「お納めください」の正しい使い方とは?ビジネスで役立つ例文や類語をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.03.27

「お納めください」の正しい使い方とは?ビジネスで役立つ例文や類語をご紹介

資料など、大切なものを受け渡す際に使用される「お納めください」。ただ、正しい意味や使い方をきちんと理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。間違った使い方をすると、ビジネスの場で恥ずかしい思いをする可能性もあります。 場合によっては、取引先の担当者に悪い印象を与えてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、「お納めください」の正しい意味や使い方、例文、類語表現まで徹底解説します。

Tags:

【目次】
「お納めください」の意味や読み方
「お納めください」の使い方
「お納めください」と「ご査収ください」の違い
「お納めください」の例文
「お納めください」の類語表現3選
「お納めください」の英語表現
「お納めください」を正しく使いこなそう!

「お納めください」の意味や読み方

「お納めください」は、「受け取ってください」という意味です。手土産や謝礼、お歳暮など何か贈り物をするときに使われる表現で、読み方は「おおさめください」と読みます。

お納めください

(C)Shutterstock.com

ビジネスの場で頻繁に出てくる言葉ですが、家賃や前金などを支払うときに使用されることも。プライベートでも使える便利な言葉なので、覚えておくと役立つでしょう。

「お納めください」の使い方

それでは、「お納めください」の使い方について解説します。使用するときの注意点にも触れているので、しっかり確認してください。

お納めください

(C)Shutterstock.com

■丁寧語で年上の人に使える

「お納めください」は、上司や取引先など目上の人に使用します。ただ、部下など立場が下の人には一般的に使用されません。間違って使用しないように注意しましょう。

また、目上の人に対して「お納めください」とだけ伝えるのは気が引ける人も多いはず。そんなときは、「よろしければ」と一言添えましょう。前置きを付けることで、より丁寧な言い回しになるので目上の人にも使いやすくなります。

■書類を送付するときは使用しない

「お納めください」は、書類などを送付するときには使用しません。なぜなら、「お納めください」は「受け取って中にしまう」の意味があるからです。そのため、中身をしっかり確認してほしい資料などを渡す場合は「お納めください」は適しません。

間違った使い方としては、例えば「書類を添付しましたのでお納めください」「書類を送付しましたのでどうぞお納めください」などがあります。このように間違って使用している人も多いので、注意しましょう。

■返事には決まり文句がある

取引先などから、手土産やお歳暮などを受け取ることもあるでしょう。相手から「どうぞお納めください」と言われた場合は、「ありがとうございます」と一言伝えたうえで、「頂戴いたします」「いただきます」と答えるのが一般的です。

ビジネスを進める中で、このような状況に遭遇することは多いでしょう。取引先と良好な関係を築きたいなら、丁寧な答え方で感謝の気持ちを伝えることが望ましいです。

「お納めください」と「ご査収ください」の違い

「お納めください」と「ご査収ください」は混同されがちな表現ですが、この2つはまったく異なる意味を持ちます。意味の違いを正しく理解して、場面に合わせて使い分けましょう。

お納めください

(C)Shutterstock.com

■「ご査収ください」の意味

「ご査収ください」は、「内容を十分に確認して受け取ってください」という意味です。ビジネスシーンでは、資料を添付したメールや書類を送付する場合に使用されます。

上司や取引先など目上の人に使用することも可能ですが、そのまま使用するのは気が引ける人も多いでしょう。そんなときは、「ご査収くださいますよう、」「ご査収のほど」などに変えて、より丁寧な言い回しにすることがおすすめです。

■「お納めください」との違い

「ご査収ください」は、受け取るだけでなく「内容を十分に確認してください」のニュアンスが含まれます。一方で「お納めください」には、確認する意味合いは含まれていません。

ただ、取引先にお土産を渡すときに「ご査収ください」と伝えたり、ビジネス文書を送信したりするときに「お納めください」と記載したりなど、意味を混同する人も多くいます。間違って使用すると、失礼にあたる場合もあるので十分に注意しましょう。

「お納めください」の例文

次は、ビジネスシーンで頻繁に出てくる「お納めください」の例文を紹介します。そのまま使用できる例文も多いので、覚えておきましょう。

お納めください

(C)Shutterstock.com

・心ばかりですが、お納めください。
・ご遠慮なくお納めください。
・つまらないものですが、どうぞお納めください。
・〇〇を持参しました。ご遠慮なくお納めくださいませ。
・宅急便にて〇〇をお送りいたしました。何卒お納めください。

「〜ください」と「〜くださいませ」は意味に違いはありませんが、相手の受け取り方が少し異なります。「ください」の語尾に「ませ」を付けるだけで、より丁寧で柔らかい印象を与えられるのです。

しかし、「ください」は命令形の言葉なので、相手の受け取り方によってはキツい印象を与えてしまうことも。使用するときには十分に注意しましょう。

「お納めください」の類語表現3選

次に、「お納めください」と言い換えできる類語表現を紹介します。それぞれの意味と使い方をマスターして正しい敬語を身に付けましょう。

お納めください

(C)Shutterstock.com

1:ご笑納ください

「ご笑納ください」は、「つまらないものですが、笑って受け取ってください」という意味があります。自分をへりくだる際に使用され、冗談が言える間柄の人に対して使うのが一般的です。ただ、上司や取引先など目上の人に使うと失礼にあたることもあるため使用しないほうが無難でしょう。

・つまらないものですが、どうぞご笑納ください。
・〇〇をお送りさせていただきましたので、ご笑納ください。

2:ご受納ください

「ご受納ください」は、「受け収めてください」という意味です。「お納めください」とほぼ同じ意味で、何か贈り物を渡すときに添えられます。ただ、「お納めください」より頻繁に使われる言葉ではありません。相手によっては意味が伝わらないこともあるので注意しましょう。

・ささやかなものですが、どうぞご受納ください。
・〇〇を持参しましたのでご受納ください。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

3:お受け取りください

「お受け取りください」は、その言葉のとおり「受け取ってください」という意味です。しかし、「お受け取りください」はカジュアルな印象を受けるためビジネスシーンではあまり使用されません。使用する相手は見極めたほうがよいでしょう。

・〇〇を同封しましたので、どうぞお受け取りくださいませ。
・つまらないものですが、お受け取りくださいますようよろしくお願いいたします。

「お納めください」の英語表現

ここからは、海外とのやり取りで使える英語表現を紹介します。「お納めください」と同じ意味で使用できるので、積極的に使ってみましょう。

お納めください

(C)Shutterstock.com

「Here you are」

「Here you are」は、人に何かを渡すときに使われる表現で「こちらです」「はい、どうぞ」の意味があります。上司や取引先など目上の人にも使えるフォーマルな表現で、「お納めください」と同じ意味を持つのでぜひ覚えておきましょう。

・This is a small gift.Here you are.
(つまらないものですが、お納めくださいませ)

・This is 〇〇. Here you are.
(〇〇を持参しました。どうぞお納めください)

「I hope you like it」

「I hope you like it」は、贈り物を渡すときによく使われる表現です。頭に付いた「I hope」により、「そうだったらいいな」という謙虚な気持ちを含められます。「Here you are」と同じく使用頻度が高いので、一緒に覚えておきましょう。

・This is 〇〇. I hope you like it.
(〇〇をご用意したので、どうぞお納めください)

・I brought 〇〇 today. I hope you like it.
(〇〇を持参しました。つまらないものですが、お納めくださいませ)

「お納めください」を正しく使いこなそう!

お納めください

(C)Shutterstock.com

ビジネスシーンでは、取引する会社に贈り物をするときもあるでしょう。そんなときは、「お納めください」と一言添えて贈り物を渡すことが望ましいです。逆に、取引先からお贈り物と一緒に「お納めください」と言われたときは、正しく返事をすることを忘れないようにしましょう!

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

【幸甚に存じます】上手に使い分けて、ワンランク上の心遣いをマスターしよう
【賜る】の正しい使い方と活用方法は?|美しい日本語で品格をアップしよう

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事