【拝借する】ってどんな時に使う?意味・例文・類語・注意点も併せてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.07.19

【拝借する】ってどんな時に使う?意味・例文・類語・注意点も併せてご紹介

【拝借する】は、「借りる」をへりくだっていう語です。日常会話では「お借りします」の方が自然な印象に。今回は「拝借」の意味や例文、類語、注意点をご紹介します。

Tags:

【目次】
「拝借」の意味や読み方とは?
「拝借」の使い方を例文でチェック
「拝借」の類語や言い換え表現にはどのようなものがある?
「拝借」の英語表現とは?
最後に

「拝借」の意味や読み方とは?

「拝借する」の使い方を身につけるには、まず意味を正しく理解しなくてはいけません。また、「拝借する」を使う際にはいくつかの注意点があります。ここでは、「拝借」の意味や使う際の注意点をご紹介します。

拝借

読み方と意味

「拝借(はいしゃく)」は、「借りる」をへりくだっていう語です。「拝」は相手を敬う気持ちを含み、「借」のような動きを表す語の前につけることで、自分の動きをへりくだっていう表現になります。

「拝借する」の敬語表現は?

「拝借」は「借りる」の謙譲語ですので、そのまま目上の人に使うことができます。丁寧な印象を与えようとして、「ご拝借」と使ってしまうと二重敬語になるので、要注意! 必ず、「拝借します」「拝借してもよろしいですか」のように、「ご」を付けずに使いましょう。

また、「拝借する」は尊敬語の「お借りする」に言い換えることができます。日常会話では「お借りします」の方が自然です。状況に合わせて「拝借する」と使い分けましょう。

ビジネス等で使う時の注意点

「拝借される」、「拝借ください」といった使い方はしていませんか?「拝借」は自分の動作をへりくだっていう言葉なので、相手の動作に対して使うと失礼な表現になります。目上の人の動作は、「お借りになる」を使うのが適切ですよ。

また、「拝借」は返すことが前提の言葉です。時間や名前のように、借りても返せないものに対して使うと違和感を覚える人もいますので注意しましょう。しかし、「お知恵を拝借」など、もの以外に「拝借」を使った言い回しもあります。そのような言い回しについて、次項で解説いたしますので、ご確認ください。

「拝借」の使い方を例文でチェック

ここでは、「拝借」を用いた例文をご紹介します。知っておくと便利な「拝借」を使った言い回しについても解説いたしますので、ぜひ覚えて活用しましょう!

拝借

1:「資料を拝借します」

「拝借」はものを借りる際に使われる表現です。「借ります」よりも知的で丁寧な印象を与えるため、目上の人から何かを借りる際に使うと好印象ですよ。日常会話でも使うことはできますが、やや堅すぎるかもしれません。

2:「お知恵を拝借できますと幸いです」

「拝借」はものを借りる時以外にも使うことができます。例文は、目上の人から意見をもらいたい時に使える表現。「ご意見を拝借させてください」も同じような場面で使うことができるので、合わせて覚えておくと便利です。

3:「お手を拝借いたします」

掛け声に合わせてみんなで一斉に手を叩く一本締めは、会合の締めのテッパン。「お手を拝借」は、一本締めをする合図として使われる表現です。社会人として、ぜひ覚えておきたい表現のひとつです。

「拝借」の類語や言い換え表現にはどのようなものがある?

「拝借」は目上の人に対してや書き言葉として使うのであれば丁寧で好印象な言葉ですが、日常会話などで使うにはやや堅い表現です。類語や言い換え表現と臨機応変に使い分けることで、より自然なコミュニケーションをとる事ができます。

1:「借り」

借りることを意味する言葉です。特に、借金や負債のように「資金などを得る」という意味合いを強く持ち、「借りを返す」のように使います。謙譲語の意味は含まず、「拝借」と比べると丁寧さには欠ける表現ですので注意して使いましょう。

2:「借用」

何かを借りて、使うことを意味します。「借用」も「拝借」とは違い、謙譲語ではありません。目上の人から何か借りる際は「拝借」を使うのが無難ですよ。

3:「お貸しいただく」

ビジネスでは「〇〇様のお力をお貸しいただきたく存じます」のように使われます。目上の人に意見を求める際に、柔らかく丁寧にお願いすることができる表現です。

「拝借」の英語表現とは?

拝借

「拝借」という意味を持つ英単語には、“borrow” と“borrowing” があります。“borrow” は「借りる」や「借入する」を意味する動詞で、その現在分詞および名詞が“borrowing”です。

ものを借りても良いか確認する際の英語表現としては、“Could you possibly lend me your~?” (~を拝借できますか?)があります。もう少しカジュアルな表現として、“May I please use your ~?” や“Can I please use your~?” なども覚えておくと便利です。

例文

“I’d like to borrow this book.” (この本を拝借したいです)
“Could you possibly lend me your money?” (お金を拝借できますか)
“May I please use your pen?” (ペンを拝借できますか)

 

最後に

拝借

「拝借」の意味や注意点などをご紹介しましたが、いかがでしたか?ものを借りる際、「貸してください」ではなく、「拝借できますか」と言うことでより丁寧で知的な印象になります。ぜひ、目上の人との会話やメールなどに取り入れてみてください。その際、二重敬語などにはくれぐれも注意してください。

こちらの記事もたくさん読まれています
【煩雑】の正しい意味は? 〝繁雑〟や〝複雑〟との違いや類語・対義語もご紹介
「申し訳ない」正しく使えてる? 類語や熟語、ビジネスで使える例文(まとめ)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事