Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.05

「石楠花」は何と読む?毒はある? 色など特徴・花言葉・英語名も紹介

「石楠花」は、高山に咲く華美な花の咲く木です。「石南花」とも書き、花の色と葉の裏側で大きく2つの種類に分けられます。今回は石楠花の由来や特徴、花言葉や英語名を紹介します。

Tags:

「石楠花」の由来や読み⽅とは? 

「石楠花」って、読めますか? 「石南花」とも書かれることもある高山に咲く華美な花の咲く木です。

中学校の音楽の教科書によく掲載されている「夏の思い出」の歌詞に「石楠花色」という単語が出てきます。福島県・新潟県・群馬県にまたがる高原地域「尾瀬」が歌の舞台で、この地域では様々な種類の「石楠花」を見ることができます。「石楠花色」とは、どんな色なのかも含めて確認していきましょう。

石楠花

由来と読み⽅

「石楠花」は「石南花」とも書き、「しゃくなげ」と読みます。漢名の「石南花」を日本語読みで「しゃくなんげ」と読み、それが訛って「しゃくなげ」となったと言われています。

「石楠花」は元々高山植物であるため、日本全国のあちらこちらで「石楠花尾根」と名付けられている尾根が存在しています。また、日本全国の神社仏閣、公園などにも植えられて、春先の観光地になっているところがたくさんあるので、地名などにも注目してみましょう。「石楠花」の名所である可能性が高いです。

「石楠花」の特徴

「石楠花」は、豪奢な花を咲かせることから、「花木の女王」または「山の女王」と呼ばれています。「石楠花」は19世紀に中国からプラントハンターによって西欧に持ち込まれたことで、世界中で人気の出た植物です。

それでは、その世界中を豪華な花で驚嘆させ、席巻した「石楠花」の特徴を紹介します。

石楠花

1:豪華な花

春に華やかな花を咲かせる「石楠花」は、白・ピンク・赤・黄・紫など花の色があり、形状は枝先に固まって房状に咲きます。「石楠花」には、「西洋シャクナゲ」「日本シャクナゲ」に大きく分けることができ、その違いは主に、花の色と葉の裏側を見ることで判別できます。

「西洋シャクナゲ」の花の色は、紫・ピンク・赤・茶色・オレンジ・黄が主流で、「日本シャクナゲ」の花の色は、赤・白・薄桃色が多いです。また、葉の裏に細かい毛が生えているのが「日本シャクナゲ」で、生えていないのが「西洋シャクナゲ」とされます。

2:変種や品種が多い

「石楠花」は野生のものでも混合変異種が多く存在し、園芸用でも多数の交雑種があります。特に園芸品種は、育てやすいものが多く出回っているので、人気の花木の1つです。世界中で見ると5000を超える品種があると言われています。

元々高山に自生しているため、寒さには強く暑さに弱い品種が基本で、種から育てるには10年くらいかかります。鉢植えでも、剪定や接ぎ木などの手入れを行えば栽培は可能で、花を咲かせることができます。

3:有毒植物

常緑葉を持つ「石楠花」は、葉っぱをお茶にして飲む方もいるようですが、実は葉の部分に毒素を含んでいる有毒植物です。葉に含まれている毒は、痙攣毒で、摂取すると下痢や吐き気、呼吸困難を引き起こすことがあるので、安易に口にしないようにしましょう。

一部では葉っぱをお茶にして飲むことで、利尿作用・強壮効果があると言われていますが、実際にはそのような効用はありません。漢方の「石南(オオカナメモチ)」が日本に渡ってきた際に、「石楠花」「石南花」と表記が似ていた為、混同されたことが原因のようです。

「石楠花」の花言葉

「あの人は高嶺の花だ」という言い回しを聞いたことがある人は多いでしょう。この「高嶺の花」こそ「石楠花」を指していると言われています。そんな高貴で憧れの花「石楠花」の花言葉を紹介します。

石楠花

1:威厳 ・荘厳

「威厳」と「荘厳」は、華やかでゴージャスに咲き誇るの花からつけられました。「威厳」は「堂々として近寄りがたい」、「荘厳」は「重々しく気高い」というニュアンスがあります。「高嶺の花」を意味する「石楠花」らしい花言葉です。

また「石楠花」は、昔は山中に行かないと見ることができないことや、山の神様のものに手を出してはいけないといった習慣から、考えられた花言葉でもあるようです。

2:危険 ・警戒

葉に毒を持つことからつけられた花言葉が、「危険」と「警戒」です。また、奥深い山に咲き、簡単には見に行けないことからもつけられたと言われています。「石楠花」の花言葉は、どれも手放しの褒め言葉とは言い難いので、人に贈る時は気をつけたい花です。

石楠花

「石楠花」の英語名は? 

「石楠花」の英語名は、「Rhododendron」です。ギリシア語で「赤」もしくは「バラ」を意味する「Rhodon」と「木」を意味する「dendron」が由来と言われています。ただし、当初は「石楠花」でなく、「キョウチクトウ」のことを指していたようです。

西欧では庭木として大変な人気を誇り、春先のホームセンターでは特設コーナーが作られていることがあるほど、愛されています。「石楠花」がツツジやサツキと同じツツジ科であることもあり、「Rhododendron」は日本人が思っている「石楠花」よりも広義で使われているため、注意しましょう。

最後に

「石楠花」について紹介しましたが、知っていることはありましたか? 毒があることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。表記が似ている漢方と間違えて飲まないように注意しましょう。また、今では家の庭や公園でも気軽に見られる「石楠花」ですが、一度山の中に見に行くと、また違った印象を受けるかもしれません。

こちらの記事もたくさん読まれています

「啓蟄」←この漢字読めますか?季節の移り変わりを示す言葉を詳しく解説
「紅蓮」とはどんな花? 花言葉や種類、類語、紅蓮地獄について解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事