【態と】の正しい読み方は!?「たいと」ではないんです! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.08.17

【態と】の正しい読み方は!?「たいと」ではないんです!

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【態と】。

Tags:

【態】を訓読みにすると?

形態・態度・状態など、「何かの様子を表す漢字」というイメージのある【態】ですが、訓読みが存在するのを知っていますか?

文章にしてみると「態と負ける」。

さらにヒント!「態とらしく笑って見せる」。

意味は【態】からわかるように、態度のひとつとして使われることが多い言葉です。

さて、分かりましたでしょうか?

漢字クイズ クイズ 問題 態と わざと 読み方

正解は…

 

【わざと】

でした!

【態と:わざ‐と】
1.意識して、また、意図的に何かをするさま。ことさら。故意に。わざわざ。
2.とりわけ目立つさま。格別に。
3.正式であるさま。本格的に。
4.事新しく行うさま。
5.ほんのちょっと。少しばかり。〈小学館 デジタル大辞泉 より〉

【態とらしい:わざと‐らし・い】
いかにも意識してしたようで不自然である。〈小学館 デジタル大辞泉 より〉

「態と負ける」「態とらしく笑って見せる」といった使い方をする【態と】ですが、同じような意味を持つ言葉は他にもあります!

漢字クイズ 問題 態と わざと 正しい 読み方 訓読み

類語その1

【敢えて:あえ‐て】
《動詞「あ(敢)う」の連用形+接続助詞「て」から》
1.やりにくいことを押しきってするさま。無理に。
(例)「言いにくいことを―言おう」

2.(あとに打消しの語を伴って)
・特に取り立てるほどの状態ではないことを表す。必ずしも。
(例)「―驚くにはあたらない」
・ 打消しを強める。少しも。全く。

類語その2

【取(り)分け:とり‐わけ】
《動詞「取り分ける」の連用形から》
特に。ことに。とりわけて。
(例)「今年の夏は―暑い」

類語その3

【自発的:じはつ‐てき】
物事を自分から進んで行うさま。
(例)「―な発言をする」

(類語3つすべて〈小学館 デジタル大辞泉 〉より)

あわせて読みたい
【目眩く】読めそうで読めないこの漢字、なんと読む?
【一寸】「いっすん」以外の読み方を知っていますか?

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事