相手に何を届けられるかを常に考えている——声優・内田雄馬さんの仕事論 スペシャルインタビューVol.3 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.05.17

相手に何を届けられるかを常に考えている——声優・内田雄馬さんの仕事論 スペシャルインタビューVol.3

忙しい毎日を送る女性たちに、癒しを!頑張るワーキングウーマンたちにご褒美を!大人の女性誌による、大人の女性のための、大人の男性声優に特化したインタビュー連載『女は耳から恋をする』#耳恋。今回は、声優・内田雄馬さんの〝仕事論〟をクローズアップ。働く女性への応援メッセージもいただきました!

Tags:

今回の「耳恋」は現在発売中のOggi6月号とコラボ! WEBで雑誌で、内田さんの魅力に迫ります

仕事に家事に育児に、毎日頑張る女性のみなさんに、日々の疲れを吹き飛ばすようなご褒美を…! そんな想いでスタートした、WEB Domaniによる大人の男性声優へのインタビュー連載『女は耳から恋をする』。今回の耳恋は、女性誌『Oggi』とコラボ! 撮りおろしポートレートやインタビューの内容を、WEB Domaniと、現在発売中のOggi6月号本誌の両方で掲載しています。そんなスペシャル回のゲストとしてご登場いただいているのが、声優の内田雄馬さん。現在放送中のアニメ「フルーツバスケット」The Finalで、草摩 夾(そうまきょう)役を熱演しています。そんな内田さんに、作品やキャラクターへの想い=Vol.1プライベートや共演する島﨑信長さんについて=Vol.2とお話を伺ってきましたが、今回は〝声優の仕事〟について語っていただきました。

声優・内田雄馬
▲インタビューVol.1、2でお届けしたポートレートとはまた異なる魅力が溢れる、クールなモノクロカットもお見せします!

声に〝正解〟はない。だからこそ自分自身をもっと深堀りしていきたい

まずはじめにお伺いしたのは、この耳恋連載における定番クエスチョン。自分の声の強み、弱みは何ですか?

「う〜ん、発声技術としてやってみたいことを考えたりはしてきましたけど、声そのものの評価については今まで考えたことがないんですよねぇ…。世界に70億の人がいたら、70億通りの声があるわけで…もちろん傾向や流行はあるかもしれないけれど、声って、ぶっちゃけ〝正解〟がないんです。だから、自分の声質よりも、自分の性格とか感情とか、自分の内側にあるものを見極めていきたいなと思っています」

声そのものの質ではなく「その声を使って、自分はどんなアプローチができるのか、その方法を考えたい」と内田さん。

声優・内田雄馬
▲自分の本質をしっかり理解しているからこそ、演技の最適解に近づける…内田さんの確かな演技力の秘密はここにあるのかもしれません。

「僕って臆病なんです。自分から前に出るとか、誰かを引っ張っていくとかいうタイプではないんですね。だけど周りの人たちと一緒に何かをするのは大好き。だから、『僕はこれをやりたい!やりましょうよ!』と先導していくのではなく、みんなが『やりたいね』と言っていることに対して自分の立場で出来ることを考える。自分が持っている要素を、まわりにいる人たちの夢や願望にどうつなげていけるかを常に考えるようにしています」

声優は0からは何もつくれない。常に考えているのは〝相手〟のこと

〝声の強み、弱み〟に対する質問から少しずつ浮き上がってきた、内田さんの仕事への向き合い方。続いて、声優としていちばん大切にしていることについて聞いてみました。

「声優の仕事って、『0』からではなく『1』から100をつくるものだと思っています。というのも、自分だけでは何も始められないから。いただいたキャラクターや台本をもとに、監督さんたちのディレクションに基づいて、望まれた声をかたちづくっていく。出会いやリクエストがあってはじめて仕事が成り立つんです。だから、相手がどういうものを欲しがっているのかを常に考える。こんなことがしたい、あんなことがやりたい、そういう願望はもちろん大きな原動力になるけれど、その先には生まれたものを届ける〝誰か〟が必ず存在するはずで…だからやっぱり相手のことを考えることが大事だなと思うんです。自分の気持ちはベースにあるけれど、やっぱり何よりも〝相手〟ですね」

声優・内田雄馬
▲内田さんの中にある、ブレない姿勢。天性の華やかさと明るさ、そしてこの芯の強さに、私たちは惹きつけられている気がします。

声優に限らず、〝ひとりだけで完結する仕事〟ってほとんどないもの。内田さんが語る声優としての仕事論は、働く私たちにも通ずる部分がありそうです。

「共演者の方との掛け合い芝居も含めて、声優は誰かの存在があってはじめて成立する。だから、収録現場でもそこで一緒に仕事をしている方々に対して自分には何ができるのか、そこで出来上がる作品を通して、作品の先にいる皆さんに何を届けられるのかを考えるようにしています」

働く女性に向けて、内田さんから応援メッセージ!

いつだって相手のことを思い、自分にできることを追求していく…。そんなストイックな姿勢がとても印象的だった内田さん。インタビューの最後に、働く女性に向けた応援メッセージをいただきました!

「働くって大変だと思うんですよ。いや、そんなこと言われなくてもわかってるわ!って感じだと思うんですけど(笑)。働く理由はなんだっていい。働く理由は自分のためでも何でもいいと思うんです。ただ、自分の理想や求めるものに向かって大変なことを乗り越えようと頑張っているときの輝きって、本当に美しくて何にも変えがたいもの。何かと大変な時期ですが、みんながそれぞれの望む場所に向かって歩いていけるように、一緒に頑張っていけたらいいなと。一緒に頑張りましょう!」

声優・内田雄馬
▲最後のカットは、内田さんの優しさが伝わる柔らかな笑顔で!

どこまでも真面目に真摯に、ひとつひとつの質問に正面から向き合って答えを出してくださる姿がとても印象的でした。内田さん、ありがとうございました。

そして、WEB Domaniでは島﨑信長さんへのインタビュー記事も同時に公開中。こちらも撮りおろしポートレートやここでしか聞けないお話がたっぷりです。合わせてお楽しみください!

内田さんへのインタビューはこれにて終了…。ですが、続いて撮影やインタビュー現場の裏側をコミカルに紹介するイラストルポがスタート! 「イケメン付箋©日本ホールマーク」で有名なイラストレーター・奥田直子さんによる、独特な視点とキュートなイラストでお届けします。連載のラストには、島﨑信長さん&内田雄馬さんのサイン入りチェキプレゼントの情報も♡ 引き続き、WEB Domaniをチェックしてくださいね。

■TVアニメ「フルーツバスケット」The Final 大好評放送中!

2021年4月5日より毎週月曜深夜1:30~テレビ東京・テレビ愛知・テレビ大阪ほかにて放送中。原作・総監修:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめCOMICS)/監督:井端義秀/シリーズ構成:岸本卓/キャラクターデザイン:進藤優/美術監督:神山瑶子/色彩設計:菅原美佳/撮影監督:蔡伯崙/編集:肥田文/音響監督:明田川仁/音楽:横山克/音楽制作:トムス・ミュージック/アニメーション制作:トムス・エンタテインメント/製作:フルーツバスケット製作委員会
公式サイト公式Twitter公式Instagram ※放送情報は変更になる可能性があります。
©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

声優

内田雄馬

うちだ・ゆうま/1992年9月21日生まれ。2012年声優デビュー。主な出演作に『BANANA FISH』アッシュ・リンクス役、『呪術廻戦』伏黒 恵役など。アーティストとしても活躍中で、最新シングル『Comin’ Back』が好評発売中。

■衣装クレジット
パーカ¥42,900(キャバン 代官山店〈CABaN〉) カットソー¥20,900(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND〉)

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/浅井直樹(Vigroo) ヘア&メイク/花嶋麻希 構成/旧井菜月、福本絵里香

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事