「賜物」の正しい意味は? 使い方、英語表現などもご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.06.27

「賜物」の正しい意味は? 使い方、英語表現などもご紹介

「 努力の賜物」「お力添えの賜物」と様々なシーンで耳にすることのある「賜物」ですが、正しい意味を知っているでしょうか?今回は、「賜物」の意味から使い方、英語表現なども合わせてご紹介していきます。

Tags:

【目次】
「賜物」の意味や読み方とは?
使い方を例文でチェック
類語にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「賜物」の意味や読み方とは?

意外と説明できない「賜物」の意味。正しく理解することで活用の幅が広がりますよ! ここでは、「賜物」の意味や読み方、さらに目上の人に使う際の注意点についてご紹介します。

賜物

■「賜物」とは?

「賜物(たまもの)」は、苦しい試練を乗り越えることで得られる良い結果のことを指します。「苦労の賜物」といった表現がされるのも納得ですね! このような表現では、相手への尊敬などを示すことができます。

さらに、目上の人から得た良いことやものという意味でも使われます。このような意味を持つ表現には「ご指導の賜物」などがあり、目上の人からの援助に感謝する気持ちを表すことができますよ。

また、似た言葉で「賜り物(たまわりもの)」という語があります。こちらは頂き物を丁寧に表す語で、「賜物」とは意味が異なるので注意しましょう。

■目上の人にも使えるのか?

一般的に「賜物」は、立場の高い人が周囲の人を褒めるとき、もしくは感謝を伝えるときに使われる表現です。そのため、目上の人に「この結果は皆様の努力の賜物ですね」というような使い方をすると、偉そうな印象を与えてしまいます。

それでは、目上の人に「賜物」は使えないのでしょうか? 答えはNOです! 「賜物と存じます」のように謙譲語を用いることで、目上の人にも感謝の気持ちを述べることができます。

使い方を例文でチェック

実は、「賜物」にはビジネスで使える言い回しがたくさんあります。ここでは、「賜物」を使った例文を3つご紹介しますので、ぜひ覚えて活用していきましょう!

賜物

1:「この成果は彼女の努力の賜物です」

「努力の賜物」は、褒め言葉としてビジネスシーンや日常会話を問わずよく使われます。仕事の成果や試験合格など、日々の頑張りによって得られた良い結果を褒め称える際にとても使える表現ですよ。

2:「これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます」

「これもひとえに~の賜物」は、取引先へのお礼状やスピーチなどフォーマルな場面で使われる表現です。「ご支援の賜物」も、日頃の支援により良い結果が生まれたことに感謝を述べる際に使われます。合わせて覚えておくといいですね!

3:「私がこのような賞を頂けたのは、両親の教育の賜物です」

「教育の賜物」は、「私を教育してくださりありがとうございます」という気持ちを示す時などに使われる表現です。ビジネスでは、似た意味を持つ「ご指導の賜物」もよく使われますよ。

類語にはどのようなものがある?

「賜物」には、いくつかの類語が存在します。どれも似た意味を持ちますが、少しずつ意味合いが異なるため、相手や場面を考慮して使い分けられることが理想です。

賜物

1:「結晶」

「結晶」はある事柄が積み重なった結果、他の形となって現れることを指します。これは、必ずしも有形物とは限らず、「賜物」と同様に「努力の結晶」などの表現ができますよ。しかし、本人が積み重ねる物事にしか使えないため、「ご指導の結晶」といった使い方は誤用です。注意しましょう。

2:「産物」

「産物」は、ある物事の結果として生み出されるものを指します。「賜物」のように良い結果についてだけでなく、良くない結果についても使うことができる表現です。人からしてもらったことについては使用できないので要注意!

3:「恩恵」

「恩恵」は恵みという意味を持ち、目上の人から得た良いことに用いることができます。「上司が出世した恩恵にあずかり、昇進できた」のように使い、「賜物」よりも無償で得た恵みという意味合いが強い表現です。

英語表現とは?

「賜物」の英語表現をご紹介します。日本語と同様に相手への感謝や尊敬を示し、丁寧な印象を与える表現になりますので、マスターしていきましょう。

賜物

1:It is the result of your efforts. (あなたの努力の賜物です)

“result” は「成果」という意味を持つ英単語です。「努力の賜物」は英語で“the result of one’s efforts” と表現することができ、相手の努力を尊敬する気持ちを伝えることができます。

2:Her success is the fruit of her efforts. (彼女の成功は努力の賜物です)

“result” と合わせて覚えたいのが“fruit” 。「苦労の結果として得られる良いこと」という意味を持ちます! 例文の“the fruit of one’s efforts” は「努力の賜物」を表す表現です。

3:It is a gift of everyone’s support. (これも皆様のご支援の賜物です)

「賜物」の英語表現の1つとして“gift” や“present” などがあります。これらは、「目上の人から得た良いことやもの」を意味する表現です。敬語表現ではないものの、相手への感謝の気持ちを丁寧に表すことができますよ。

最後に

「賜物」は、相手を尊敬し褒め称える気持ちや目上の人からの恩恵に対して感謝する気持ちを示すことができる表現です。日々の積み重ねを周りから認められるととても嬉しいですよね? ぜひ、マスターして活用していきましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「克己」の正しい意味は!? 座右の銘にしたい「克己心」についても解説
【精進】とは?ビジネスで正しく活用しよう!シーン別の例文や類語・ことわざをご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事