家事代行ってどう選ぶ?比較検討大好きワーママが各社の特徴をレポート! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.03.08

家事代行ってどう選ぶ?比較検討大好きワーママが各社の特徴をレポート!

時短家電の利用だけでは飽きたらず、家事のアウトソースで生活の質が格段にアップ!家事代行の始めの一歩に欲しかった情報をまとめます◎

Tags:

「家事代行、必要?」の概念から踏み切った理由は…

元々私は「家事代行より外食にお金を使いたい派」でした。というのも最近は時短家電が潤沢にあり、家事が相当「楽に」なっていたことが背景にあります。
ただ、家事が「存在」する限り”やってあげている感“が夫婦間で見え隠れ…精神衛生上よくないので解決策を求めていたところ、『家事代行を使って家事を”やらない”選択をしているよ!』という意見に出会いました。心身ともに健康的なワーママを目指し、試してみたところ…結果は大正解でした!

家事代行会社の選び方:各社の特技×費用対効果で選ぶ!

前提として、私は料理は好きなのですが掃除が苦手なので「掃除代行」を探していました。また家事”代行”なので掃除用具などは自身で準備する必要があります。そこを踏まえて登録した3社を比較(あくまでも主観となります)。

勝手に!3社比較~~

※◎は公式HPも参考にしながら「各社の特技」として私が個人的に認識したものです。

1:ベアーズ:老舗家事代行会社

対応サービスは、掃除、料理、シッター。ハウスクリーニングも提供。3時間の家事代行で水回りをピッカピカにしてくれました!(台所、洗面台、お風呂場。シャンプーボトルの汚れまでツルピカ!)
価格:時給4000円+税+交通費。やや高めですが、品質は完璧。定期契約の場合は時給2,300円~/週。
結論:かなりのきれい好きママにもおすすめできる。

 2:キッズライン:マッチング型のシッター&家事代行サービス。

自分でスタッフさんを選び申し込む(スタッフごとに時給や対応可能内容が異なる)。シッターから始まったサービスなので登録スタッフもシッター希望が多い印象。 (例えば「子ども大好き!少しでもママさんの負担を軽減しようと掃除・料理も始めました」などの表記がちらほら)。
価格:時給1300円+税〜+交通費実費+手数料。
結論:「お掃除は自分流があるので、掃除中に子どもを見ていてほしい」人と相性がよさそう。

3:Casy(カジー):バランスの良い家事代行サービス

掃除、料理、シッター、ハウスクリーニングに対応。利用者がWEBで日時を選んで依頼内容を入力すると、カジーがスタッフをアサインする方式(指名も可能)。スタッフさんは手早く、頑固な汚れもきれいにしてくれました。2時間からOKなところもポイント。
価格:時給2500円+税+交通費 定期利用の場合は2190円~。
結論:お値段手頃、予約もスムーズ、仕上がりも上々。月1回利用だとベアーズよりもお安いので、お掃除にそこまでこだわらない私がリピートするならCasy。 

コストに対する満足度は?夫婦そろって「最高!」

家事のプロに部屋をピカピカにしてもらうことで、部屋の空気が変わったことを実感します。この清々しさはプライスレス。自分でここまで綺麗にするには体力も精神も相当消耗する…その疲れが部屋の空気を澱ませてしまうと思うと、家事を減らすこと・人にきれいな空間を作ってもらうことのメリットを強く感じました。

▲リビングにプレイマットを敷き詰めていたのを剥がして、掃除機&拭き掃除をしてもらいました。これに加えキッチン床とお風呂場も(2時間で)。

始めは怪訝そうだった夫も、終わったあとは「すごくいいね!」と上機嫌◎夫婦一人あたり3000円でこの清々しさや夫婦円満感を得られるのは画期的だと感じました。
料理、掃除、子守りと、人それぞれ体力の消耗の仕方も、自分でやりたいものも異なるもの。アウトソースして得たいものは何かを考えて選ぶのが、コスパの良い家事代行の利用法なのかなと思いました!

補足…家事代行とハウスクリーニングとの違いは?

家事代行は上述の通り、自身の代わりにやってくれるものなので備品は基本自分で用意します。一方、ハウスクリーニングはプロ仕事。プロ仕様の掃除用具を持参してきれいにしてくれます。我が家ではCasyのハウスクリーニングでエアコンを依頼したことがありますが、1台あたり1時間強で仕上げていただきました。

▲分解して、専門の機材を使って、あっという間にぴっかぴか!

そのほか、「梅雨の前にお風呂場をハウスクリーニングでキレイにしておいてもらうとカビにくいので、家事代行の頻度も少なくて済むよ」といった裏技も教えていただきました。

また、政府の休校要請によりシッター依頼が急増していることもあり、内閣府から既存の企業主導型ベビーシッター利用支援事業の特例措置が発表になっているので、利用前に一度こちらをチェックしてみてください。

Domanist

田中加奈子

IT会社勤務、一児(女児)の母。ウェブサービスの企画・運営を8年間経験し、人事部で人材育成に携わる。愚痴のポジティブ変換が得意。
IG:https://www.instagram.com/kanako.171

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事