〝ヒートテック〟と〝ダイソー〟で!仮面ライダー風コスプレの作り方【川口ゆかりの丁寧な暮らし】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2020.10.19

〝ヒートテック〟と〝ダイソー〟で!仮面ライダー風コスプレの作り方【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

2児のママであり、イベント好きなエディター川口ゆかりさんの人気連載。今回もヘアメイク山ちゃんこと、山下美紀さん(以下、山ちゃん)のプチプラコスプレ、第三弾は人気ヒーローです。ヒーローや戦隊モノは男の子の登竜門。毎年、既製品を購入するママも多いと思いますがこれも手作りできちゃうんです。しかもプチプラで!

Text:
川口ゆかり

お待たせしました!プチプラコスプレ、第三弾です!

こちらが5年前のハロウィンに披露した仮面ライダー2号!?

本物をそのまま縮小したようなリアルなコスプレでしょう?当時、流行っていた仮面ライダードライブやゴーストは再現するのが難しいうえに、誰かとかぶりそうでつまらないと却下。代わりに、藤岡弘さんが熱演していた仮面ライダー2号(手持ちの長靴を使いたい諸事情あり)風を作ることを思いついたんだそう。

仮面ライダー2号の材料がこちら。

舟型のアイロン台にかぶせる銀色のカバーやフェルト、ヨーヨー、ネームテープなど、トータル770円! 何日も買いに行くのは大変なので、迷ったら(ここでいうアルミメッシュスポンジとカバー)とりあえず、両方買うんだそう。まっ、100円ですしね。

ベースは〝ユニクロ〟のヒートテックで!

衣装のベースはおなじみ〝ユニクロ〟の黒いヒートテック上下。腕に入ったラインは〝ダイソー〟のネームテープを細く切り、アイロンで接着して再現したもの。関節が動きやすいようにネームテープは肩から肘、肘から手首とわけてつけるのがポイントなんだとか。こうすることでお手製のコスプレでもストレスフリーな着心地に。仮面ライダーの筋肉は〝ダイソー〟のフェルトに油性ペンで線を描き、なかにワタを詰めた力作です!

変身ベルトも既製品ではなく、100均のアレとアレで作る!

仮面ライダーに欠かせない変身ベルトも、市販のものは高額。そこで〝ダイソー〟で売っているヨーヨーを半分に割り、ネイルで塗装。自己流にリメイクしていきます。

ライダーベルトのつくり方

1:まず、アイロン台にかけるシルバーのカバーを横幅15×縦10cm程度の長方形にカットします。

2:自宅にあったワタを入れて包んで、オムライス型になるよう縫っていく。

3:2の中央に塗装したヨーヨーをふとん針(〝ダイソー〟で購入)で縫い付けます。両面テープで仮止めすると縫いやすいんだとか。

4:3を自宅にあった合皮の生地(赤)に縫い付ければ出来上がり。山ちゃんいわく、後ろに〝ダイソー〟のマジックテープをつけて、着脱しやすいようになっているそう。

ちなみに仮面部分も〝ダイソー〟のフェルトで作ったオリジナルですが、素人にはかなり難易度が高いので市販のお面で代用するのがベターとのこと。タネあかしを見てみると、私たちにもできそう?と感じてしまう本格派ヒーローコスプレ。今年のハロウィンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?きっと注目の的になるはずですよ!

あわせて読みたい
▶︎ダイソーとセリアで!100均だらけのハロウィンオブジェ
▶︎ほぼダイソーとユニクロ!ハロウィンを最高に楽しむアイディア

写真・文/川口ゆかり

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。

 

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事