【一寸】「いっすん」以外の読み方を知っていますか? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.08.15

【一寸】「いっすん」以外の読み方を知っていますか?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【一寸】。

Tags:

【一寸】には他の読み方があった!

長さの単位として使われる【一寸】ですが、実は「いっすん」以外の読み方があります。

当て字で読まれるようになったものなので、漢字から読み方を解読するのは難しいかもしれません。

【一寸=いっすん】の意味から想像してみるとわかるような気もしますが…

答えは分かりましたか??

正解は…

【ちょっと】

でした!

【一寸/鳥渡】
《「ちっと」の音変化。「一寸」「鳥渡」は当て字》[1]
1. 物事の数量・程度や時間がわずかであるさま。すこし。
2. その行動が軽い気持ちで行われるさま。
3. かなりのものであるさま。けっこう。
4. (多くあとに打消しの語を伴って用いる)
簡単に判断することが不可能なさま、または、困難であるさま。
[2]
《[1]-1.の述部を省略したもの》
人に軽く呼びかける語。〈小学館 デジタル大辞泉 より〉

【一寸】を「ちょっと」と読むことはあまり浸透していないかもしれませんが、さらに【鳥渡】も同じ意味で「ちょっと」と読むとは驚きです!

なぜ【鳥渡】が「ちょっと」と読むのか謎は深まるばかりですが、歴史などが関係しているかもしれませんね。

あわせて読みたい
▶︎【言質】ってなんと読む?刑事系のドラマ好きなら知っているかも?
▶︎【漸く】この漢字の正しい読み方とは?「しばらく」だと思ったら大間違い!

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事