【カバーモデル就任・特別転載】小泉里子 35歳のポートレート Vol.4 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

COVERカバーガール・小泉里子

2018.02.01

【カバーモデル就任・特別転載】小泉里子 35歳のポートレート Vol.4

Tags:

今まであまり話したことがないんだけど、美容や健康など、自分の体のケアに目覚め始めたのは30歳になってから。モデルという仕事なのに、とても遅咲きで。それまではスキンケアも、メークを落として顔を洗って、化粧水つけてクリーム塗って…という必要最低限の美容ケアだけ。特別な体のメンテナンスも、運動もしなかった。今は絶対にないけど、酔っ払って帰宅した日は平気で顔も洗わずに寝たり、時間やカロリーを気にせず暴飲暴食したり…。そもそも太ることが悪いとも思ってなかった。太ったら太ったで〝こんな私もアリでしょ?〞なんてナゾの余裕を醸し出したり(笑)。とにかく、〝美〞に関して無頓着だった。

そんな私も、30歳を迎えたあたりから〝そろそろ気にしないとマズイな〞という意識が芽生え始めて。とはいえ、この性格だからいきなりハードルが高いことは無理なので、まず意識したのが、1:睡眠、2:お風呂、3:生活リズムの改善の3点。特に、食べる時間と寝る時間の見直しは重要で、そこを正しただけで体の調子が見違えるほどよくなったの。まず、朝食は朝6時、昼食はお昼どきを外さないようにして、夕食は18時。それで18時以降は食べない。そして早寝をすること。撮影週間にそのリズムを守ることを続けたら、朝の目覚めや日々の体の動きが全然違って! やっぱり、年をとればとるほど、体に気を使ってあげなきゃいけないんだなと実感(笑)。

睡眠時間も意識的に増やしてる。やっぱり年齢的に、睡眠不足は大敵。いかに質のいい睡眠をたっぷりとるかって考えたときに、就寝前の入浴も大事で。どんなに疲れて帰ったときも、そのまま寝てしまわないで、お風呂につかるように心がけています。寝る直前に入るのが個人的にはベスト。筋肉がいい感じにゆるんで、緊張感や疲れがほぐれてるのがわかるから〝よく眠れそう!〞って暗示がかかる気がするんだよね。それでもたま~に、酔っ払って帰ってそのまま寝てしまうことも(笑)。そういうときって、朝起きたらびっくりするくらい体がカッチコチだから、違いがよくわかります。

周りの友達から最新の美容情報もたくさん入るんだけど、私、美容や健康法に関しては、まず疑いから入るタイプで(笑)。これが肌によく効くよって言われても〝ホントに~?〞って思っちゃうんだよね。そういうのって、自分でいいと思って使ったり続けることが大事じゃない? 信じて続けられる人には効くと思うけど、私のような美容初心者にハードルが高くて。そんな私が、今さらながらハマっているのが『ビリーズブートキャンプ』(笑)。去年の夏ごろ、ふとやってみようと思って始めたら、これがなかなかキツくて… ! 最初は全然ついていけなかったんだけど、いざ続けてみると、昨日できなかったことが今日できたりする。自分のその成長がうれしくてヤミツキに。あと、家でひとりでやっていても〝ひとりでやってる感〞がないのも高ポイント。みんなで一緒にやってる気がして励みになるのね(笑)。さすが、うまくつくられているなぁと、遅まきながら感動しています(笑)。

それ以来、気持ちが〝筋肉ラブ〞になってきたんだけど、ジムに通うほどストイックにはなりきれず(笑)。自分で続けられる〝ながら〞トレーニングにハマっています。といっても、車の運転中ずっと腹筋に力を入れるとか、体幹を鍛えるスリッパを部屋ではくとか、ほんのささいな心がけなんだけど。今まで無頓着すぎたので、効果が体に出ると初歩的なことでも感動してしまうっていう(笑)。

あ、あと気にしているといえば、髪の毛のケアかな。肌と同じで、疲れが出たりツヤがなくなったり、年齢が出やすい部分だから。ヘアアーティストの方に〝髪の毛は生えてきた段階で死んでいるも同然だから、生きている毛根と頭皮をケアすべき〞と聞いてから、意識して大事にするように。年齢を重ねるとともにボリュームもなくなってくるから、せめて健康的な髪の毛でありたい。

あ、こんな感じで、美容に疎く疑り深い私でも、長年のお気に入りがひとつ。それが、アカすり&サウナ。代謝がよくなったり、肌がつるつるになったりと、いい効能がたくさんあるけど、何より気分がスッキリする! 女の人って、心が正常であれば美しく輝けると思うのね。心がくすんでいると肌もくすんで見えるというか。だから私は、疲れたり心にもやもやを感じたら、サウナに行って気分を晴らすようにしています。昔から〝老いる〞ことに抵抗はなくて、今もそれは変わらない。外見の美しさより内面の美しさが重要だと思うから。充実した時間を過ごすとか、いい考え方をするとか、豊かな人生を目ざすことこそいちばん大切。でも、手をかけてあげればより美しく変われるし、結果が出ることが美容の楽しさというのも事実。その楽しさにようやく目覚めた今が、私の人生で美意識MAX。年相応の見た目を保ちつつ、毎日をアクティブに過ごす体力を養うことが、豊かな人生につながっていくはず!

Domani 2017年7月号 35歳のポートレート より
本誌撮影時スタッフ:撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/安西こずえ ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/水野美和子(3rd) モデル/小泉里子 構成/松井美雪


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事