おすすめのピーリングアイテムまとめ。どんな種類があるの?効果や選び方、使い方も解説! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYスキンケア

2021.03.06

おすすめのピーリングアイテムまとめ。どんな種類があるの?効果や選び方、使い方も解説!

お肌のスペシャルケアに取り入れたい「ピーリング」。でも、数ある中から自分に合ったアイテムをどうやって選べば良いのだろう?そんな方のために、ぜひ試してほしいおすすめのピーリングをピックアップしました。ピーリングの種類や効果、選ぶときのポイントや使い方も解説しますので、ピーリングケアをはじめようとしている方は、ぜひチェックしてくださいね!

Tags:

【目次】
ピーリングの種類や期待できる効果
ピーリングを選ぶときのポイント
ピーリングの効果的な使い方
人気のおすすめピーリングアイテム

ピーリングの種類や期待できる効果

ピーリングのタイプは主に4種類

「ピーリング」と言ってもその種類はひとつではなく、さまざまなタイプのピーリングがあると言われています。

・洗顔石鹸タイプ
・洗い流すタイプ
・擦るタイプ
・洗い流さないタイプ

洗顔石鹸タイプ

ピーリング成分が石鹸に配合されているタイプ。毎日の洗顔でピーリングも行えるので、手軽にピーリングケアができると人気のようです。肌に優しいタイプのものが多いので、初めてピーリングをするという方や、肌が敏感な人にも使いやすいと言われています。

洗い流すタイプ

液状で肌に塗ってしばらくおいたら、洗い流すタイプのピーリング。ピーリング効果は石鹸タイプよりも高いと言われていて、週に1回程度行うスペシャルケアとして人気があるよう。

擦るタイプ

クリームやジェルなどにスクラブが含まれているようなタイプが多い、擦るタイプのピーリング。ピーリング効果が高く、スペシャルケアとして行う人が多いよう。

洗い流さないタイプ

洗顔後のスキンケアに取り入れる、洗い流しが必要ないタイプのピーリング。肌に塗るだけでピーリングしてくれるので、洗い流したり拭き取ったりする手間がなく、手軽に使用できると人気があるよう。次に使用する化粧品の浸透を良くしてくれるとも言われています。

毛穴やニキビ、肌のザラつきに効果的

毛穴やニキビ、肌のザラつきに効果的
不要になった角質をピーリングでケアすることによって、肌のザラつきや顔のくすみ、さらには毛穴の詰まりも解消できると言われています。

角質が溜まっていくのを放置すると、ザラつきや毛穴の詰まりから最終的にニキビなどの肌トラブルに発展する可能性があるため、日々のスキンケアに加え、ピーリングで角質を優しくケアするスペシャルケアが推奨されています。

ピーリングで角層の代謝を上げることで、肌の生まれ変わりがスムーズに行えるのだとか。

また角質が溜まっていくと、いくら保湿してもなかなかうるおわない、などという乾燥の原因になる可能性もあるそう。肌の乾燥が気になる人も、こうしたケアで肌悩みが改善するかもしれませんね。

ピーリングを選ぶときのポイント

有効成分で選ぶ

自宅で使用するピーリング剤には、主に「AHA」と「BHA」という有効成分が使われているそう。

AHAはリンゴ酸やクエン酸など、天然由来成分なので肌に優しく作用すると言われています。

一方BHAは医療機関でも使用される成分のようで、強い効果が期待できると言われています。ただしその分取り扱いが難しいとも言われているので、使用には注意が必要なのだとか。

肌悩みや目的に合わせて、ピーリング剤の有効成分を選ぶと良いのではないでしょうか。

使いやすさで選ぶ

ピーリングには主に4種類のタイプがあるとお伝えしました。

いくら効果の高いアイテムを使っても、使いづらいものでは定期的なスペシャルケアが億劫になってしまいます。推奨される使用頻度や時間でケアすることが苦にならない、自分に合った使用方法のアイテムを選んでみるのが良いのではないでしょうか。

ピーリングの効果的な使い方

商品が推奨する使用頻度を守る

商品が推奨する使用頻度を守る
ピーリングの効果をしっかり感じたいのなら、使う商品が推奨する使用頻度や使用時間を守ることが大切。

ピーリングはたくさんやったからと言って美肌になるとは限りません。頻繁にピーリングを行ったり、使用時間を伸ばしたりすると、肌を過度に刺激し思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があります。

外敵刺激から肌を守ろうとして、逆に角質が厚くなってしまう可能性も。

各商品の説明欄に記載された使用頻度や使用時間は、しっかり確認しておきましょう。

擦る・落とすタイプは摩擦に注意

マッサージして角質を落とす「擦るタイプ」や塗った後「洗い流すタイプ」、また「拭き取るタイプ」のピーリングは、摩擦による肌ダメージにも注意をしましょう。

できる限り摩擦が起きないよう優しく行い、肌への刺激にならないようにケアしましょう。

ピーリング後は必ず保湿する

ピーリング後は肌が乾燥しやすい状態です。ピーリングでケアした後は、いつも以上に念入りな保湿を行いましょう。

保湿力の高い化粧水を浸透させた後、美容成分がたっぷりと配合された美容液を塗布。また与えたうるおいを逃さないよう、最後は乳液やクリームで蓋をすることも忘れずに。

肌が荒れているときは無理に行わない

肌が荒れているときは無理に行わない
美容ライター・エディターの木更 容子さんによると、肌が荒れているときや日焼けの前後はピーリングを避けた方がいいそう。

「日焼けの前と後も厳禁。アカだって肌を守ってくれているんだからね。あと、肌がめっちゃ荒れているときに、そのトラブル状態を一掃したいと思いついて、ごっそりいこうとするのもダメよ。それはムリだから。もうひどいことになるから、そういうときはそっとしておいて。そっとね。」(木更さん)

人気のおすすめピーリングアイテム

【洗顔石鹸タイプ】BCL|クレンジングリサーチ ソープ

【洗顔石鹸タイプ】BCL|クレンジングリサーチ ソープ
フルーツ酸が古い角質を優しくオフし、なめらかな肌に整えてくれる洗顔石鹸タイプのピーリング。ニキビなどの肌トラブルを予防しながらくすみを取り、透明感のあるつるつる肌に。メイクも落とせるので忙しい人におすすめ。

【拭き取りタイプ】ヘレナ ルビンスタイン|リプラスティ プレソリューション

【拭き取りタイプ】ヘレナ ルビンスタイン|リプラスティ プレソリューション
150ml ¥13,500

グリコール酸やサリチル酸を組み合わた、角質ケアローション。拭き取るだけで肌を穏やかに磨くことができる。

【洗い流すタイプ】ダーマロジカ|ハイドロマスクエクスフォリエント

【洗い流すタイプ】ダーマロジカ|ハイドロマスクエクスフォリエント
50ml ¥8,300

角質ケアとうるおい補給が同時にできる、2 in 1 フェイスパック。バンブービーズを、肌のザラつきやごわつきが気になるところに転がし潰せば、さらに効果的な角質ケアが可能。パック後しっかり洗い流せば、ひと皮剥けたようなつるんとした肌に。

【擦るタイプ】ロゼット|ゴマージュ モイスト

【擦るタイプ】ロゼット|ゴマージュ モイスト
120g ¥660

AHAの働きで古い角質をポロポロと落とす、ジェルタイプのピーリング剤。ソフトなミルキージェルなので肌に負担をかけず、うるおいを守りながらザラつきをとってつるつるに。ボディにも使用可能。

【洗い流さないタイプ】タカミ|タカミスキンピール

【洗い流さないタイプ】タカミ|タカミスキンピール
30ml ¥4,800

大人気のピーリングアイテム。普段のお手入れに投入するだけで、肌角層の代謝を促し、なめらかでつややかな状態に。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事