出産祝い「うれしいもの」「実は困るもの」どちらも1位はまさかのアレ! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE贈り物

2020.06.17

出産祝い「うれしいもの」「実は困るもの」どちらも1位はまさかのアレ!

「出産祝い」に関するアンケートを行ったところ、“もらってうれしかった”ものも“困った”ものも、上位は同じという意外な結果が。出産祝いに迷っている人必見のアンケート結果をご紹介します!

Tags:

出産祝い、何をあげるのが正解?

一体何をあげたら喜ばれるのか、迷ってしまいがちな「出産祝い」。みなさんはどうやって選んでいますか?あげる相手との関係性や距離感にもよりますが、結局のところ何が喜んでもらえるのか、実は困らせてしまっているのでは?と、なかなか悩ましい問題ですよね。

今回、ギフト紹介メディア『素敵なギフト』は、出産祝いに関するアンケートを実施。その意外な調査結果をご紹介します!

“もらってうれしい”も“実は困った”も、第1位は同じ結果に!

Q1:もらってうれしかった出産祝いは?

出産祝い

5年以内に出産祝いをもらったことがある子育て中の男女100名に、もらってうれしかった出産祝いを聞きました。その結果第1位に輝いたのは「ベビー服」。続いて「スタイ」が第2位となりました。どちらも出産祝いの定番というイメージ。

「ベビー服」をもらってうれしかった理由

・「キムラタンの90cmサイズのベビー服。1歳から3歳まで長く着られたのでうれしかった」(男の子のママ、30代)
・「80cmサイズのベビー服。子どもが動き出すとなかなか買い物に行く時間を取れないが、80cmの服は1歳の子どもにちょうどよく、大変役に立った」(女の子のパパ、30代)

ベビー服をもらってうれしかったという人の声から、1歳くらいから長い間着られる80cmサイズや90cmサイズのベビー服が重宝されていることがうかがえます。ベビー服を選ぶなら、サイズ選びは重要なポイントのよう!

・「baby GAPのベビー服。私も主人も好きなブランドなので」(男の子のママ、30代)

さらに、好きなブランドのものなのでうれしかったという声も。ベビー服を出産祝いとしてあげる場合は、相手がどんなブランドを好きなのかリサーチしてみるといいかもしれませんね。

「スタイ」をもらってうれしかった理由

「スタイ」とは、いわゆる「よだれかけ」のこと。

・「MARLMARLのスタイ。スタイは毎日使うものなので何枚あってもいい」(女の子のパパ、30代)
・「かわいいデザインのスタイ。シンプルな洋服にスタイをつけるだけでお出かけ用の服に変身するので、いつもつけていました」(女の子のママ、30代)

など、必需品であるスタイは何枚あっても困らないためギフトとして向いているようです。さらに、ベビー服と違ってサイズをあまり気にしなくていいので、あげる方としても比較的選びやすいギフトですよね。

Q2:もらって困った出産祝いは?

出産祝い

続いて、もらって困ってしまった出産祝いについても質問。その結果、なんと「うれしかった出産祝い」と同じく「ベビー服」が第1位に…!そして、「うれしかった出産祝い」では上位にランクインしなかった「おもちゃ」が第2位という結果になりました。

「ベビー服」をもらって困った理由

ベビー服をもらって困った理由を見てみると、デザインやサイズの問題が浮き彫りに。

・「70cmサイズのカバーオール。デザインがとてもかわいくてたくさん着せたかったが、2~3回で着られなくなってしまった」(男の子のママ、30代)
・「少し厚手の60cmサイズのベビー服。季節が合わず、着る機会がないままサイズアウトしてしまった」(男の子のママ、30代)

出産祝いだからとすぐ着られそうな小さめのサイズをあげた結果、タイミングが合わず着るタイミングがなかったり、あっという間に小さくなってしまったり…。サイズについては「もらってうれしかった理由」でも挙がっていましたが、かなり気をつけないと外してしまう可能性も高い難しいポイントのよう。

また、ベビー服は親の趣味が出やすいものでもあるため、好みじゃないデザインのものをもらった結果困ってしまったという声も。

・「好みのデザインではなかった。また、他の人からも同じものをもらっていた」(男の子のママ、20代)

好みが合えばかなりうれしいけれど、合わなければ一気に「困ったプレゼント」に…。相手の趣味をよく知らない場合は、ベビー服をあげるのに慎重になった方がいいかも?

「おもちゃ」をもらって困った理由

おもちゃをもらって困った理由として挙げられていたのが、「置き場所に困る」というもの。

・「とても大きなクマのぬいぐるみをもらったが、部屋に置くとかなりの幅を取って邪魔だった」(女の子のパパ、20代)

あまりに大きなものや、対象年齢が上で遊べるのがだいぶ先のものだったりすると、かさばって置き場に困ってしまうことも。もしおもちゃをあげるなら、0歳から遊べてコンパクトにしまえるものにしておいた方が無難かも。

また、おもちゃで重要なのが、安全性にきちんと配慮されたものであるかということ。

・「水が入っていてカミカミできるおもちゃは、噛んでいるうちに水が漏れてきてしまった。おもちゃは絶対に安全なものがいいと思った」(女の子のママ、30代)

これは、赤ちゃんへのプレゼントを選ぶときには絶対に気をつけたいところです。見た目だけで選んでしまうことなく、安全性に気を配られた信頼できる商品かどうか、ご注意を。

Q3:贈った出産祝いは?

出産祝い

ところで、みなさん実際にはどんなプレゼントをあげているのでしょうか?5年以内に出産祝いを贈ったことがある男女100名に、贈った出産祝い(複数ある場合、もっとも印象に残ったギフト)を聞いてみました。その結果第1位が「ベビー服」、2位が「スタイ」と、「もらってうれしかった」ランキングと同じ結果に。

また、ここで注目したいのが3位の「カタログギフト」。これまでのランキングでは目立ちませんでしたが、「もらって困った」ものに入っておらず、堅実なプレゼントと言えそう。同じく「現金・ギフトカード」も「もらって困った」ものにはランクインしておらず、「うれしかった」ものでは第4位となっています。何をあげたらいいかさっぱりわからないというときには、ぜひ選択肢に入れたいと思わせる結果ではないでしょうか。

「もらってうれしい出産祝い」も「もらって困った出産祝い」も、第1位が同じという意外な調査結果となりました。喜ばれるか困らせてしまうか、同じものでも選び方ひとつでかなり変わってきてしまうのが出産祝いのようです。出産祝いに迷っている人は、参考にしてみては。

なお、『素敵なギフト』では、今回の調査結果をもとに厳選した、ママ・パパに本当に喜んでもらえる出産祝い41点を紹介。出産祝いのマナーも解説していて、出産祝いに関するあらゆる悩みが解決する記事となっています。

記事タイトル:喜ばれるものはこれ!出産祝いのマナーとオススメの人気アイテム41選
記事URL:https://nice-gift.jp/1356

【調査概要】
調査名:「出産祝い」に関する意識調査
調査期間:2020年4月17日(金) 〜 4月20日(月)
調査手法:Web調査
調査対象:過去5年以内に出産祝いをもらったことがある男女(回答者数:100名)、過去5年以内に出産祝いを贈ったことがある男女(回答者数:100名)

情報提供:素敵なギフト

あわせて読みたい
▶︎出産祝いにもオススメ!買ってよかった名品ベビー肌着
▶︎ママの間で話題の本当に喜ばれる出産祝いといえばこの2つ!

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事