元手50万円を5%で運用すると10年でいくらになる!? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.03.31

元手50万円を5%で運用すると10年でいくらになる!?

ライフスタイルに変容がおき、本業に加えて、収入源を増やしたいワーママも多いのでは。そんなワーママの一人でもあるとめちゃんが、副業アカデミー講師のプロトレーダー林先生に株式投資を教わり、100万円をどうやって殖やしていくのかリアルにレポートしていきます。

コロナをきっかけに、働き方やライフスタイルが変化したワーママもたくさんいるはず。どうなっていくか不安な今の時代、お金の不安から解消されたら安心ですよね。そこで、ズボラなワーママとめちゃんが、プロトレーダーである林先生に、お金の殖やし方を教わり、元手100万円をどうやって殖やしていくか、連載『ズボラなワーママとめちゃんが、100万円用意したのでお金の殖やし方を教えてください!』と題して、実録レポートしていきます。

vol.1はこちら

株式投資、お金の増やし方、トレード、元手

教えてくれる人 

副業アカデミー 株式投資 認定講師 林 僚 先生

3年前まで年収350万円のサラリーマンだったが、「給料のほかにも収入源が欲しい」という思いから行動し、株式投資と出会う。会社員時代、スキマ時間にトイレ休憩時にトレードをし、自己資金50万円を1年で6倍に増やすことに成功。2020年には株で月収100万円を突破。現在は副業アカデミーの認定講師として活躍中。
林先生公式ツイッター 
林先生のYoutube

株式投資、お金の増やし方、トレード、元手

教わる人

ズボラなワーママエディター とめちゃん

大学卒業後、会社員を経て女性誌エディターに。『CanCam』『AneCan』『CanCam.jp』等に携わる。ズボラゆえ、ろくに預金額を確かめていなかったある日、全然利子が付いていないことに驚愕し、投資に目覚める。しかし初心者で何をどうはじめていいかわからないところ、偶然、林先生と出会う。本業に加え、株式投資で収入を殖やし、ビジネスクラスに躊躇なく乗れるようになることが目下の目標。口癖は“富めちゃう!”

株式投資をするために、元手はいくら必要?


とめちゃん:
これから株式投資を始めたいのですがいくら必要ですか? 


林先生:50万円もあれば十分です。僕は30~50万円から始めました。みずほ銀行からお金をおろしてきて、SBI証券に入金したのを覚えています。まったく株をやったことがなかったですし、50万円がなくなっちゃうんじゃないか不安でした。


とめちゃん:先生も最初は不安だったのですね。


林先生:そうです。しかし、株は最大損幅が決まってるんですよ。僕がお伝えする手法では、時価総額(上場企業の株価×発行済株式数)が大きい大型株(※1)しかやらないのですが、大型株は1日の変動率が、多くて3~5%なんです。つまり50万円しか投資しなければ、最悪2万5千円程度しか損しません。FXは、レバレッジ(※2)を20倍以上もかけられるので、1日で投資額を失ってしまうことがありますが、株はそういうことがないです。

※1. 大型株は、時価総額が大きく流動性が高い。中型・小型株は、時価総額が小さく、また流動性も低いため、1日で株価が変動しやすく初心者に不向き。
※2.てこの原理。証券会社に証拠金を預けて、入金額以上の取引ができる。


とめちゃん:ただ、株でも信用取引(※3)でレバレッジ(※4)をかけると、借金をかかえてしまうこともありますよね。

※3.信用取引は、現物取引(普通の取引)と違い、証券会社にお金や株を借りて取引できる。
※4.株は、入金額の3.3倍まで取引ができる。


林先生:その通りです。しかし、初心者の方には、信用取引は空売りをするときだけ使ってもらうので、そんなに怖がらなくても大丈夫です。


とめちゃん:それなら安心です。でも日本株は100株が基本単位なので、例えば8,000円の株を買おうとすると、80万円かかってしまい、1口(単元)しか購入できないですよね。どうしたらいいですか?


林先生:実際に取引していく銘柄について、詳しくは今後の連載でも解説しますが、時価総額が高い銘柄でも500円や1,000円くらいの買いやすい株も多くあるので、大丈夫ですよ。

画像ALT
とめちゃん:そうなのですね。安心しました。

50万円を月利5%で運用すると、10年で1憶に⁉


とめちゃん:では、100万円をどうやって殖やしていけばいいですか?


林先生:まずは、月利5%を目指しましょう。元手50万円の場合は、月に2万5千円の利益です。とめちゃんの場合、元手が100万円ありますので、月に5万円となりますね。


とめちゃん:5万円…。躊躇なくビジネスクラスに乗れるようになるには、長い道のりな気がしてきました。


林先生:何をおっしゃいますか! 月利5%を殖やすって、ものすごいことなんですよ!


とめちゃん:そうなのですか? 確かに投資家のウォーレン・バフェット(※5)さんが、2番目の奥様への遺言で、米国債以外で運用するなら、手数料の安いインデックスファンド(※6)のS&P500(※7)の商品に投資しなさいと語られていますが、そちらでさえ、年に5~7%の利回りですね。

※5.世界一有名な成功した投資家で、投資の神様と言われている。
※6.投資成果が特定の市場平均指数に連動するように運用されているファンドの総称。
※7.   ニューヨーク市場に上場されている代表的な会社500社から構成されたもの。


林先生:その通り! 月利5%ということは、うまくいけば、年利60%以上ということですよ! 今、とめちゃんは、ものすごいことに挑戦しようとしているんです。


とめちゃん:年利60%! 確かにそんなに素晴らしい利回りの金融商品はないですね。自分の運用次第でそこまで目指せるのですね。


林先生:毎月5%の利益を元本に充当し、複利で資産を殖やしていくとしましょう。例えば、50万で月5%ですと、次の月は52万5千円が運用額となります。そして52万円5千円を月5%で運用できると、次の月は、約55万1千円。次は、約57万9千円、約60万8千円…と殖えていき、1年後は約89万8千円、5年後は約933万9千円、10年後はなんと約1憶7千4百万円にもなっているんです!


とめちゃん:えーーーーー! もう富めちゃうじゃないですか! そんなに富めちゃったらどうしましょう!!!


林先生:複利は人類最大の発明とも言われています。資産が殖えると、今よりちょっと豊かなことができたり、選択肢が増えていきますよ。


とめちゃん:俄然やる気が出てきました! めちゃくちゃがんばります!


林先生:まずは、毎月5%の利益を目指し、約半年で、100万を120万円以上殖やしていくのを目標にがんばっていきましょう。


とめちゃん:はい! 

次回、『勝てる! 株式チャートの見方』に続く。

イラスト/おめがちゃん 取材・文/とめちゃん

vol.1はこちら

画像ALT
トイレ休憩で株してたら月収50万円になった件(ぱる出版)¥1,650 林 僚著

とめちゃんはこの本に出会い、株式投資に開眼。会社員をしながら、株でお給料以上稼げるようになった林先生が実践している、再現性の高い手法が網羅されています。すでに4刷りのベストセラー投資本!これから株式投資トレードしたい方必読の1冊。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事