Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 挨拶・マナー

2023.07.21

【拝借する】ってどんな時に使う?意味・例文・類語・注意点も併せてご紹介

 

【拝借する】は、「借りる」をへりくだっていう語です。日常会話では「お借りします」の方が自然な印象に。今回は「拝借」の意味や例文、類語、注意点をご紹介します。

Tags:

「拝借」の意味や読み方とは?

「拝借する」という言葉の使い方を身につけるには、まず意味を正しく理解しなくてはいけません。また、「拝借する」を使う際にはいくつかの注意点があります。ここでは、「拝借」の意味や使う際の注意点を紹介します。

拝借

読み方と意味

「拝借(はいしゃく)」は、「借りる」をへりくだっていう語です。「拝」は相手を敬う気持ちを含み、「借」のような動きを表す語の前につけることで、自分の動きをへりくだっていう表現になります。

「拝借する」の敬語表現は?

「拝借」は「借りる」の謙譲語ですので、そのまま目上の人に使うことができます。丁寧な印象を与えようとして、「ご拝借」と使ってしまうと二重敬語になるので、要注意! 必ず、「拝借します」「拝借してもよろしいですか」のように、「ご」を付けずに使いましょう。

また、「拝借する」は尊敬語の「お借りする」に言い換えることができます。日常会話では「お借りします」の方が自然です。状況に合わせて「拝借する」と使い分けましょう。

ビジネス等で使う時の注意点

「拝借される」、「拝借ください」といった使い方はしていませんか?「拝借」は自分の動作をへりくだっていう言葉なので、相手の動作に対して使うと失礼な表現になります。目上の人の動作は、「お借りになる」を使うのが適切ですよ。

また、「拝借」は返すことが前提の言葉です。時間や名前のように、借りても返せないものに対して使うと違和感を覚える人もいますので注意しましょう。しかし、「お知恵を拝借」など、もの以外に「拝借」を使った言い回しもあります。そのような言い回しについて、次項で解説いたしますので、ご確認ください。

「拝借」の使い方を例文でチェック

ここでは、「拝借」を用いた例文をご紹介します。知っておくと便利な「拝借」を使った言い回しについても解説しますので、ぜひ覚えて活用しましょう!

拝借

「資料を拝借します」

「拝借」はものを借りる際に使われる表現です。「借ります」よりも知的で丁寧な印象を与えるため、目上の人から何かを借りる際に使うと好印象ですよ。日常会話でも使うことはできますが、やや堅すぎるかもしれません。

「お知恵を拝借できますと幸いです」

「拝借」はものを借りる時以外にも使うことができます。例文は、目上の人から意見をもらいたい時に使える表現。「ご意見を拝借させてください」も同じような場面で使うことができるので、合わせて覚えておくと便利です。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!