きれいめセットアップ3選

【3】グレーブラウス×パンツのセットアップ

【3】グレーブラウス×パンツのセットアップ

程よく地厚で美しいフォルムを生むダブルクロス素材を生かしたパフスリーブは、トレンド感抜群。身頃を少し華奢につくることで上半身にボリュームが出すぎず、袖のデザインを生かしながらスッキリと着られる絶妙なバランスに。またパンツはストレスフリーなドロストデザイン。きちんと見えするストレートシルエットの中に、程よいリラクシーさが宿ります。いまや定番アイテムともなったとろみ素材のブラウスセットアップを、華やかかつスポーティにアップデートして。

▶︎【40代の優秀セットアップ】ブラウスセットアップ編/新しく買い足したくなる♡ ひとクセデザインアイテム3選

【4】ドット柄ブラウス×ネイビージャケット×パンツのセットアップ

【4】ドット柄ブラウス×ネイビージャケット×パンツのセットアップ

ベーシックな紺ブレザーをハンサムに仕立てたセットアップは、フォーマルからカジュアルまで、どんなシーンのおしゃれにも寄り添ってくれるタイムレスな一着。少し長めの着丈、シャープなラペルとショルダーラインがかっこよさを引き立てます。ボトムは、すとんと落ちるストレートラインが美しいワイドパンツ。ツータック仕様のワイドシルエットが生み出す迫力は、大人の女性だからこそ似合うもの。ドットブラウスやブローチなど、華やぎのある遊び心を加えてモードに着こなして。

▶︎【40代の優秀セットアップ】ダブルジャケット編/〝わかってる〟おしゃれ感が出るアイテム3選

【5】グレーシャツ×スカートのセットアップ

【5】グレーシャツ×スカートのセットアップ

しなやかなフランネル素材は、肌への当たりがやわらく見た目もきれいめで通勤エレガンスにぴったり。きちんと感のあるシャツと上品なマキシ丈フレアをセットアップで着こなすと、働く大人の女性にふさわしい上品さが漂って。

▶︎きれいめ通勤スタイルを叶えてくれるのは、ナチュラルカラーのセットアップ

【6】黒コート×茶色トップス×パンツのセットアップ

【6】黒コート×茶色トップス×パンツのセットアップ

ランチを早く切り上げ、発売を待ち望んでいた新刊をゲット。パッとおしゃれが決まるセットアップを溺愛する…、時間がないなら隙間時間を活用する…。ワー/ママになって上手になったのは、効率よく過ごすこと。

▶︎ワーママはパッとおしゃれが決まるセットアップを溺愛!

最後に

3月のおすすめコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか。 服装選びに迷うときが多い春は、素材やアイテム使いにこだわることで快適に過ごせますよ。 ぜひ、普段のコーデの参考にしてみてくださいね。

写真をもっと見る
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事