コロナ離婚の危機!N.Y.ワーママたちの鬱憤 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ

2020.03.20

コロナ離婚の危機!N.Y.ワーママたちの鬱憤

世界同時多発テロや、ハリケーン、大停電…数々の非常事態を乗り越えてきたニューヨークもコロナウイルスの影響が出つつあります。今、働くママたちはどう過ごしてる?マンハッタンでファッション&ライフスタイルビジネスコンサルティングを手がける高久純子さんに聞きました。

Tags:

学校、ジム、レストラン…あらゆる場所がクローズしはじめたニューヨーカーたちの生活は今

▲スターバックスもこんな感じです。

N.Y.の住人にコロナウィルスの影響が出はじめて2週目の週末。多くのニューヨーカーにとって思わぬ方向へ予想を上回る速度で事態は急展開しました。とうとう、全米最大のスクールシステムであるNYの公立校すべてが4月20日まで休校になってしまったのです!そして、3月17日からバーはクローズ、レストランは客を入れずテイクアウトのみの営業となり、映画館、フィットネスジムなどのあらゆる人が集う場所はシャットダウンという決定が下されました。

日曜夕方の夕飯時に市長が発表した、このコロナウィルス封じ込め作戦の内容に、多くのニューヨーカーは「Oh my god!」と叫び頭を抱えてしまいました。ニュースで報道されていた“イタリアの悪夢”が、リアルにNYに、いや全アメリカ国民に降りかかろうとしているのです!

仕事はテレワーク、子どもは…

私はといえば、「OMG」を連発している場合ではなく、月曜日からの家族の生活、会社の事を考えなくては!ディナーもお預けで緊急家族会議をスタート。会社は、社員の安全を考慮し、先週から準備してきたシステムを使って、全員テレワークに切り替えることに。

そして、問題は12歳の息子。習い事もすべてキャンセルになって、突然空白になった彼の日々の生活をどうしよう!? 家でゲームばかりされても困る! 家庭教師やピアノの先生には、ミーティングアプリでレッスンを続けてもらう約束を取り付けます。同じようなリクエストが殺到するので、とにかく早い者勝ち。各先生に電話して確約は先手必勝でゲット! 問題はスポーツ系の習い事の穴埋め。テニスコートなどの施設もクローズしているため、状況は厳しい…。とりあえず、日々の自宅での筋トレと朝のランニングで、育ち盛りの有り余った体力をなんとか消耗するしかなさそうだけれど…。

お祭り騒ぎの後に待っていた疲労感

最初の2日間は、事態に対応するためにバタバタとしているうちに過ぎてしまいました。でも3日目くらいから、様々な現実的な問題に突き当たり、慣れない行動パターンに疲労感を覚えはじめて…。それは私だけではない様子。ママ友たちとのグループチャットのやり取りが、パンクするほどの量に膨れ上がっている! 情報交換のためでもあるけれど、ほとんどが、不安、心配、ストレスをぶつけ合い、鬱憤晴らすための発信です。

「買いだめした食材が冷蔵庫に詰まっているのに、なぜか食事をつくる気がしない」
「兄弟げんかがエスカレートして家が壊れそう!」
「シッターさんにも断られ、家事とテレワークの両方に追われて家庭内ブラック企業になっている(涙)」

中でも、「自宅で粗大ごみ化する夫問題」は、最も訴えが多く深刻なトピック。多くの企業が在宅勤務に切り替える中、日頃は不在のはずの夫が24時間家に居ることになり、家族の関係、夫婦間にさまざま「摩擦」が生じている模様。
仕事とはいえ、PCに向かったきり家事を一切手伝わない夫、子供にキレる夫、家庭内の平日のルールをことごとく破る夫…。

妻たちのストレスは休校3日目にして、すでにマックスに達しようとしています。「このままじゃ、コロナ離婚だわ!」という彼女たちの言葉もなまじ冗談ではないかも。その上、外出禁止令が出されるという噂もあり、また近々、事態の急転換がありそうです。

text

高久純子

ファッション雑誌編集者を経て渡米。NYをベースにファッション、ライフスタイルビジネスのコンサルティングを手掛ける。12歳の男の子のママでもある。
Instagram:http://@junko901nyc

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事