何をしても楽しくない原因は? 感じやすい人の特徴から解消法までご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.05.17

何をしても楽しくない原因は? 感じやすい人の特徴から解消法までご紹介

何をしても楽しくない… やる気が出ない。今回はそんな状態になってしまう様々な原因から対処法までをご紹介します。

Tags:

【目次】
何をしても楽しくないのは、どうして?
何をしても楽しくないと感じる「肉体的原因」とは?
何をしても楽しくないと感じる「精神的原因」とは?
何をしても楽しくないと感じる「環境的原因」とは?
何をしても楽しくないと感じやすい人の特徴
これでもう大丈夫! 楽しくないと感じるときの解消法
最後に

何をしても楽しくないのは、どうして?

一度きりの人生、楽しく生きたいもの。でも、「何をしても楽しくない」と感じて、不安に思う人もいます。

何をしても楽しくない

(C)Shutterstock.com

いったいなぜ、何をしても楽しくないと感じてしまうのでしょうか。ここでは、その原因を肉体的な面と精神的な面から紐解いていきましょう。何をしても楽しくないと感じる原因は、肉体的・精神的な要因の他に、環境的な要因も考えられます。自分がどのタイプに当てはまるかを知ることも重要です。

また、何をしても楽しくないと感じやすい人の特徴もリストアップしました。最近では10代や20代でもこのような症状を感じやすくなっているので、若いからといって安心は禁物です。ご自身がその特徴に当てはまる場合は、ご紹介する解消法を試してみることをおすすめします。

何をしても楽しくないと感じる肉体的原因とは?

何をしても楽しくないと感じる肉体的原因から見ていきましょう。

1:仕事で疲れ果てている

日々の仕事で疲れ果てていると、せっかくの休日に出かける気にもなりません。結果的に、何をしても楽しくないと感じることに。実際は「何をしても楽しくない」のではなく、疲れすぎていてい「何もできていない」のです。

2:生活に刺激がない

仕事でもプライベートでも、毎日同じことを繰り返していると、刺激がなく楽しく感じないものです。例えば通勤経路を少し変えてみるだけで、全く知らない景色に出会えて、それが好奇心を刺激することにも。また、いつものトレーニングもルーティンではなく、トレーナーとコミュニケーションをとって、新しいものを取り入れてみるのも刺激になるでしょう。

3:病気が隠れている

疲れやすいから何をしても楽しくないという場合には、注意が必要です。疲れやすいという症状には、深刻な病気が隠れていることがあります。

肝機能が低下したり、甲状腺に異常があると、疲れやすいという特徴があります。特に女性は男性よりも、バセドウ病や橋本病などの甲状腺の病気に罹ることが多く見られます。定期的な検査で隠れた病気を見逃さないようにしましょう。

何をしても楽しくないと感じる精神的原因とは?

何をしても楽しくないと感じるのは、精神的な原因がかかわっている場合が多々あります。心当たりがないか、考えてみてください。

何をしても楽しくない

(C)Shutterstock.com

1:ストレスが溜まっている

自分でも気が付かないうちに、ストレスを抱え込んでいる場合があります。何をしてもイライラし、楽しみにしていたはずのイベントも、心から楽しめません。

2:気がかりがある

気がかりがあると、何をしてもどこかで小骨のように何かが引っ掛かり、心から楽しむことができません。焦燥感や緊張感は、不眠の原因に発展することも。なるべく早く原因を取り除き、いつもフラットな状態でいることが大切です。

3:極度の心配性

ネガティブな思考や不安な考えに支配され、何をしても楽しく感じないこともあります。悪い結果ばかりを想像し、純粋に楽しむことができません。

何をしても楽しくないと感じる環境的原因とは?

環境が原因の場合もあります。思い切って、環境を変えてみるのもいいでしょう。

1:変化のない生活

毎日同じ人に会い、毎日同じルーティンワーク。家と職場を往復し、休日は家から一歩も出ない。このような変化のない毎日だと、楽しみも感じられません。

2:楽しみを共有する人がいない

友人や恋人、家族など、楽しみを共有する人がいないと、張り合いがないもの。楽しい感情や嬉しい感情は、人と共有することによって増幅します。共有する人がいないことが、楽しくないと感じる原因であることも。

3:仕事がおもしろくない

出張や新しいプロジェクトなど、変化のある仕事をしたいと思っていても、実際の仕事内容は単純な資料作成ばかり。このような状態では、いくら仕事とはいえ、生活に面白みがありません。派遣元だったり、上司に相談をして、思い切って職場を変えてみるのも一つの手でしょう。

何をしても楽しくないと感じやすい人の特徴

何をしても楽しくないと感じやすい人には、共通した特徴があるのでしょうか?

何をしても楽しくない

(C)Shutterstock.com

<最近では10代や20代も感じやすくなっている?>

人生に張り合いがないといえば、高齢者のことかと思う人もいるでしょう。実は最近では10代や20代の若い人でも、何をしても楽しくないと感じる人が多くいます。彼ら彼女らにはどのような特徴が見られるのでしょうか。

1:人目が気になる

人の目が気になって、堂々と楽しめないタイプです。時には人に迷惑がかからない程度に羽目を外して、思いっきり楽しんでみましょう。

2:人と比較してしまう

SNSで他人がキラキラした毎日を楽しんでいるのを見て、自分と比較してしまい、自分の生活を楽しく感じない人もいます。SNSは飾られた世界だということを理解して、実生活とは切り離して考えることが必要です。

3:失恋直後

失恋直後は、世界が終わったかのように無気力になる人もいるでしょう。回復するまでの時間は人それぞれですが、いつかは前向きになれるので心配しすぎることはありません。ただ、いつまでも失恋のことに気を取られていては、回復は遅れます。新しい趣味を見つけたり、新しい友人から刺激を受けたりすることも大切です。

これでもう大丈夫! 楽しくないと感じるときの解消法

何をしても楽しくないと感じる時は、以下の方法を試してみてください。

何をしても楽しくない

(C)Shutterstock.com

1:新しい趣味を作る

新しい趣味を探して、自分の知的好奇心に刺激を与えてみましょう。

2:小さな目標を積み重ねる

いきなり大きな目標を立てても、達成できずに挫折感を味わってしまうかも。小さな目標を積み重ねて、成功する喜びを味わいましょう。

3:楽しそうな人から学ぶ

毎日楽しそうに過ごしている人から学ぶということが、解消法に繋がる場合があります。彼女らが何に対して楽しいと思っているのか、どのように楽しんでいるのかを学んでみましょう。楽しそうに過ごしている人は、意外と日常の何気ないことに楽しみを見出しているものです。

最後に

「何をしても楽しくない」と感じるのは、一度きりの人生を損しているようなものです。なるべく早く改善して、張りのある毎日を過ごしたいものです。何に対して楽しいと感じるかは、人それぞれ。SNSで他人と比較するのはやめて、自分自身のリアルな生活で楽しみを発見しましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

やる気が出ない原因とは?対処法と過ごし方のポイントも
やる気が起きないときの対処法って?抜け出す方法の体験談をまとめました

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事