【吃逆】ってなんのことかわかる?ヒントは「すぐにでも止めたい」アレです! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.08.16

【吃逆】ってなんのことかわかる?ヒントは「すぐにでも止めたい」アレです!

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【吃逆】。

Tags:

【吃逆】って何のこと?

吃逆という漢字を知っていますか?口へんに乞がついた【吃】と、逆さまの【逆】が一つの漢字になった言葉です。

ヒントは、【吃】の意味が「どもる」。

「どもる」と「逆さま」に加えて、さらに【吃】は口へんですね。

さて、もう分かりましたでしょうか??

正解は…

 

【しゃっくり】

でした!

【吃逆:しゃっくり】
《「しゃくり」の音変化》
横隔膜の痙攣により、急に空気が吸い込まれ声門が開いて音を発する現象。ほぼ一定の間隔で繰り返し起こるが、自然に治る場合が多い。
〈小学館 デジタル大辞泉〉より

【吃る:ども・る】
ものを言うとき、言い出しの音が容易に発音できなかったり、ある音が何度も繰り返されたりする。
〈小学館 デジタル大辞泉〉より

【吃逆】は「きつぎゃく」とも読みますが、現在は【しゃっくり】という読み方で浸透しているようです。

「しゃっくり」には【吃逆】のほか、【噦り(さくり)】という表記も。常用漢字ではない【噦り】ですが、さくり→しゃくり→しゃっくりと音変化し、今では「しゃっくり」に落ち着いて使われているのだとか。

あわせて読みたい
【玉蜀黍】この漢字なんと読む?甘くておいしいあの食材!
【擽る】の読み方知っていますか?一度は誰もが経験ありそうなあの動作です

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事