優しい人ほど、なにこの孤独感?【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.05.31

医師に聞いた!アラフォー「寂しい」の解決法【働く女性の質問箱】

多くの人が抱える「なんとなく寂しい」という感情。解決する方法はあるのでしょうか? ワーママの先輩でもある神経内科クリニック院長がアドバイスします。

Tags:

Q:何をしていても、なんとなく「寂しい」のはどう解決する?

答える人/霜田里絵(銀座内科・神経内科クリニック院長・医学博士)

A:友人関係を広げ「いいところ探し」を

40代以降は、孤独や喪失感などを感じやすくなってくるときだといえます。そして、そういう方はきっと、人に優しい方なのだろうと思います。

だからこそ、広く友達をもっておくことをおすすめします。浅くてもいいから、広く、たくさん。特にアラフォー以降は、どちらかというと、人間関係をスリム化していく方向にいきがちです。数少ない友人で、もし共感してもらえなかったりイヤなところを見つけたら、さらに寂しくなってしまいますから。

でも広い交友関係があれば、寂しがり屋に共感してくれる人はいるはずですし、いろんな人それぞれのいいところを見つけられると、それだけで気持ちは上向きになります。人づきあいの裾野を広げて、気持ちを楽にしていく。人生100年時代にはそういう作戦も必要ではないでしょうか。いろいろな個性に触れ、「寂しい」と感じることさえも個性だと思えたら、とても素敵なことだと思いますよ。

写真/Shutterstock.com

銀座内科・神経内科クリニック院長・医学博士

霜田里絵(しもだ さとえ)

医師・医学博士。銀座内科・神経内科クリニック院長。パーキンソン病、アルツハイマー病、脳血管障害、頭痛、めまい、しびれなどが専門。『絶対ボケない頭をつくる!:脳の専門医が教える 元気に、長生きする方法』(学研パブリッシング刊)、『一流の画家はなぜ長寿なのか』(サンマーク出版)ほか著書多数。

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事